ドメイングループ

ドメイングループは、2つ以上のCLOVA Chatbotドメインをグルーピングし、ユーザーの質問に対し、最も適したドメインの応答を探して返すことができる機能です。

例えば、3種のサービスを提供する企業又は会社があるとします。この場合、1つのドメインから3種のサービスの全てを提供するより、それぞれのサービスを別途のドメインで構築した後、それをドメイングループを通じてグルーピングすることをお勧めします。

ドメイングループを作成

① ドメイングループのページにアクセス

CLOVA ChatbotコンソールのDomain Groupメニューをクリックします。Domain Groupメニューは、CLOVA Chatbotの管理者権限を持つユーザーのみがアクセス可能です。

chatbot-04-001.png

② ドメイングループを作成

ドメイングループを作成ボタンをクリックし、ドメイングループを作成します。

chatbot-04-002.png

ドメイングループを作成する際には、ドメイングループ名とグループコードを入力する必要があります。

  • ドメイングループ名:1文字以上になる必要があり、最大で100文字まで入力が可能です。
  • グループコード:固有の値で重複してはいけません。名前空間(com.ncloud.chatbot.support)を利用して入力することをお勧めします。
  • 対応言語:現在は、韓国語ドメインのみに対応しています。

③ サブドメインを追加

chatbot-04-003.png

ドメイングループを作成した後は、そのグループに属するサブドメインを設定する必要があります。ドメイングループを設定ボタンをクリックし、そのドメイングループの詳細な項目設定ページに移動します。

chatbot-04-004.png

サブドメインを追加ボタンをクリックすると、現在のカウントで作成されたCLOVA Chatbotドメインが並べられます。その中でドメイングループでグルーピングするサブドメインを選択して追加することができます。

  • 但し、知識データベースサービスを活性化したドメインは、ドメイングループのサブドメインに設定することができません。
  • 追加されたサブドメインの性格が異なるほど、ドメイングループではユーザーの質問を更にうまく分類することができます。
  • そのため、それぞれのサブドメインには、他のサブドメインと重ならない固有の質問を少なくとも5つ以上登録することをお勧めします。

④ ドメイングループをビルド

chatbot-04-005.png

サブドメインと同様に、ドメイングループもビルド及び配布が必要です。

  • まず、モデルをビルドをクリックしてビルドを行ってください。ビルドのリクエストの際、連携されたサブドメインの情報を収集して分類のための学習を行います。
  • 但し、サブドメインのビルド完了時点が2019年10月18日以前である場合、ドメイングループに関連する主要なコンポーネントが含まれていないため、ドメイングループのビルドに失敗するおそれがあるため、注意が必要です。

chatbot-04-006.png

ドメイングループでビルド内訳の項目に移動すると、ビルドに関する追加情報を閲覧することができます。

  • 現在ビルドされている項目とビルドの状況が提供されます。

  • 当該ビルド時点に設定されたサブドメインのバージョン情報を確認することができます。

    ドメイングループは、連携されたサブドメインと別々で動作します。モデルのビルド当初に設定されたサブドメインのベータ版を基に、ドメイングループはユーザーの質問をどのドメインに送信するか学習するようになります。そのため、モデルのビルド当初設定されたサブドメインのビルドバージョンが大事に管理されなければなりません。

⑤ テスト

chatbot-04-007.png

ビルドが完了した後は、ドメイングループのテストを行うことができます。

  • 質問が返されたドメイン情報を閲覧できるだけでなく、対話名、対話タイプ、エンティティ、キーワード及び正規式の分析された結果も確認することができます。

  • 但し、ドメイングループのビルドが完了した後、サブドメインのビルドバージョンが変更された場合には応答の品質が低下するおそれがあるため、注意が必要です。

⑥ ドメイングループを配布

chatbot-04-008.png

テストが完了したら、サービスの配布をクリックしてサービスに反映してください。

  • このとき、サブドメインのベータIDとサービスIDを同じバージョンに設定しておく必要があります。もし、ドメイングループサービスの配布が完了した後、サブドメインのサービスバージョンが変更された場合には、応答の品質が低下するおそれがあるため、注意が必要です。

ドメイングループの連携設定

① チャネルを連携

ドメイングループを作成した後は、実際にサービスを行うチャネルと連携設定をしなければなりません。 各ドメイン別に使用量を提供し、外部に安全にサービスを提供できるようにしなければならないため、NAVERクラウドプラットフォームのAPI Gateway製品と連携して提供されます。

まず、"呼び出しURL作成ガイド"をご参照していただき、API Gatewayの呼び出しURLを作成します。 Invoke URLは、外部チャネルと連携できる接点を意味します。

  • カスタムチャネル:メッセンジャーチャネルでないWebベースのページ及びモバイルアプリケーションでも簡単に連携することができるように、REST APIベースのエンドポイントを拡張して提供する機能です。API Gatewayで設定したghcnf URLを使用します。

chatbot-04-009.png

ドメイングループでない個別のCLOVA Chatbotドメインでも、サービスを行うチャネルを直に連携することができます。それぞれのサブドメインに連携されたチャネルがある場合、ドメイングループとは別に連携して動作します。

例えば、ドメインA、ドメインBをそれぞれLINE、NAVER TALKに連携し、ドメインAとドメインBとをドメイングループのサブドメインに設定し、LINE WORKSに連携することができます。

② サービスを連携

chatbot-04-010.png

CLOVA Chatbotドメインの他にも、NAVERから提供する知識データベースを連携することができます。ユーザーの質問に対し、CLOVA Chatbotが適した応答を見つけられなかった場合、失敗メッセージの代わりに知識データベースを通じて検索された結果を返すことができます。

chatbot-04-011.png

ドメイングループでない個別のCLOVA Chatbotドメインでも、知識データベースを直に連携することができます。但し、知識データベースサービスを連携したドメインは、ドメイングループに追加することができません。そのため、ドメイングループに追加するためには、そのドメインで知識データベースサービスを解除する必要があります。なお、知識データベースのアクションメソッドが応答に既に登録されているなら、そのアクションメソッドを削除することが望ましいです。詳細につきましては、知識データベースサービスの連携ガイドをご参照ください。

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...