Cloud Insightタイプトリガーを使用する

紹介

Cloud Insightは、NAVERクラウドプラットフォームが提供する商品の性能指標を統合管理するモニタリングサービスです。

Cloud Insightの監視対象及び監視項目/条件設定を通じて作られたイベントのアクションで、Cloud FunctionsのCloud Insightタイプトリガーを登録できます。

また、ユーザーは登録されたトリガーを通じて伝達されたイベント内容をCloud Functionsのアクションコードに伝達でき、様々な方法で応用できます。

Cloud Insightタイプトリガーを作成する

トリガーの種類の中から「Cloud Insight」を選択すると、Cloud Insightの接続情報を設定できます。

Cloud Insightタイプトリガーと接続するCloud InsightのEvent Ruleを選択して追加します。 一つ以上のEvent Ruleを接続ができ、その場合、それぞれのRuleによって発生したEventは同じトリガーを実行させます。

Cloud Insightタイプトリガーは、Cloud Insightコンソールでも作成・接続設定ができます。

Cloud InsightのEvent Ruleを作成する際に、アクション設定段階で「Cloud Functions > トリガー作成」を押して新しいCloud Insightタイプトリガーを作成したり、作成済みのトリガーを選択してCloud InsightとCloud Functionsを接続できます。

Cloud Insightタイプトリガー作成の例

Cloud Insightタイプトリガーの詳細情報

Cloud Insightタイプトリガーの詳細情報画面で選択されたトリガーと接続されたCloud InsightのEvent Rule情報を確認でき、[詳しく見る]ボタンを押すと当該Event Ruleの詳細画面に移動できます。

Cloud Insightタイプトリガーの詳細情報

Cloud Insightタイプトリガーに伝達されるEvent

Cloud Insightで作成したEvent RuleによってEventが発生すると、Event内容が以下の形式のように伝達されます。

Cloud Insightタイプトリガーに接続されたアクションコードでは、以下のEventをパラメータとして使用して様々な方法で応用できます。

< Event内容の例 >

{
  "ruleName":"123",
  "level":"INFO", 
  "instanceName":"test-123",
  "condition":"cpu_usrt_rto > 90",
  "value":"${current value}",
  "ruleId":1234,
  "alarmStartTime":1599186752071
}

関連情報に移動する

以下のガイドで関連情報を確認できます。

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...