Stage を生成する

APIを生成するためにはまず Stageを生成する必要が’あります。

My Products > APIs > Stage メニューから移動して Stageタブを選択します。

Stage を生成をクリックします。

③ Stage 生成に必要な値を入力します。

  • Stage 名 Stageの名前を入力します。Stageの名前はAPI Gatewayの呼び出しURLのルートに含まれます。
  • Endpoint ドメイン: バックエンドサーバのドメインを入力します。APIのResource Pathと結合してバックエンドサーバに呼び出すルートになります。
  • API キャッシュ: Cacheを設定します。
    • TTL: Cacheを維持する秒(sec)を設定します。
  • Throttling: 登録した Method別に秒当たりのリクエスト数を制限してバックエンドサーバを保護します。
  • IP ACL: IPを通じてAPIリクエストを制御します。
  • メンテナンス: 全ての APIが定義された状態コードとレスポンスをリターンするように設定します。

生成をクリックします。

  • Stageが生成される際に定義されているAPIが新たなStageに配布されます。

API を配布をクリックします。

  • APIは1つの Stageには何度も配布でき、配布履歴で管理されます。

① API 配布に必要は値を入力します。

  • 配布する Stage: 配布する Stageを選択します。
  • 説明:配布の説明を入力します。

追加をクリックします。

Stages タブを選択します。

② 配布した APIを呼び出しできるURLです。

このURLは次のように構成されます。

https://{product-id}.apigw.ntruss.com/{api-name}/{stage-name}

③ 追加したResourceが Stageへ配布されます。

API を呼び出す

API 配布まで進んだら APIを呼び出すことができます。

API の呼び出しをご参照ください。

エクスポート

Stageに配布されたAPIは Swagger Jsonでダウンロードできます。

Export タブを選択します。

② ダウンロードする形式を選択します。

エクスポートを選択すると選択したプラットフォームに合ったSDKをダウンロードできます。

配布履歴

StageではAPIを何度も配布できます。また、以前配布した設定に戻すこともできます。

Deployment History タブを選択します。

② Stageに配布された Deploymentに表示されます。.

③ 以前配布されていた他のDeploymentを選択して配布することができます。

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...