目次

紹介

ネイバークラウドプラットフォームでは、ユーザーがConsoleとAPIなどを介して行われるアカウントアクティビティ(アクセス記録)情報を提供しています.

基本的にはConsoleおよびAPIを通じたアカウントアクティビティログが収集され、収集されたアカウントの活動履歴はCloud Activity TracerのConsoleを使用して簡単に閲覧することができます.

利点

  • アカウントアクティビティの可視性を提供

    Cloud Activity TracerはConsoleとAPI呼び出しを使用して発生するユーザの活動記録を保存します。保存された活動の記録は、高い視認性をもとに、コンソールを介して顧客に提供されるため、アカウント内での活動の効率的な管理と監視が可能です

  • 簡単なログの収集および照会

    ログ収集のための商品とCloud Activity Tracerと別途の連動操作なしに自動的に活動記録情報が収集され、いつでもコンソールを介して情報を確認することができます。また、アカウントアクティビティログを追跡するため、様々なフィルタを提供するため、簡単な照会が可能です

  • 監査ログ活用

    リソースに関連付けられたアカウント内のすべての活動を記録し、特定の活動記録へのアクセス時間、アクセスID、作業内容等を提供しています。また、アカウントアクティビティの記録は、1年間保管されて、いつでもコンソールを介して確認が可能なので、監査ログとしても活用が可能です

プロセス全体

コンソールに接続した後、次の手順を使用して簡単に申請した後、すぐに使用することができます.

  • コンソール接続
  • Cloud Activity Tracer 接続
    • コンソール左側のメニューバーから Products & Services > Management > Cloud Activity Tracer をクリックします.
  • リソースヒストリー照会
    • Cloud Activity Tracerクリックして表示される下のメニューの中で Activities クリックしてリソースの履歴(活動記録)を照​​会します.
  • リソースヒストリーExport
    • Cloud Activity Tracerクリックして表示される下のメニューの中で Tracer クリックしてTracerを作成して、Object Storageに送信表示をします。

提供するリージョン

Region Zone Function
ALL
(Region Integration Service)
ALL ALL

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...