Githubイベントトリガー(Github Event Trigger)を利用する

ご紹介

Cloud Functionsでは、ユーザーのコード管理と配布、イシューの処理のために、Githubでサポートするイベントをトリガーとして利用することができる機能を提供します。この機能は、コードの形式管理と配布、イシューの処理などを自動化するのに使えます。 例えば、Githubイベントをベースに自動的に追加されたコードをアップデートしたり配布作業を開始することができます。この機能をCIツールと連携すると、より多様な形態で活用することができます。

Githubイベントトリガーを作成する

Githubイベントトリガー(Github Event Trigger)は、Githubにユーザーの登録したイベントリストを登録し、そのイベントが起きるとトリガーを呼び出す機能です。現在対応する機能は、登録したリポジトリに対する色んなイベントを登録可能な形式でサポートしています。

トリガーを作る際、トリガータイプからGithubタイプを選択し、追加情報を入力すると、登録したリポジトリに対するイベントをトリガーを利用して処理することができます。そのとき、トリガー側に転送されるイベントの内容は、接続されたActionの方にランタイムパラメータ形式で転送されます。

Githubタイプトリガー作成の例

Githubイベントトリガーの実行オプション

Githubイベントトリガーは、Githubで対応する色んなイベントをトリガーとして転送されることができます。それぞれのイベントに関する詳しい説明は、Githubページで確認することができます。但し、全てのイベントに対応してはおりません。

Githubイベント定義の参照文書

Githubのユーザー名

Githubに登録されたユーザー名(Username)です。

Githubのアクセストークン

ユーザー認証のためのアクセストークンです。github > Settings > Developer settings > Personal access tokensメニューから発行が可能です。

  • そのトークンを発行する際は、利用しようとするイベントに応じて適切なOAuth権限を設定してください。

Githubのリポジトリ

イシューやコード、Git作業などに対するイベントをリクエストするリポジトリを指定します。リポジトリは、全アドレスを利用せず、グループ名とリポジトリ名をncpSampleOrganization/CloudFunctionsRepository`形式で入力します。

Githubイベントに関する追加情報

イベント種類及びレスポンス形式

関連情報へ

下のガイドから関連情報をご確認いただけます。

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...