チャネル連携ガイド-LINE WORKS

チャットボットが完成した後は、チャットボットサービスを行うチャネルとの連携を設定する必要があります。

各ドメイン別に使用量を提供し、外部に安全にサービスを提供できるようにしなければならないため、NAVERクラウドのAPI Gatewayと連携して提供されます。 そのためには、事前にNAVERクラウドのAPI Gatewayのご利用をお申し込みいただき、規約に同意していただく必要があり、使用量によってAPI Gatewayのご利用料金が発生します(API Gatewayは、1,000,000件のAPI呼び出しを無料でご利用いただけます)。

アカウントとの連携を始める前に、API Gatewayに呼び出しURL(Invoke URL)を作成する必要があります。

LINE WORKS Adminを始める

簡単な設定でCLOVA ChatbotとWorksを連動することができます。

LINE WORKSチャネルの連携設定を行うためには、LINE WORKSアカウントが必要になります。既に、LINE WORKS Adminアカウントをお持ちの場合には、LINE WORKSと連携するに移動します。

LINE WORKSにアクセスし、無料で始めるボタンを選択します。 chatbot-2-7-001.png

② 基本情報を入力します。

chatbot-2-7-002.png

③製品を選択します。

chatbot-2-7-003.png

④ 詳細情報を入力します。

chatbot-2-7-004.png

⑤アカウントのお申込みが完了すると、LINE Works developer consoleにアクセスします。

chatbot-2-7-005.png

LINE WORKSと連携する

LINE WORKS Developerコンソールの設定

LINE Works developerコンソールでCallback URL、API IDなどの情報を確認及び修正することができます。

ボットの設定

登録するボタンをクリックし、新しいボットを登録します。 既に登録されたボットがあれば、②に移動します。

chatbot-2-7-006.png

② ボットの必須情報を入力します。

chatbot-2-7-007.png

  • ボットプロフィールイメージ:ボットのプロフィールイメージとして表示させるイメージを登録してください。
  • ボット名:ボット名を登録してください。
  • Botの説明:ボットを紹介するメッセージを作成してください。
  • Callback URL:Callback URLの設定をonにした後"呼び出しURL作成ガイド"で作成したInvoke URL値を入力します。 構成員がボットに送ることができる項目の選択から"TEXT"をチェックします。
  • 担当者:担当者を指定してください。

③ ボットの登録が完了すると、ボットナンバーが発行されます。このナンバーは、チャネル連携でLINE WORKSを選択したうえでbot no.に入力してください。

chatbot-2-7-008.png

chatbot-2-7-009.png

API設定

① APP IDとServer API Consumer Keyとコピーし、チャネル連携のLINE WORKSの設定に入力してください。

chatbot-2-7-010.png chatbot-2-7-011.png

② Service API Consumer Keyを発行してください。

③ Server listのIDと暗証番号を発行し、チャネル連携のLINE WORKSの設定に入力してください。

chatbot-2-7-012.png

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...