Cloud Searchの管理

事前準備

コンソールへアクセスします。

最初のアクセスの際は左側メニューにCloud Searchメニューがありません。All ProductsメニューのAnalytics下にあるCloud Searchを選択して当該サービス画面を照会できます。星模様のアイコンをクリックしてMy Productsの下にブックマークすると後で照会するのに便利です。

ドメインの生成

1. Cloud Searchに初めて入った時の画面です。上のドメイン生成ボタンをクリックするとドメイン生成ページへ移動します。

基本情報の入力

1. ドメイン名を入力します。3~20字までの英文字、数字、下線(_)のみ入力できます。

2. ドメインに関する説明を入力します。

3. コンテナタイプを選択します。

  • Standard - 4: メモリー4GB /ストレージ30GB /お勧めする最大文書数100万個 / お勧め索引2個
  • Standard - 8: メモリー8GB /ストレージ50GB /お勧めする最大文書数200万個/ お勧め索引 3個
  • Standard - 16: メモリー16GB /ストレージ100GB /お勧めする最大文書数400万個 / お勧め索引4個
  • Standard - 32:メモリー32GB /ストレージ200GB /お勧めする最大文書数800万個 / お勧め索引5個
  • High Memory - 64: メモリー64GB /ストレージ 400GB /お勧めする最大文書数1600万個/ お勧め索引6個
  • High Memory - 128: メモリー128GB /ストレージ 800GB /お勧めする最大文書数3200万個/ お勧め索引 7個

4. コンテナ数を調整します。検索用コンテナ数のみ調整でき、範囲は全てのドメインを合わせて10個まで可能です。

  • Productionレベルでは検索用コンテナ数として2個以上をお勧めします。

5. 呼び出し項目は 選択しない でそのまま進めます。

  • 自動車検索の例題や以前生成されたドメインのセクションと索引情報を持ち込めます。

6. 次へ ボタンをクリックしてセクションの設定に移動します。

セクションの設定

セクションは文書を構成する各項目を意味し、データベースのコラムと似ています。keyになるセクション1個をメインセクションに設定する必要があります。

1. セクション名を設定します。英文字、数字、下線(_)のみ入力できます。

2. セクションのデータタイプを設定します。

3. 追加 ボタンをクリックしてセクションを追加します。

4. メインセクションを選択します。

5. セクションを全て設定後、 次へ ボタンをクリックして索引設定に移動します。

索引の設定

効率的な検索のために検索目的に沿ってセクションを選択し、索引を生成してください。一つのインデックスに複数のセクションを追加できます。

1. 追加 ボタンをクリックすると索引追加ページへ移動します。

2. 索引を全て設定後、次へ ボタンをクリックして最終確認へ移動します。

索引の追加

1. 索引名を設定します。英文字、数字、下線(_)のみ入力できます。

2. 索引に含まれるセクション名を選択します。

3. 選択したセクションの分析機器ー言語を選択します。

  • 選択したセクションの分析機器ー同義語を選択できます。

4. 選択したセクションの文書荷重値(0 ~ 100%)を選択できます。

5. 追加 ボタンをクリックすると追加されます。

6. 索引を追加 ボタンをクリックすると索引が追加されます。

最終確認

1. 最終確認して 生成 ボタンをクリックすると案内モーダルと共にしばらくしてからドメインが生成されます。

  • 一時保存 ボタンをクリックすると、その後入力した情報で再度生成できます。

  • アカウント当たり使用しているメモリー合計が512GB以下の場合は生成できます。

ドメイン-ダッシュボード

ドメインメニューからドメインリスト、コンテナとサービス状態を確認できます。

1.生成されたドメインを選択します。

2. ドメインを修正 ボタンをクリックするとドメイン修正ページへ移動します。

3. ドメインを削除 ボタンをクリックするとドメインが削除されます。

4. 索引設定 ボタンをクリックすると索引に関する設定ページへ移動します。

5. 検索設定 ボタンをクリックすると検索に関する設定ページへ移動します。

6. コンテナタイプは 修正 ボタンをクリックして現在より上のタイプのコンテナに変更できます。

7. 検索用コンテナは 修正 ボタンをクリックして個数を修正できます。

  • アカウント当たり使用しているメモリー合計が512GB以下の場合は生成できます。

8. サービス使用量の制限は 修正 ボタンをクリックして変更できます。

ドメインの修正

ドメインの修正ページではドメイン名と説明を変更できます。

使用量の制限

使用量の制限では日別または月別使用量を制限できます。

1. 使用量制限項目を有効化します。

2. 日別 または 月別 制限限度を設定します。.

  • 0を入力した場合は制限が無効化されます。

ドメイン管理

ドメイン管理メニューでは文書管理とドメイン設定を修正できます。

1. 文書をアップロード メニューをクリックすると文書アップロードページへ移動します。

2. 検索可能な文書数の確認 メニューをクリックすると現在の検索可能な文書数を確認できます。

3. 自動完成索引の更新 メニューをクリックすると変更されたセクション、索引と文書情報で索引を更新します。

4. ドメイン設定の修正はドメインメニューの情報修正ボタンと同じく作動します。

文書のアップロード

文書をアップロードでは文書ファイルをアップロードできます。

1. ファイルをアップロード または Object Storageからアップロード の中から方法を選択します。

  • ファイルをアップロードを選択した場合次へ移ります。

2. Object Storageからアップロードを選択した場合はリージョンを選択します。

3. バケットを選択して次へ進みます。

ファイルのアップロード

ファイルをアップロードでは小さいサイズの文書ファイルをアップロードできます。

1. アップロードするファイルをマウスで持ってくるか、四角をクリックしてアップロードするファイルを選択します。 JSON形式のファイルのみアップロードでき、ファイル内容は Indexer 文書にあるリクエスト形式と同じ方法で作成します。

2. ファイルを選択して アップロード ボタンをクリックすると文書ファイルがアップロードされます。

Object Storageからアップロード

Object Storageから最大100MBサイズの文書をアップロードできます。

1. アップロードするObjectを選択します。

2. アップロード ボタンをクリックすると選択したObjectにアップロードリクエストをします。

  • Objectアップロードの結果は通知で受けることができます。

索引設定 - セクション

セクションを追加できます。既存のセクションは削除できません。

1. 初期化 ボタンをクリックすると新たに入力したセクションを削除します。

2. 保存 ボタンをクリックすると自動完成対象と新たに入力したセクションを保存します。その後は削除できません。

索引設定 - 索引

索引を追加できます。既存の索引は削除できません。

1. ボタンをクリックすると新たに入力したセクションを削除します。

2. 保存 ボタンをクリックすると自動完成対象と新たに入力したセクションを保存します。その後は削除できません。

検索設定 - 検索テスト

検索テストでは簡単に検索クエリをテストできます。

1. 検索条件 ボックスをクリックして条件を設定します。

2. 検索語を入力して 検索 ボタンをクリックします。

3. 結果が表示されます。

4. 詳しくみる ボタンをクリックしてJSON 形式の結果値を確認できます。

5. 初期化 ボタンをクリックすると条件と検索語が初期化されます。

直接入力でテスト

検索クエリを直接入力してテストできます。

1. テストする検索クエリを作成します。クエリの作成はSearch Queryをご参照ください。

2. 検索クエリを作成して 検索 ボタンをクリックします。

3. 結果が表示されます。

4. 過去の履歴を呼び出す ボタンをクリックして以前検索したクエリを確認できます。

ランキング数式

文書荷重値と文書属性表現式でランキング変数を設定し、検索結果の整列オプションとして使用できます。

1. ランキングモジュールを選択します。

  • ドメイン生成の際に自動で生成された基本ランキング設定を確認します。
  • 基本ランキングに設定されたモジュールは削除できません。
  • ランキング変数を追加してドメインに最適なランキングモジュールを設定できます。

2. 結果画面から ランキング荷重値をみるを選択します。

3. 文書荷重値とランキング変数で計算された値を比較して整列オプションに指定します。

検索設定 - 自動完成

自動完成では検索語の自動完成を設定してテストできます。

1. 自動完成対象を設定 ボタンをクリックして対象セクションと対象索引を選択します。

2. 自動完成タイプを設定します。

3. テストする検索語を入力すると結果が表示されます。

検索設定 - ストップワード

ストップワードでは検索語から除外する単語のルールを作成できます。

1. 追加 ボタンをクリックするとルール情報ページへ移動します。

2. ルールを選択すると単語リストを確認できます。

3. ルールを選択して修正 ボタンをクリックするとルール情報ページへ移動します。

4. ルールを選択して 削除 ボタンをクリックするとルールが削除されます。

ルール情報

ルール情報ではルールを追加したり情報を修正できます。

1. ルール名を設定します。英文字、数字、下線(_)のみ入力できます。

  • 修正画面ではルール名を変更できません。

2. ルールタイプを設定します。

3. 大小文字を区別するか否かを設定します。

4. 単語を設定します。

5. 確認 ボタンをクリックするとルール情報が保存されます。

モニタリング

左側メニューの Cloud Search > Monitoringをクリックするとモニタリングページへ移動します。Monitoring データは最近3か月のみ照会でき、出力されるまで約5~10分の遅延が生じます。1分, 5分間隔で設定する場合は最大1週間の期間のみ設定できます。

1. Indexerリクエスト件数:当該時間にアップロードして索引をリクエストした件数を表示します。

2. 検索レスポンスサイズ:検索APIのレスポンスされたネットワークサイズを指します。

3. NAS 使用量:文書が保存されたNASの使用量を表します。

4. Memory使用量: コンテナのMemory 使用量を表します。

5. Reindex文書サイズ:索引の変更、セクションの変更が生じた際に、当該時点にあった文書のサイズを表します。

6. 自動完成の更新:当該時間の自動完成更新の件数を表します。

検索語分析

左側メニューのCloud Search > Query Analysisをクリックすると検索語分析ページへ移動します。地域別検索語データは検索の際にIP情報が提供されないと照会できません。

1. 検索語順位:当該期間の間に最も検索量が多かった順番を表します。

2. 上位検索語のトレンド:当該期間の間に検索量が多い検索語の推移を表します。

3. 地域別検索量:地域別に検索量の多かった順番を表します。

4. 地域別検索語:地域別に検索語の割合を表します。

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...