目次

[Auto Scalingを活用した主な特徴】(#auto-scalingを - 活用した - 主な - 特徴) [Auto Scaling Groupで設定と確認することができる項目](#auto-scaling-groupから - 設定 - と - 確認 - することができ - の - アイテム) [Auto Scaling GroupのScaling設定ポリシー](#auto-scaling-groupの-scaling-設定 - ポリシー) [Auto Scalingサービスの制限事項](#auto-scaling-サービス - 制限) *[Auto Scaling関連用語集](#auto-scaling-関連 - 用語 - まとめ)

Auto Scalingを活用した主な特徴

私のサーバーイメージ+ Init-Script

  • 私のサーバーイメージを使用した新規サーバーの作成をサポート
  • サーバーの作成後、サーバーの設定を自動化することができる初期設定スクリプト機能を提供

自分のサーバーの画像+ Init-Script(bootstrapping)+ Auto Scaling→ユーザーのOSイメージにアプリケーションのインストールやシステム設定の自動化

Load Balancer

  • Load Balancerにサーバーを投入/除外する手順をすべて自動化
  • Load Balancer Health-checkを利用したAuto Scaling Group内のサーバーの状態を確認

Auto Scaling Groupで設定と確認できる項目

  • Launch Configurationステータス:Auto Scaling Groupと現在設定されているLaunch Configurationを確認でき、Launch Configurationを変更することができます。
  • Scalingポリシー設定のステータス:監視イベントが発生すると、Scalingポリシーに基づいて、仮想サーバーを作成または返却することができます。 Scalingポリシーを設定することができ、増減変更/比変更/固定値の中から選択可能です。生成されたScalingについて修正、削除、実行が可能です。 (監視イベントの設定は、[詳細監視を有効にガイド](../../ management / cloudinsight / cloudinsight_console.md)の「Auto Scalingの監視」の内容を参照して、設定してください)
  • スケジュールのステータス:顧客が事前に指定した時間に仮想サーバーを作成または返却することができます。最小容量/最大容量/期待容量などScalingポリシーおよびスケジュールを設定することができます。生成されたスケジュールについて修正や削除も可能です。
  • 履歴確認:Auto Scaling実行履歴を詳細に確認することができます。
  • 通知設定:Auto Scalingを使用して、イベントの発生時に通知対象者と通知方法(メール/ SMS)を設定することができます。
  • サーバのリストを確認:Auto Scaling Groupに所属されたサーバーのリストを確認することができます。
  • プロセス管理:Auto Scaling Groupのプロセスの状態を確認し、変更することができます。一時停止と再開を行うことができます。

Auto Scaling GroupのScaling設定ポリシー

  • 増減変更:現在のグループのサイズに関係なく、指定されたサーバーの台数を直接追加または削除する方法です。
  • 比変更:現在のグループのサイズ比一定の割合(%)でサーバーを増減させる方法です
  • 固定値:グループのサイズを指定した値に固定させる方法です。

Auto Scalingサービスの制限事項

区分 説明
仕様およびサービス環境の制限 - 総ディスクサイズ150GB以下サーバーのみ
- Windows OSは、Windows 2012、2016のみをサポート
- 私のサーバーイメージの場合、元のサーバーの起動ディスクのサイズが50GBである場合のみサポート(100GBディスクには今後対応予定)
設定制限 - 顧客別の生成可能なAuto Scaling Groupの最大数:10
- 顧客別の生成可能なLaunch Configuration最大数:100
- Auto Scaling Groupごとに生成可能なスケジュール(Scheduled Action)の最大数:100
- Auto Scaling Groupごとに生成可能なScaling Policy最大数:10
- Auto Scaling Groupごとに発生可能な最大サーバ数:30代
- Auto Scaling Group当連結可能なLoad Balancer最大数:10

ネイバークラウドプラットフォームであるアカウントごとに作成することができる最大サーバ数の基本50代です。サーバー数の制限を調整するには、サポート>お問い合わせ にご連絡ください。

Auto Scaling関連用語集

用語 説明
Scale-in / Scale-out Auto Scaling Groupを作成して、顧客が設定したPolicyに基づいて使用している仮想サーバーの自動拡張(Scale-out)と自動縮小(Scale-in)するように提供しています。
Auto Scaling Group 複数のサーバーインスタンスをAuto Scaling Groupという1つのグループにまとめて配置されます。
Launch Configuration Auto Scaling Groupで仮想サーバーを起動設定するために使用するテンプレートです。 Auto Scaling Groupを作成するときは、Launch Configurationを指定する必要があります。
Auto Scaling Groupの最小容量/最大容量 Auto Scaling Groupの最小/最大サーバ数を指します。最小サーバー数の場合には、常にこの値と同じか、この値よりも大きいサーバーの数が維持されます。サーバーを一台も保有していないことができるようにする、0に設定します。
期待容量(Desired Capacity) サーバーの数は、期待容量値に応じて調整されます。この値は、最小容量以上、最大容量以下である必要があります。この値が指定されていない場合、初期に最小容量だけサーバーを作成します。
クールダウンデフォルト(秒)(Default Cooldown) Default Cooldown(秒)新しいサーバが作成されたとしても、Init-Script実行や更新プログラムのインストールなどの理由で実際のサービスを行うことができるほどに準備されるまでには時間がかかることがあります。クールダウン(Cooldown)時間と実際のScalingが実行しているか実行完了した後に監視イベントアラームが発生しても無視するように設定された期間です。
ヘルスチェック Auto Scaling Groupの仮想サーバーに周期的なチェックを実行して、状態が異常である仮想サーバーを識別するようにHealth Checkをします。
ヘルスチェックの保留期間 サーバーが生成され、「アクティブ」に変更されたが、サーバーの更新プログラムのインストールなどの作業によってヘルスチェックの上、応答できない場合が生じることがあります。このような場合、ヘルスチェックの保留期間を指定すると、その期間中はヘルスチェックに失敗してもサーバヘルスに異常があると判断していません。
ヘルスチェックのタイプ サーバーとLoad Balancerの両方の中から選択することができます。 Auto Scaling Groupの設定でLoad Balancerの名前を指定した場合には、ヘルスチェックのタイプもLoad Balancerに設定します。このような場合、Auto ScalingはLoad Balancerのヘルスチェック方式と基準に基づいてサーバーの状態を判断します。
返却方針 Auto Scalingの過程で追加されたサーバーのScale-inジョブについて、顧客がAPIクエリ形式で先に返却するサーバーを指定することができます。デフォルトの設定は、先に生成されたサーバーから返却します。
Policy Auto Scalingが起こる方法を定義しているが、これを「Policy」と定義しています。 Auto Scale-outが発生したとき、数台の仮想サーバーを増やすのか、逆にScale-inが発生したとき、数台の仮想サーバーを減らすかどうかを定義します。台数で定義することもできて、%として定義することもできます。

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...