本文書は機械翻訳された文書で、語彙、構文、文法に誤りが生じます。 専門家の翻訳が完了したら修正される予定です。

気になる点は、お問い合わせでお問い合わせください。

便利なサービスの提供に最善を尽くします。

目次

フォームを使用ガイド

チェトボトでユーザーの入力を選択的に得ることができ方法はフォーム(Form)を介して可能です。

チェトボトがユーザーにいくつかの選択肢の中の一つを選択するように設計するには、

1.マルチリンク 2.フォーム

二つのことを使用することができます。

マルチリンクは、フォームとUIは同じですが、選択肢をクリックしたときにURLのリンクに移動する単純なアクションをとるようになります。

ただし、フォームを使用すると、ユーザーの選択に応じて、チェトボトはその次の選択肢に移動、あるいはより多くの対話を入力とフォームの入力に応じた再生など、様々な機能を拡張することができます。

フォームの使用形態

フォームを使用する方法は、大きく2つです。

1.フォームを連続的に接続する

2.フォームとフォームの応答情報をアクションメソッド接続した会話を作る

3.主観式フォーム - ユーザーに入力を受けて、その情報をアクションメソッドに渡す

まず、フォームを連続的に接続する方法は、ホームページのカテゴリーサブメニューの操作下がる方式です。この機能は、自然言語処理とは関係なく、シナリオに応じて流れが接続されている単純な方法です。

つまり、フォーム1>フォーム2>フォーム3を連続的に接続し、各段階のユーザーの選択を誘導することができます。

実際、この方法でも、便利なユーザー体験を設計することができます。 しかし、この形でFormを非常に多く生成する場合には、その流れを運営維持するのが難しいという短所があります。 チェトボトビルダーでは、フォームの流れを簡単に認知することができるようにシナリオ]タブで、フォームの流れをタガルできる機能を提供します。

もう一つの使用方法で以下の例示のように、ユーザーの選択に応じて、アクションメソッドを実行して、回答を接続する方法でチェトボトを応用することができます。

*シナリオ例:今日の天気教えてという質問に #{都市}という名前のフォームを提供するように設計されました。そしてソウルを選択すると、 $ {weather}というアクションメソッドを実行して、回答を与えるシナリオです。

最後に、主観式でユーザーに入力を受けて、その情報を次のターンに接続するシナリオも設定することができます。

*シナリオ例:お客様のご意見を残す質問に #{コメントを残し}という記述式のフォームを提供するように設計されました。そして、顧客が意見をチェトボトに残せば $ {customerVoc}というアクションメソッドを実行して、ユーザーのすべての入力をBackend Serviceに転送して、サーバーの応答に基づいて、顧客に案内するシナリオです。

チェトボトのフォーム機能的に有用な機能を作成する例示

1.フォーム+アクションメソッド

フォームは、ユーザーの入力を選択的に得ることができる方法です。

chatbot-03-063.png

シナリオ例:今日の天気教えてという質問に#{都市}という名前のフォームを提供するように設計されました。そしてソウルを選択すると、${weather}というアクションメソッドを実行して、回答を与えるシナリオです。

chatbot-03-064.png

1.エンティティを作成します。

  • 「都市」というエンティティを入力します。代表語は「ソウル」と「ニューヨーク」を入力します。

chatbot-03-065.png

2.アクションメソッドを作成します。

  • ${weather}を生成します。

    • 呼び出すURLはGETメソッドでcity=都市をめくる現在の温度値を送信ように開発されていると仮定します。呼び出しURLから渡す引数の値にcity=$[都市]を入力して、アクションメソッドを作成します。
>**注意**
>
>アクションメソッドのテストのために簡単にServerless関数を一つ作りました。右側の「echo呼び出し」ボタンをクリックして、簡単にテストすることができます。
> ```
> https://beta-chatbot.ncloud.com/api/v1/actionmethod/echo?city=$[도시]
> ```

chatbot-03-066.png

3.フォームを作成します。

  • フォーム#{都市}を生成します。
    • ソウルを選択するか、テキストで、ソウルと入力した場合に${weather}アクションメソッドが呼び出されます。

4.ダイアログボックスを生成します。

  • 発火例の質問に「今日の天気教えて」と入力して、回答は#{都市}を入力します。

    • 学習をクリックして、テストを完了します

2.フォーム+フォーム、フォーム+会話

チェトボトサービスでは、フォームを使用して、ユーザーの選択を制限しなくても、ユーザーの自然な入力を介してサービスを構成することが可能です。しかし、決められたシナリオを通ってユーザーの選択を導いて行く場合には、フォームを連続して接続するか、フォームでの会話に接続することが可能です。

1.フォームとフォームを接続する方法は、次のとおりです。

chatbot-03-067.png

  • ボタンアクションは、テキストの回答を選択します。
  • テキスト入力ウィンドウに次の接続フォームを入力します。

たとえば#{サービス推薦}フォームはボタンに応じて#{ゲームサービス}フォームや#{モバイルとWebサービス}フォームを呼び出すことができます。

2.フォームとの対話を接続する方法は次のとおりです。

chatbot-03-068.png

  • ボタンアクションは会話接続を選択します。
  • ボタンを選択すると接続会話の名前を入力します。もし登録されていない会話の名前を入力すると、その名前で新規作成]ダイアログが生成されます。

たとえば#{モバイルとWebサービス}フォームはボタンに応じて「モバイルサービス」のダイアログ'Webサービス]ダイアログを呼び出すことができます。

3.主観式フォーム

ユーザーに選択肢を提示してシナリオを導いていく複数の選択肢のフォームとは異なり、記述式のフォームは、ユーザーの自由な発話を回答として受け入れ、次のシナリオで接続したり、アクションメソッドでユーザーの発火を渡すことができる機能です。 以下は、お客様が不満だとフィードバックを答えたユーザーにユーザー改善意見を受けるシナリオの例です。

1。${ユーザー改善意見伝達}アクションメソッドを作成します。

(アクションメソッドの作成画面イメージ)

  • このアクションメソッドは、記述式のフォームに応答したユーザのメッセージをutf-8でエンコードして、アクションメソッドのヘッダにX-KAA-USERMSG込め渡します。

2#{ユーザー改善意見}記述式のフォームを作成します。

(主観式フォームの作成のイメージ。 回答の部分:"申し訳ありませんお客様、コメントを残していただければさらに発展するチェトボトだろう。」 ユーザの応答時の答えの部分:"${ユーザー改善意見伝達}お客様の貴重なご意見ありがとうございます。」)

  • 回答は、お客様にご不便をお掛けという内容で、コメントを残してくれれば改善するというメッセージを入力します。
  • ユーザの応答時に回答は${ユーザー改善意見伝達}アクションメソッドと一緒にコメントを残してくれてありがとうとメッセージを入力します。

3.フィードバックを設定します。

(フィードバックの設定画像)

  • フィードバックの不満ボタンに応答して、#{ユーザー改善意見}記述式のフォームを入力します。

  • フィードバック機能は、連動したメッセンジャーチャンネルに応じて、機能を使用することができますので、チャンネルを確認する必要です。

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...