目次

Cloud Insightサービスを申し込む

コンソールにアクセスする

1. コンソールにアクセスして、Products&Services> Management> Cloud Insight(Monitoring)メニューに移動します。

利用申込み

2. Cloud Insightサービスに申請しなかった場合は、Subscriptionメニューから+商品利用申請ボタンをクリックして申請します。 サービス利用申し込みが完了したというポップアップウィンドウが開き、確認ボタンをクリックすると、Cloud Insightサービスが利用できます。

ダッシュボードを構成する

Dashboardメニューで、目的にかなった統合モニタリングダッシュボードが構成できます。ダッシュボードは、モニタリング対象リソースと性能指標が含まれたウィジェットで構成されており、一つのダッシュボードには最大30個のウィジェットを挿入できます。

Service Dashboard照会

1. Service DashboardNCP商品名で表示されたダッシュボードを選択すると、その商品の基本的なマトリクスを一目で見ることができます。 Service Dashboardではウィジェットの追加はできません。

新しいダッシュボードを作成する

1. +ダッシュボードの作成ボタンをクリックすると、ダッシュボードに関する情報を入力できるポップアップ画面が表示され、追加するダッシュボード名と説明を入力できます。

2. ダッシュボード情報を入力した後作成ボタンを押すと、ダッシュボードの追加が完了します。

ウィジェットを追加する

新たに作成したダッシュボードまたは既存のダッシュボードに、自由にウィジェットを追加できます。

1. ウィジェットを追加するダッシュボードを選択します。

2. 選択したダッシュボードでウィジェット追加ボタンをクリックすると、ウィジェット作成のためのページに移動します。 ウィジェットの種類はTimeSeries,PieChart,Table,Index,Markdownがございます。

Time Seriesウィジェットを追加する

1. ウィジェットの名前を入力します。

2. ウィジェットの種類でTimeSeriesを選択します。

3. 次へボタンをクリックしてデータ設定へ移動します。

4. ウィジェットに性能情報を表示する商品を選択します。

5. 商品選択時、監視対象リストが表示されます。 グループを選択し、作成された監視対象グループを選択することができ、保有するリソース全体を選択し、保護対象を1つずつ選択することもできます。

6. Metricでは、その商品で設定できる監視項目の一覧が表示されます。 テンプレートを選択し、生成されているRule Templateを選択することができ、全てのメトリックを選択し、監視しようとする項目を個別に選択することができます。

7. 全体メトリックをクリックすると、ウィジェットに追加できるメトリックが表示されます。 メトリック名を検索でき、ディメンションフィルタリング機能を利用して、選択されたディメンションのメトリックだけを表示することもできます。

8. テンプレートまたは全体のメトリックで、監視項目として設定するメトリックを選択し、+選択項目を追加ボタンをクリックすると、設定データリストに表示されます。

9. 設定データリストから選択した監視対象と監視項目を確認できます。

10. 次へボタンをクリックして最終確認へ移動します。

11. 最終確認画面では、選択したメトリックのプレビューを確認できます。

12. データリストタブでは選択したメトリックをもう一度確認でき、Aliasを入力してウィジェットに表示されるメトリック名を変更できます。

13. Y Axisの設定で、当該メトリックの値(Y軸)を左もしくは右に表示するように変更できます。

14. Colorの設定で、当該メトリックがウィジェットに表示される色を指定でき、提供される色以外にも直接色コードを入力できます。

15. オプションタブでは、TimeSeriesウィジェットのタイプを選択できます。 LineAreaBarTableがあり、クリックしてプレビューで確認することが、

16. Chart TypeがLineAreaBarの場合、Left Y軸、Right Y軸に対してLabel、Unit、Max、Min、そしてその値に対するスケールが可能な関数を設定できます。

17. ボタンをクリックしてウィジェット作成を完了します。

Pie Chartウィジェットを追加する

1. ウィジェットの名前を入力します。

2. ウィジェットの種類としてPieChartを選択します。

3. 次へボタンをクリックしてデータ設定へ移動します。

4. ウィジェットに性能情報を表示する商品を選択し、監視対象を選択します。

5. Pie Chartに表示するメトリックを選択し、次へボタンをクリックして最終確認へ移動します。

  • 他ウィジェットと異なり、Pie Chartでは一つの商品(Type)に対するメトリックのみ表示可能です。

6. データリストタブでは、選択したメトリックをもう一度確認できます。 Aliasを入力して、ウィジェットに表示されるメトリック名を変更でき、ウィジェットに表示されるメトリック色を指定することができます。

7. オプションタブでは、Legendの位置をPie Chartの左、右、上段、下段の中からどちらに位置させるかを選択できます。

8. ボタンをクリックしてウィジェット作成を完了します。

テーブルウィジェットを追加する

1. ウィジェットの名前を入力します。

2. ウィジェットの種類としてTableを選択します。

3. 次へボタンをクリックしてデータ設定へ移動します。

4. ウィジェットに性能情報を表示する商品を選択し、監視対象を選択します。

5. テーブルウィジェットに表示するメトリックを選択し、選択項目追加ボタンをクリックします。

6. 設定データリストから選択した監視対象と監視項目を確認できます。 各メトリックのInterval(Min1、Min5、Min30、Hour2、Day1)、aggregationMethod(AVG、MIN、MAX、SUM、COUNT)を設定します。

7. 次へボタンをクリックして最終確認へ移動します。

8. 設定データリストでは、行(Row)と列(Column)に表示される値を確認できます。

9. Aliasを入力すると、ウィジェットに表示されるメトリック名を変更できます。

10. Display Typeによって、Textだけを表示するのかTextとGaugeを一緒に表示するのかを選択できます。

11. テーブルウィジェットでは条件を設定できます。 メトリックの値が設定した条件と一致すると、そのメトリックの値が異なる色で表示されます。

12. 列行データ切替ボタンをクリックし、列と行に表示されるデータ切替ができます。

13. ボタンをクリックしてウィジェット作成を完了します。

Indexウィジェットを追加する

1. ウィジェットの名前を入力します。

2. ウィジェットの種類としてIndexを選択します。

3. 次へボタンをクリックしてデータ設定へ移動します。

4. ウィジェットに性能情報を表示する商品を選択し、監視対象を選択します。

5. テーブルウィジェットに表示するメトリックを選択し、選択項目追加ボタンをクリックします。

6. 設定データリストから選択した監視対象と監視項目を確認できます。 各メトリックのInterval(Min1、Min5、Min30、Hour2、Day1)、aggregationMethod(AVG、MIN、MAX、SUM、COUNT)を設定します。

7. 次へボタンをクリックして最終確認へ移動します。

8. オプションタブでは、ウィジェットに表示されるデータの位置をドラッグすることで変更できます。

9. ボタンをクリックしてウィジェット作成を完了します。

Markdown 위젯 추가하기

1. ウィジェットの名前を入力します。

2. ウィジェットの種類としてMarkdownを選択します。

3. 次へボタンをクリックしてデータ設定へ移動します。

4. ウィジェットに性能情報を表示する商品を選択し、監視対象を選択します。

5. Markdownウィジェットに表示するメトリックを選択し、選択項目追加ボタンをクリックします。

6. 設定データリストから選択した監視対象と監視項目を確認できます。 各メトリックのInterval(Min1、Min5、Min30、Hour2、Day1)、aggregationMethod(AVG、MIN、MAX、SUM、COUNT)を設定します。

7. 次へボタンをクリックして最終確認へ移動します。

8. 最終確認画面ではMarkdownを直接編集し、その結果をPreviewですぐに確認できます。

9. Markdown 文法を使用でき、各メトリックの値は、${Variable Name}の形で作成することができます。 各メトリックのVariable Nameは、下段のデータリストから編集できます。

10. プレビューを確認後、生成ボタンをクリックしてウィジェット生成を完了します。

ウィジェットをコピーする

ウィジェットをコピーして、新しいウィジェットを作成できます。

1. 名前を付けて保存ボタンをクリックすると、ダッシュボードにコピーされたウィジェットが追加されます。

ウィジェットのサイズ/位置を調整する

ダッシュボードに追加されたウィジェットのサイズと位置を自由に調整できます。

1. ウィジェットの右下をドラッグ&ドロップして、ウィジェットを好きなサイズに調整します。

2. ウィジェットのドラッグ&ドロップで好きな位置にウィジェットを調整します。

3.ウィジェットが含まれたダッシュボード管理レイアウトロックボタンをクリックすると、当該ダッシュボードに含まれているウィジェットのサイズ調節及び位置変更が制限されます。 再びレイアウトロック解除ボタンをクリックしてウィジェットのサイズおよび位置変更ができます。

ウィジェットを修正する

ダッシュボードに追加されたウィジェット名を変更したり、表示する性能情報とを表示方法を修正できます。

1. 修正ボタンをクリックすると、ウィジェットを修正するための画面が表示されます。 ウィジェット生成と同じ方法でウィジェットに表示するメトリックを追加削除することができ、最終確認画面でウィジェットプレビューを確認後、修正ボタンを押してウィジェット修正を完了します。

ウィジェットを削除する

ダッシュボードに追加されたウィジェットを削除できます。

1. 削除ボタンをクリックするとウィジェット削除ポップアップ画面が表示され、確認ボタンをクリックすると選択したウィジェットが削除されます。

ウィジェットデータをダウンロードする

ウィジェットに含まれているデータを様々なフォーマットでダウンロードできます。

1.ダッシュボード上段のウィジェットデータダウンロードボタン、あるいは各ウィジェット右上のダウンロードボタンをクリックすると、ウィジェットデータダウンロードのためのポップアップウィンドウが表示されます。

2.ダウンロードするデータフォーマットとウィジェットを選択します。

3.選択したウィジェットダウンロードボタンをクリックすると、データのダウンロードが始まります。

ホームダッシュボードを設定する

ホームダッシュボードに設定すると、Dashboardメニューをクリックした際にそのダッシュボードが最初に表示されます。

1. ホームダッシュボードに設定するダッシュボードを選択します。ダッシュボード管理ホームダッシュボードに設定をクリックします。

2. ホームダッシュボードに設定ポップアップ画面が表示され、確認ボタンをクリックすると、選択したダッシュボードがホームダッシュボードに設定されます。

Templateを設定する

TemplateメニューでTarget GroupとRule Templateを設定し、監視対象と監視項目をグループに設定できます。

Target Groupを作成する

1. Target Group生成ボタンをクリックすると、グループ生成のためのポップアップウィンドウが表示されます。

2. 監視対象グループとして生成する商品を選択します。

3. 監視対象グループ名と説明を入力します。

4. 選択可能な保護対象として表示された保護対象項目の中から、希望する対象を選択し、ボタンをクリックすると、選択した保護対象に移動します。

5. 選択可能な監視対象項目が多い場合、検索が可能です。

6. 作成ボタンをクリックすると、Target Groupが作成されます。

Target Groupを照会する

1. TemplateメニューのTarget Groupタブで生成されたTarget Groupリストが照会されます。

2. 上段の検索機能を通じてTarget Groupを検索することができます。

Target Group修正する

1. 修正したいTarget Groupを選択すると、そのTarget Groupに含まれている対象を確認できます。

2. 上段の修正ボタンをクリックすると、グループ修正のためのポップアップウィンドウが表示されます。

3. グループ名、グループ説明、監視対象の追加または削除が可能で、保存ボタンをクリックするとグループが修正されます。

4. Target Groupの監視対象が変更されると、そのグループを使用している監視規則(Event Rules)にも反映されます。

Target Group削除する

1. 削除したいTarget Groupを選択し、上段の削除ボタンをクリックするとグループ削除ポップアップウィンドウが表示され、削除ボタンをクリックするとグループが削除されます。

2. Target Groupを削除する場合、そのグループに設定された監視規則(Event Rules)も削除されます。

Rule Templateを作成する

1. Rule Template生成ボタンをクリックすると、テンプレート生成のためのポップアップウィンドウが表示されます。

2. テンプレートで作成する商品を選択します。

3. テンプレート名と説明を入力します。

4. 検索機能を使用して、目的のメトリックを検索することができます。

5. テンプレート作成のメトリック項目選択メニューでは、モニタリング可能なメトリックが表示されます。 Descriptionを参考に、監視項目として設定したいメトリックを選択し、次へボタンを押すと、各メトリックの条件を設定できます。

6. 条件の設定と確認タブでは、各Metric別にDimension、Event発生時のレベル(Level)、Event発生条件(Condition)、該当メトリックのaggregation関数(Method)、持続時間(Duration)を設定できます。

7. 次のように条件を設定する場合、FILE SYSTEM の fs_usert(mnt_nm:/)の AVG 値が 1 以上で 1 分間続く場合、CRITICAL レベルの Event が発生します。

8. +ボタンをクリックして同じメトリックを追加するか、xボタンをクリックして削除が可能です。

9. メトリック別にディメンションを選択でき、ドロップボックスには、現在収集中のディメンションが表示されます。

10. 直接入力ボタンをクリックすると、ディメンションが編集可能な状態に変更され、目的の値を入力することができます。 直接入力機能を利用すれば、現在は収集されていませんが、今後収集されるディメンションを直接入力して設定することができます。 ディメンションは、key:valueの形で入力可能です。

11. 保存ボタンを押すとテンプレート作成が完了します。 テンプレートを使用すると、Event Rulesを設定する際に、それぞれのメトリックに対する設定なしで、予め作成しておいたテンプレートで簡単にEvent Rulesを作成できます。

Rule Templateを照会する

1. TemplateメニューのRule Templateタブで生成されたRule Templateリストが照会されます。

2. 上段の検索機能を通じてRule Templateを検索することができます。

Rule Template修正する

1. 修正したいRule Templateを選択すると、当該Rule Templateに含まれている対象を確認することができます。

2. 上段の修正ボタンをクリックすると、テンプレート修正のためのポップアップウィンドウが表示されます。

3. グループ名、グループ説明、監視項目の追加または削除が可能です。

4. 選択済みのメトリックの数は、各項目別タブに表示されます。

5. 条件設定および確認タブで選択したマトリックスを照会し、条件設定の修正が可能で、保存ボタンを押して修正完了します。

Rule Template削除する

1. 削除したいRule Templateを選択し、上段の削除ボタンをクリックするとテンプレート削除ポップアップウィンドウが表示され、削除ボタンをクリックするとグループが削除されます。

2. Rule Templateを削除する場合、そのグループに設定された監視ルール(Event Rules)も削除されます。

Integrationを設定する

IntegrationのChannel作成を通じてイベント発生時にユーザーが指定したEndpoint URLにイベントを送信できます。

Channelを作成する

1. + Channel生成ボタンをクリックすると、Channelが作成できるポップアップが表示されます。

2. 文字名を入力してTypeを選択します。 現在TypeはOUT_GOINGのみサポートいたします。

3. Endpoint URLを入力し、TESTボタンをクリックして有効なアドレスであることを確認します。

4. Endpoint URL Testに成功すると、自動的にペイロードが作成されます。 ペイロード修正機能は後ほど提供される予定です。

5. 生成ボタンをクリックするとChannel生成が完了し、Event Rules設定時に生成したChannelを登録すると、Event発生時にそのEndpoint URLにEvent情報を送信できます。

Channel修正する

1. 修正したいChannelを選択し、上段の修正ボタンをクリックすると、Channel修正のためのポップアップウィンドウが表示されます。

2. Endpoint URLを修正する場合、再びTESTボタンを通じて有効なアドレスか確認が必要です。

3. 保存*ボタンを押して修正を完了します。

Channel削除する

1. 削除したいChannelを選択し、上段の削除ボタンをクリックすると、Channel削除のためのポップアップウィンドウが表示されます。

2. 削除ボタンを押すとChannelが削除されます。

通知管理対象を設定する

Notification Recipientメニューで、Event RuleによるEventの発生時にSMS / Emailで通知を受け取るユーザーのメールアドレスと連絡先を管理できます。 通知対象者はグループで管理でき、Event Rule設定時に通知対象グループを通報対象者に指定し、Event発生時にグループ内のユーザーに簡単に転送できます。

通知対象を登録する

1. +対象者を追加ボタンをクリックすると、対象者追加ポップアップ画面が表示されます。

2. 対象者を追加ポップアップ画面に追加する通知対象の名前、メールアドレス、携帯電話番号を入力した後、登録ボタンをクリックすると、通知対象登録が完了します。

  • 携帯電話の番号の入力はオプションであり、携帯電話番号を登録するためには、個人情報保護のために本人認証の手続きが必要です。
  • 追加する通知対象者のグループを選択して、作成済みの対象者グループに新しい通知対象者を追加できます。

対象者グループを追加する

Cloud InsightのEvent Ruleメニューでは、対象者グループのみEvent発生の通知を受け取る受信者に指定できます。したがって、Event発生の通知を受け取るためには必ず対象者グループを作成する必要があります。

1. Notification Recipientメニューの左の領域に現在作成された対象者グループリストが表示され、+ボタンをクリックして新しい対象者グループを作成できます。

2. +ボタンをクリックすると、新しい対象者グループ名を入力できる領域が表示され、対象者グループ名を入力した後 V ボタンをクリックして保存すると、対象者グループの追加が完了します。

3. 対象者リストでユーザーを選択した後、割当てボタンをクリックして、選択したユーザーを新たに追加した対象者グループに追加できます。

4. 割当てボタンをクリックすると、割当てポップアップ画面に現在作成された対象者グループリストが表示され、対象者グループを選択した後、割当てボタンをクリックすると、選択した対象者グループに通知対象者が追加されます。

Event Ruleを管理する

Configuration>Event Ruleメニューを通じて、監視が必要な対象、項目および条件と通知アクションを作成し、管理できます。

Event Ruleを作成する

1. Configuration>Event Ruleメニューを通じて、現在作成されたEvent Ruleのリストを確認できます。

2. + Event Rules作成ボタンをクリックすると、新しいEvent Ruleを作成するための監視商品を選択する画面が表示されます。

3. モニタリングする商品を選択して次へボタンをクリックします。

監視対象を設定する

4. 監視対象の設定では、保有している監視対象の全体リストで監視対象を選択したり、監視目的に応じて監視対象をグループに作成することができます。

5. +グループ作成ボタンをクリックすると監視対象を選択できる画面が表示され、希望する監視対象を選択してグループ名を入力すると監視対象グループを作成できます。

6. 監視対象グループ、あるいは監視対象を選択して次へボタンをクリックします。

監視項目と条件を設定する

7. 監視項目と条件の設定では、全体リストに表示されるMetricを監視項目として指定したり、監視目的に応じて監視項目をテンプレートとして作成できます。

8. +テンプレート作成ボタンをクリックすると、監視項目を選択できる画面が表示されます。希望する監視項目を選択して、次へボタンをクリックします。

9. 監視項目のLevelを選択でき、Eventを発生させる条件を指定できます。

10. テンプレートあるいは監視項目を選択して、次へボタンをクリックします。

アクションを設定する

11. アクション設定**では、Eventの発生に応じたアクションを設定することができます。

12. 通知対象の設定では、Event発生による通知を受け取る受信者を指定でき、選択した受信者別に通知方法(SMS、Email)を選択できます。

  • Cloud Insightでは、対象者グループのみ受信者として登録でき、Eventの発生時に選択した対象者グループ内のすべてのユーザーに、指定した通知方法(SMS、Eamil)で発生したEvent情報が伝達されます。

13. Cloud Functionsタブでは、Cloud Insightタイプのトリガーをアクションとして設定できます。 Cloud Functions使用ガイドCloud Insight Type Trigger使用 で詳細情報を確認できます。

14. Integrationタブでアクションをユーザーが指定したChannelに設定して、イベント発生時にイベント情報を送信できます。

15. 最終確認では、作成するEvent Ruleの設定を確認できます。

16. Rules全体を見るタブを選択すると、一部のRuleを無効化できます。設定内容を確認した後、Event Ruleを作成するために名前を入力して作成ボタンをクリックします。

  • Event Rulesは、監視対象グループ(Target Group)に対して、テンプレート(Rule Template)として条件を設定することができるため、複数のruleで構成することができます。 それぞれのrule確認は、Rules全体表示タブで確認できます。 Event Rulesを作成する前に意図しない個別のruleに対しては、無効にすることができます。

Event Ruleを照会する

1. Configuration > Event Ruleメニューを通じて現在作成されたEvent Ruleのリストを確認することができ、Event Ruleの中から1つを選択すると詳細情報が確認できます。

2. 監視対象、監視項目および条件、アクションなどを確認でき、監視項目および条件の**表示ボタンをクリックして、各メトリックのデータを確認できます。

Rules全体を見る

Event Rule単位で実際に監視されているすべてのruleを確認し、特定Ruleを無効化したりEvent Rule自体を修正できます。

1. Configuration > Event Ruleメニューを通じて現在作成されたEvent Ruleのリストを確認でき、Event Ruleを選択した後、Rules全体を見るボタンをクリックすると、そのEvent Ruleで実際に検出されるすべてのRuleリストを確認できます。

2. ルールの無効化をチェックすると、一部のRuleを無効化できます。

  • ルールの無効化は、他のEvent Ruleやテンプレートとは別に動作し、チェックするとすぐ、そのルールに対してそれ以上イベントを発生させません。

Event Ruleを修正する

1. Configuration > Event Ruleメニューを通じて現在作成されたEvent Ruleのリストを確認でき、修正するEvent Ruleを選択するとリスト内でEvent Ruleの詳細情報が確認できます。

2. 修正ボタンをクリックすると、監視ルール修正画面が表示されます。

3. 監視ルール修正では、設定内容を修正したり、Rules全体を見るで一部のRuleを無効化できます。

4. 保存ボタンをクリックして修正を完了します。

Event Ruleを削除する

1. Configuration > Event Ruleメニューから削除するEvent Ruleを選択すると、リスト内でEvent Ruleの詳細情報を確認できます。

2. 削除ボタンをクリックすると、Event Rule削除の確認ポップアップ画面が表示されます。

  • Event Rule修正ポップアップ画面で確認ボタンをクリックすると、削除が完了します。

Eventを管理する

Eventメニューから、指定した期間内に発生したEventリストとEventの詳細内容が確認できます。

1. Eventメニューに移動して、直近1時間の間に発生したEventリストを確認できます。

2. 期間を選択して選択した期間のEventリストだけを確認したり、キーワード入力で発生したEventを検索できます。

3. Eventリストで発生したEventをクリックすると、発生したEventの詳細を確認できます。

  • 選択したEventがどのEvent Ruleによって作成されたのか、Event発生当時の性能推移はどのように変化したのかを確認できます。

4. 右上の設定ボタンをクリックして、Eventリストに表示するカラムを選択できます。

メンテナンススケジュールを管理する

予定されたメンテナンスやバッチ作業などにより、特定期間の間Event発生によるSMS/Email通知を中断する必要がある場合は、そのスケジュールを登録して、その期間中にSMS/Email通知を停止できます。この場合、Event発生によるSMS/Email通知のみ指定した期間の間中断するだけで、Eventは正常に発生し、発生したEventはEventメニューで確認できます。

メンテナンススケジュールを登録する

1. +メンテナンス計画を設定するボタンを押すと、新しいメンテナンススケジュールを登録できるメンテナンス計画の設定のための画面に切り替わります。

2. メンテナンス計画のためのタイトルと説明などの基本情報を入力します。

3. 条件設定タブのカレンダーボタンをクリックして、メンテナンス作業時間を設定します。

4.メンテナンス期間中、通知を中止する対象の商品を選択します。

5. グループを選択し、監視グループ単位でメンテナンスを設定でき、保有リソース全体を選択し、それぞれのリソースに対するメンテナンス計画を設定することもできます。

6. メンテナンス対象のディメンションを選択し、+追加ボタンをクリックすると、下の設定された作業対象リストタブに表示されます。 作業対象リストを確認し、下段の完了ボタンをクリックすると、メンテナンススケジュールが登録されます。

メンテナンススケジュールを修正する

1. Planded Mainternance メニューを通じて、現在登録されているメンテナンス スケジュールをカレンダー、またはリストで確認することができます。 カレンダータブでは、編集するスケジュールをクリックすると、メンテナンス計画の「編集」ページに進み、変更することができます。

2. リストタブでは、編集するスケジュールをチェックし、変更ボタンを押して変更することができます。

3. メンテナンス計画を修正し、下段の完了ボタンをクリックすると、修正が完了します。

メンテナンススケジュールを削除する

1. Planded Mainternanceメニューを選択した後、リストタブをクリックすると、登録されたスケジュールをリストで確認できます。

2. メンテナンススケジュールリストで削除するスケジュールの削除ボタンをクリックすると、削除確認ポップアップが表示され、削除確認ポップアップで確認ボタンをクリックすると選択したスケジュールが削除されます。

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...