システム制限

Cloud Functionsには、基本的に以下のようなシステム制限があります。

Betaであった実行制限は殆ど除外されており、現在は各Namespaceを基準に同時実行可能な数に対する制限のみが残っています。それは、無駄に多いリソースを利用することを制限し、性能を保障するために必要です。

レスポンスの結果として、Too many concurrent requests in flight()のような形式のレスポンスを受けると、管理者にお問い合わせいただければ、利用可能なconcurrent数を引き上げることができます。

アクション

Limit Unit Default Description
timeout milliseconds 60000 アクションの実行可能な最大時間、この時間を超過すると強制終了される
memory MB 256 アクションコンテナーに割り当てられるメモリサイズ
logs MB 1 アクションの出力可能なstdoutの最大サイズ
concurrent number 100 namespace別に同時実行可能なアクション数
codeSize MB 38 圧縮ファイルやcodeサイズは約38 MB
parameters MB 1 パラメータの最大サイズ
result MB 1 アクションの返還可能な結果の最大サイズ

timeout

アクションの実行可能な最大時間で、この時間より長く動作されるアクションは強制終了される。

  • 単位:ミリ秒
  • 基本値:60000(60秒)
  • 設定可能範囲:100~120000
  • アクション作成の際に設定可能

memory

アクションコンテナーに割り当てられるメモリサイズ。

  • 単位:MB
  • 基本値:256
  • 設定可能範囲:128~512
  • アクション作成の際に設定可能

logs(MB)

アクションの作成可能なstdoutの最大サイズ。この値より多くの量のログが出力されると、追加のログは捨てられ、最後の行に warningが追加される。

  • 単位:MB
  • 基本値:1

concurrent

namespace別に同時実行可能なアクション数。

  • 基本値:100
  • 特定の時点で同時に動作可能なアクションコンテナーの数
  • 多大な使用量が必要な場合には、お客様センターを通じて増加可能

codeSize (MB)

コードの最大サイズ。

  • 単位:MB
  • 固定値:38
  • ユーザーが修正不可
  • Base64 encodingの問題により、実際に対応可能なサイズは、現在38MB程度でアップロード可能。今後50MB以上に増やす計画。

parameters

アクションやトリガーに転送可能なパラメータの最大サイズ。

  • 単位:MB
  • 固定値:1
  • ユーザーが修正不可

result

アクションの返還可能な結果値の最大サイズ。

  • 単位:MB
  • 固定値:1
  • ユーザーが修正不可

アクションコンテナーのmax open files ulimit値

アクションコンテナーが開ける最大のファイル数(hard and soft limits)。docker runコマンドの実行時に--ulimit nofile=1024:1024に転送される。

アクションコンテナーのmax process ulimit値

アクションコンテナーが作れる最大のプロセス数。docker runコマンドの実行時に--pids-limit 1024に転送される。

関連情報へ

下のガイドから関連情報をご確認いただけます。

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...