CLOVA Chatbot - よくある質問

Q. コンソールからチャットボットサービスにどのようにアクセスすればいいですか?

  • NAVERクラウドのコンソールのAll Products>AI Application Service>CLOVA Chatbotメニューをお選びください。

    chatbot-01-001.png

Q. NAVERクラウドのチャットボットサービスエンジンはどう違いますか?

  • NAVERクラウドのチャットボットサービスエンジンは、NAVERのノウハウが蓄積された自然言語ベースのチャットボットエンジンです。チャットボットに搭載された対話モデリングエンジンは、自然言語処理技術とマシンラーニングベースの’自主学習’を行うことで、対話モデルを強化させて自然な対話を交わすことができるようにしています。

Q. ユーザーの実際の利用パターンと発話タイプが知りたいです。

  • チャットボットサービスを利用する実際のユーザーの利用方式が、対話作成過程で予想した発話タイプと異なることがあります。そのため、統計データ及び流入するユーザーの発話記録に関する分析が肝心です。NAVERクラウドでは、継続的にモデルを改善し続けることができるように、様々な分析指標をご提供します。詳細につきましては、"統計管理"をご参照ください。

Q. 代表的にIntent方式のチャットボットをGoogle、 Watsonが使っていますが、NAVERクラウドのチャットボットは、検索する単語が正確に含まれなければならないパターンマッチング方式を使っていますか?

  • チャットボットでインテント(Intent)は、ユーザーの意図を意味します。

    多くのチャットボットビルダーでにおいてンテント方式を使用しています。。 インテントは、ユーザーの記述文章によって分類(又は学習)が行われ、チャットボットはそれを基準に応答します。

    NAVERクラウドのチャットボットは、インテント方式とはアクセス方式が異なります。 NAVERクラウドのチャットボットは、自然言語処理エンジンを使用しており、人が対話を学んでいく過程と似たようなモデルを作って学習します。

即ち、様々な文章と文法を学んで

  • 重要な情報を記憶して
    • 更に、前後の文脈を把握して
    • 更に、繰り返し学習を行って
    • 正解を中心にフィードバックします。
    • そして、様々なモデルによって多数決で応答を抽出します。

大まかに説明しましたが、 非常に込み入った過程を経て自然言語を理解して応答するように、マシンラーニング学習をさせています。

検索する単語がぴったり合わなければならないパターンマッチング方式も処理技法の1つと見なすことができますが、パターンマッチング方式は、当サービスプロセスの中で僅かな一部であり、高度な学習プロセスで自然言語を処理しています。

Q. 開発者がいなくてもチャットボットを作ることができますか?

  • NAVERクラウドのコンソールで対話データセット中心のチャットボットは、開発者がいなくても提供されるビルダーを用いて対話モデルをビルドした後、数分から数時間で学習及び配布が可能です。テスト機能を用いて手軽にチャットボットの動作を確認することができ、再学習のための新規の発話を登録すると、ビルド完了後に新しく学習されたモデルが即時サービスに適用されます。

  • 但し、チャットボットのアクションメソッドを用いて外部サーバとの連携が必要な場合、そして、会社のカスタムチャットウィンドウと連携してサービスを提供する場合には、開発が必要です。その際は、提供されるガイド及びチャットボットのCustom API Specを開発者とともに検討して行うことになります。

Q. 音声チャットボットを提供したい場合は、どうすればいいですか?

  • NAVERクラウドの様々なAPIを活用することで、チャットボットサービスを拡張することができます。特に、CLOVA APIとの簡単な連携(CSR/CSS)を提供し、音声チャットにも拡張が可能です。

Q. 一度にLINEやカカオトークのような常用メッセンジャーに連携することができますか?

  • 色んなルートから入ってくる発話をリアルタイムで処理し、LINE、NAVER TALK、Facebookなどの主要なメッセンジャープラットフォームとの連携処理を提供します。

    NAVERクラウドのチャットボットサービスは、メッセンジャーとの連携だけでなく、カスタム連携をサポートしており、Webベースのページ及びモバイルアプリケーションとも簡単に連携が可能です。

但し、カカオトークサービスの事情により、チャットボットからカカオトークAPIスマートチャットへの連携が2019年12月31日をもって完全に中断されます。(2018年11月30日でAPI型スマートチャットの新規登録中断/2019年12月31日でAPI型スマートチャットの完全終了)

Q. 色んな方式で対話をテストしてみたいのですが、対話の作成を手軽にすることはできますか?

  • 現在のテンプレートを通じたExcelへの大量アップロード機能が提供されており、初めてチャットボットを用いて簡単な対話を作成することができるようにビルトインテンプレート機能を提供しています。約150の対話データセットが含まれているため、簡単なテストが可能です。

Q. テスト用に予め一定量の対話の登録されたデータセットができますか?十分なデータがある場合、どのくらいの対話ができるかテストしてみたいです。

  • ビルトインテンプレート機能が提供されており、雑談対話が約150程含まれて配布されます。チャットボットを初めて開始する際、有効にご利用いただける程度の発話規模で提供されます。

Q. メッセンジャーとの連携の際、メッセンジャーユーザーのIDを確認できる方法はありますか?

  • カカオトーク、LINE、Facebookなどの常用メッセンジャー会社では、APIでサービスの連携の際にユーザー情報(ユーザーのID等)の個人情報を提供していません。そのため、当社のメッセンジャーから受信したユーザーIDの情報値は、ユーザーが誰かを正確に確認することはできませんが、ただ、同じユーザーであることを保障できる固有値を意味します。

    現在メッセンジャーから受信したユーザーIDの情報値は、アクションメソッドURLを呼び出す際にヘッダーに盛り込んで送信しています。 ヘッダーからX-KAA-USERKEY値をご確認ください。 例:X-KAA-USERKEY:e579cf601ea0e6d53ff6d632ab35c720weoir13 もし、ユーザーの正確な情報を保存してサービスを提供する必要があれば、別途のログインなどの機能を開発して情報を確認することが、最も有効な方法と考えられます。

Q. コンポーネントのフォームを作成してテストを行ったとき、チャットボットテストリクエストでは正常が表れましたが、カカオトークでは表れませんでした。

  • 確認の結果、現在のチャットボットではフォーム応答をカカオトークの方に正常に送っていますが、再現してテストした結果、Kakao Appではフォームがサポートされており、kakao Webではフォームがサポートされていないようです。Kakao Appの方でテストを行ってください。

Q. 多国語対応に関するお問い合わせ-例えば、海外の利用者が中国語で質問をした場合、中国語を韓国語に翻訳してチャットボットで答えることができますか?応答する際も、利用者に韓国語を中国語に翻訳して返すことができるか知りたいです。

  • チャットボットでは、英語/中国語/日本語の多国語対応で提供しています。ドメインを作成する際、自然言語の処理言語を選択することができ、選択した言語セットに合わせて対話データセットを入力すると、多国語対応チャットボットを作ることができます。

  • 対話を韓国語で記述した後、様々なCLOVA API(翻訳)をお客様のアプリケーションで連携できるように、追加の開発を行うというやり方も可能です。

    チャットボットサービスは、サポートする基本機能として、音声認識及びPapago API連携をサポートしておりません。

    しかし、現在のチャットボットでは、カスタム連携機能を提供しているため、追加の開発を行うことで、CSS/CSRと連携して音声チャットボットに拡張したり、Papago APIと連携することで翻訳チャットボットに拡張が可能です。

説明書(元ユーザーガイド)のご案内

Q. LINE通訳の友達追加について

チャットボットをLINEに貼り付けて添付ファイルの写真のように、LINE英語通訳を招待してテストをしましたが、LINE英語通訳がチャットルームから退出されました。チャットボットの対話の際に通訳は利用できないのでしょうか?

  • チャットボットの対話の際には通訳はご利用いただけません。

    その理由として、ボットそのものが1つのチャットルームに2つ存在することができないためです。一方のボットの応答が他方のボットに入力され、その応答がまたボットに入力されるということが、無限に繰り返されることになるためです。

Q. ’イメージ及びマルチリンク’に対し、カルーセル状に横スクロールに表示される応答を設定することができますか?

  • チャットボットサービスでは、カルーセルをサポートしております。 但し、連携するメッセンジャー別にカルーセルをサポートしていないところもございますので、連携するチャネル(メッセンジャー)で予めテストを行ってください。

Q. ビルドができません。

  • 学習にかかる時間はデータ量によってまちまちですが、対話データセット数100以下の場合は、5~10分で学習が完了します。そして、対話を1つだけ登録した後学習を行う場合、データセットが小さすぎて学習に失敗することになります。少なくとも10以上の対話データセットを入力してからテストを行ってください。 ビルドに失敗した場合にはご料金が発生せず、COMPLETEの場合にのみ発生します。

Q. チャットボットのユーザーがウィンドウを開いた際、チャットボットが先に話しかけるようにしたいのですが、どうすればいいですか?

  • 共通メッセージの’ウェルカムメッセージ’機能を使うと可能です。ユーザーがチャットボットと初めて対話するというイベント状況で、チャットボットは指定されたウェルカムメッセージを先に応答します。

Q. フォーム形式を使って選択式オプションで答えられた後、その応答に合わせて引き続き質疑応答を受けたいです。 例えば、...ピザのオーダーを選択しました。次の中からどのピザになさいますか?オプション1(ペパロニ)/オプション2(シュリンプ) ...応答としてオプション1(ペパロニ)をユーザーが選択した場合、次の質問は、ペパロニピザのハムの種類を次の中からお選びください。オプション1(ベルギー産)/オプション2(国産ハム)...

このとき、応答によって異なる質問をするように構築するためには、どうすればいいですか?

Q. 応答内容を保存しておいて一度に外部のAPIに送信したい場合、応答内容の保存はどうすればいいですか?

  • スロット対話をご利用いただくと、応答内容を保存しておいて一度にまとめてアクションメソッドで送信が可能です。

Q. 1つの文章に2つの質問をした場合、応答をどのように作成すればいいですか?

  • 2つの質問に対する応答を作成します。例えば、’サーバの利用料金はいくらで、利用する方法は何ですか?’という質問に対し、サーバの利用料金はいくらで、利用する方法は何かについて、応答を作成すればいいです。

Q. ドメインBを新しく作ったとして、ドメインAで作った対話データセットを使いたい場合には、どうすればいいですか?

  • ドメインコピー機能及びExcelアップロード/ダウンロード機能を使って、対話データセットを手軽に管理することができます。

Q. チャットボットのビルドにかかる時間はどのぐらいですか?

  • ビルドにかかる時間はデータ量によってまちまちですが、対話データセット数100以下の場合は、5~10分でビルドが完了します。そして、対話を1つだけ登録した後ビルドを行う場合、データセットが小さすぎてビルドに失敗することになります。少なくとも10以上の対話データセットを入力してからビルド及びテストを行ってください。

Q. Custom APIとの連携はどうすればいいですか?

Q. チャットボットマルチボタンはどのように作りますか?

  • NAVERクラウドのチャットボットでは、ボタンで選択できる機能が2つの方法で提供されます。2つの方法からお選びいただき、マルチボタンを生成することができます。

    1) URLリンクボタン:表示されるフレーズがボタン状で表示され、ユーザーが選択すると、指定したURLアドレスで新しいウィンドウが開きます。マルチURLリンクは、応答タイプの中の’マルチリンク応答’を使うといいです。

    2) 選択式ボタン:選択肢がボタン状で表示され、ユーザーがその中の1つのボタンを選択した場合、それに適した応答が返されます。選択式フォームは、応答タイプの中の’選択式応答’を使うといいです。

Q. クエスチョンマーク、ビックリマークのような文章記号を使うことはできますか?

  • チャットボットサービスは、ドメイン作成の際に選択した言語特性に特化したモデルを使って学習します。 例えば、日本語に設定されたドメインに日本語のデータが存在せずに韓国語のデータのみが登録されている場合、モデル学習に失敗することがあります。 そのため、ドメインの言語設定に合ったデータを登録してください。

Q. エラーコードの意味を教えてください。

  • ActionMethod

    AM-1001-n:許容されたアクションメソッド数(n)の超過

    AM-1002-n:アクションメソッドのタイムアウト(許容時間:n ms)

    AM-1003-0:アクションメソッドのエクセプション発生。URLのチェックが必要

    AM-1004-0:許容されないアクションメソッドの応答(IllegalArgumentException)

    AM-1004-1:アクションメソッドの応答エラー

    AM-1005-0:フォームボタンの呼び出し不可

    AM-1006-0:NoSuchElementExceptionアクションメソッドの存在確認が必要

    AM-1006-1:アクションメソッド処理のエクセプション発生

    AM-1007-0:フォーム処理中にエラー発生(フォームが見つからないか、値が正しくない場合)

    AM-1007-1:システム定義のフォーム処理エラー

    AM-1008-0:line switcher api呼び出しエラー

    AM-1008-1:line switcher api呼び出し時にデータなし

    AM-1009-0:知識データベース情報がないのに、知識データベースのActionMethodを呼び出した際に発生

    AM-1010-0:LINEPAYタイプでデータパーシングエラー

    AM-1010-1:${`linePay()}でアーギュメント数の不足

    AM-1010-2:アーギュメント形式エラー

    AM-1010-3:LinePay情報なし

    AM-1010-4:サーバにConfirmURL情報なし

    AM-1010-5:プラットフォームがLINEではない

    AM-1011-0:NaverPayタイプでデータパーシングエラー

    AM-1011-1:${`naverPay()}でアーギュメント数の不足

    AM-1011-2:アーギュメント形式エラー

    AM-1011-3:NaverPay情報なし

    AM-1011-4:サーバにConfirmURL情報なし

    AM-1011-5:プラットフォームがLINEではない

  • FormData

    • FM-1001-0:フォームデータのエラー発生
    • FM-1002-0:見つからないフォームデータ存在
    • FM-1002-1:replaceエラー
    • FM-1003-0:FormData応答のパースエラー

Q. 韓国語で書かれたドメインをコピーし、他言語(日本語や中国語)でドメインの言語を設定した場合、学習が行われますか?

  • チャットボットサービスは、ドメインの作成の際に選択された言語をデフォルトとして認識して学習します。 例えば、日本語に設定されたドメインに韓国語の対話セットが存在する場合、ビルドに失敗します。

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...