チャネル連携ガイド-NAVER TALK

チャットボットが完成した後は、チャットボットサービスを行うチャネルとの連携を設定する必要があります。

各ドメイン別に使用量を提供し、外部に安全にサービスを提供できるようにしなければならないため、NAVERクラウドのAPI Gatewayと連携して提供されます。 そのためには、事前にNAVERクラウドのAPI Gatewayのご利用をお申し込みいただき、規約に同意していただく必要があり、使用量によってAPI Gatewayのご利用料金が発生します(API Gatewayは、1,000,000件のAPI呼び出しを無料でご利用いただけます)。

アカウントとの連携を始める前に、API Gatewayに呼び出しURL(Invoke URL)を作成する必要があります。

簡単な設定でNAVERクラウドのチャットボットとNAVER TALKを連携することができます。

NAVER TALKチャネルの連携設定を行うためには、NAVER TALKアカウントが必要になります。既に、NAVER TALKアカウントをお持ちの場合には、NAVER TALKと連携するに移動します。

まず、NAVER TALKアカウントを作るために、NAVERアカウントでログインします。

NAVER TALK Partner Centerにアクセスし、アカウントを作成します。

② 規約に同意した後、NAVER TALKアカウント作成をクリックします。

  • ご利用を希望されるサービスを選択して追加します。

    サービスの選択はオプションであり、サービス連携は後で行うをクリックすると、次の段階に移動します。

③ 代表アカウント情報及びアカウントプロフィール情報を入力いした後、ご利用を申し込みます。

  • 代表アカウントのプロフィールを入力し、アカウントのお申込みを完了します。

    • テストアカウントの作成の際、プロフィール名の前に’[テスト]’という単語を挿入すると、NAVER TALKの加盟店検索から除外され、テストを行う間に検索から入ってくるユーザーのアクセスを遮断することができます。

      例:トークトークチャットボット[テスト]トークトークチャットボット

  • 簡単なチェックを経て、アカウントの作成までの所要時間(営業日基準)は、約1日です。

  • 作成されたアカウントは、チェック中と表示され、チェックが終わった後は、使用中に表示されます。
    完了後は、SMS通知が送信されます。

NAVER TALKアカウントのチェックが終わると、マイアカウント管理をクリックし、アカウント管理ホームにアクセスすることができます。 そのリストからチャットボットにアクセスできるURLが提供されます。

NAVER TALK Partner Centerにアクセスし、マイアカウント管理を選択します。

② アカウント管理ホームからチャットボットAPI>API設定をクリックします。 chatbot-2-1-107.png

規約に同意後、設定ページが開くと、送信>API Authorization>作成をクリックします。(作成ボタンは一度実行してからは、再設定に変更されます。) 作成されたAuthorizationをコピーします。

Webhookを設定します。 イベントURLには、"呼び出しURL作成ガイド"から作成したInvoke URL値を入力します。

イベント選択>イベント変更をクリックし、sendに設定されているか確認します。

送信APIメニューにある値が、Access Tokenになります。Access Token値をコピーして記録しておきます。

チャットボットサービスのメッセンジャー連携メニューからNAVER TALKを選択し、上記で記録しておいたAccess Token値を入力します。

chatbot-02-067.png

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...