本文書は機械翻訳された文書で、語彙、構文、文法に誤りが生じます。 専門家の翻訳が完了したら修正される予定です。

気になる点は、お問い合わせでお問い合わせください。

便利なサービスの提供に最善を尽くします。

チャネル連携ガイド-LINE

チャットボットが完成した後は、チャットボットサービスを行うチャネルとの連携を設定する必要があります。

各ドメイン別に使用量を提供し、外部に安全にサービスを提供できるようにしなければならないため、NAVERクラウドのAPI Gatewayと連携して提供されます。 そのためには、事前にNAVERクラウドのAPI Gatewayのご利用をお申し込みいただき、規約に同意していただく必要があり、使用量によってAPI Gatewayのご利用料金が発生します(API Gatewayは、1,000,000件のAPI呼び出しを無料でご利用いただけます)。

アカウントとの連携を始める前に、API Gatewayに呼び出しURL(Invoke URL)を作成する必要があります。

LINE for Business はじめる

簡単な設定でCLOVA chatbotとLINEを連動することができます。

LINEチャネルの連携設定を行うためには、LINE@アカウントが必要になります。既に、LINE@アカウントをお持ちの場合には、LINEと連携するに移動します。

LINE Business Centerにアクセスし、アカウントを作成します。

② アカウント情報を入力した後、続きへをクリックします。

③ ご入力のアカウント情報をご確認のうえ、提出をクリックします。

④ アカウントのお申込みの完了後、LINE@ Managerにログインします。

LINEと連携する

LINE Business Centerにアクセスし、アカウントをクリックします。

② 管理対象のアカウントページに移動し、設定をクリックします。

Messaging API設定>APIオンをクリックします。

LINE Developersをクリックします。

  • Channel ID:作成されたチャネルの固有識別IDである。
  • Channel Secret: 識別IDの固有値です。
  • Channel IDとSecretはコピーして記録しておきます。

LINE Developers設定

LINE DevelopersでWeb Hook URL、Channel Token情報を確認及び修正することができます。

チャネル設定

① Basic information:基本情報を確認及び修正します。

② Channel name:アプリ名を確認及び修正します。

③ Channel description:アプリの説明を確認及び修正します。

Messaging API設定

① Messaging settings:メッセージングに関する情報を確認及び修正します。

② Webhook URL:Webhook URLを設定します。

  • URLを入力してUpdateをクリックした後、Verifyをクリックします。
  • Webhook URLは、"呼び出しURL作成ガイド"で作成したInvoke URL値を入力します。

③ Allow bot to join group chats: グループチャットを設定します。

④ Auto-reply messages: 留守番メッセージを設定します。 ⑤ Greeting messages: 最初の挨拶メッセージを設定します。

⑥ Channel access token:Issueをクリックし、新しいChannel access tokenを作成します。

  • Channel access tokenは、いつでも望む際に作成することができます。

  • Channel access tokenは、コピーして記録しておきます。

CLOVA Chatbotで設定する

LINE設定で記録する必要のある値は、次の通りです。

  • Channel ID
  • Channel Secret
  • Channel access token

チャットボットサービスのチャネル連携からLINEを選択し、上記の3つの値を入力します。

chatbot-02-064.png

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...