Classic環境で利用できます。

サーバに接続する手順

サーバに接続する手順は、3段階で構成されます。

Linuxサーバへの接続

step

Windowsサーバへの接続

ポートフォワーディングとは?

  • NAVERクラウドプラットフォームで購入したサーバは、非グローバルIPが割り当てられます。ポートフォワーディングは、インターネットを介して非グローバルIPの割り当てられたサーバに接続するための機能を提供します。
  • サーバへの接続のためのグローバルIPは、お客様あたり1つが割り当てられ、直接設定した外部ポート番号でサーバを区分します。
  • 以下のように、外部ポート番号として1024と1025を設定する場合、ポート番号と繋がっているサーバを区分して接続することができます。

Linuxサーバへの接続

ポートフォワーディングの設定

① Linuxサーバに接続するためには、機能メニューから‘ポートフォワーディングの設定’を選択します。

② ポートフォワーディングの設定画面で外部ポート番号を設定します。外部ポートの入力範囲は1024~65,534として、サーバ接続のための機能以外のサービスの用途として使うことはできません。
(内部ポートは、Linuxサーバは22、Windowsサーバは3389に定められています。)

追加するをクリックすると、設定内容が下段に追加され、修正及び削除をクリックして設定内容を修正、削除することができます。

適用をクリックすると、設定した内容でターミナルソフト(Puttyなど)を用いてSSHに接続することができます。

ACGの設定

① ACGメニューから当該ACGを選択し、[ACGの設定]を通じて設定されたルールを確認します。

  • 接続しようとするサーバのACGにSSH('TCP/22')に対するルールが設定されていなければなりません。
  • ルールを追加するためには、プロトコル、アクセスソース、許容ポートを記載し、追加するをクリックします。

② 設定が完了すると、'詳細をみる'を通じて詳しい内容を、'ルールをみる'を通じて設定したルールを確認することができます。

管理者パスワードの確認

① 管理者パスワードの確認のためにサーバを選択し、マウスの右クリック又は‘サーバの管理及び設定の変更’から’管理者パスワードを確認する’を選択します。

② [Drop files here or click to upload]をクリックするか、ファイルをドラッグして構築の際にPCに保存した認証キーファイルを添付します。

③ 添付の後、パスワードを確認するをクリックすると、最初サーバに接続する際に使うパスワードを取得することができます。

  • サーバに接続した後、管理者の記憶できるパスワークに変更してお使いになることをお勧めいたします。

ターミナルソフトでサーバへ接続

① ターミナルソフト(Puttyなど)を起動します。

② サーバリストまたは’内容をみる’を通じて確認した‘サーバ接続用のグローバルIP’と‘外部ポート番号’を入力し、Openをクリックするとサーバに接続されます。

  • サーバ接続用のグローバルIPの確認:コンソル>サーバ>サーバリストからサーバを選択した後、内容をみるからポートフォワーディング情報の‘サーバ接続用のグローバルIP’
  • 外部ポート番号の確認:コンソル>サーバ>サーバリストからサーバを選択した後、内容をみるからポートフォワーディング情報の‘外部ポート’

  • ユーザー情報及びパスワードを入力してログインします。(login as: root / password:管理者パスワード)

  • 管理者パスワードを変更する場合、簡単すぎるパスワードに変更するとハッキングされる危険性があります。パスワードの文字数は、英文字、数字、特殊文字を組み合わせた最小8桁以上に設定し、直近使ったことのあるパスワードを再利用しないことをお勧めいたします。また、同じ英文字または数字は継続して3回以上使わないことをお勧めします。(例えば、aaa、111、bbb、qwe、asd、123)

Linuxでrootパスワードの変更は、以下の手順で行われます。

  • rootアカウントでログインします。
  • passwdコマンドを通じて変更を行います。

Windowsサーバへの接続

Windowsサーバへの接続のためのグローバルIPの設定及び管理者パスワードの取得方法は、Linuxポートフォワーディングの設定'ACGの設定'管理者パスワードの確認をご参照ください。

リモートデスクトップを用いたサーバの接続

  • Windowsサーバへの接続のためにリモートデスクトップを起動します。
    スタート→全てのプログラム→サブプログラム→リモートデスクトップへの接続
  • サーバリストまたは’内容をみる’を通じて確認した‘サーバ接続用のグローバルIP’を入力し、接続をクリックすると、サーバに接続されます。
    • グローバルIPの確認:NAVERクラウドプラットフォームのコンソール>サーバ>サーバリストの‘グローバルIP’又は下段の’内容をみる’の‘グローバルIP’

  • ‘ユーザー名’欄に‘Administrator’を入力し、パスワードは‘管理者パスワードを確認する’から取得したパスワードを入力すると、サーバに接続することができます。
  • サーバに接続した後、管理者の記憶できるパスワードに変更して使うことをお勧めいたします。

  • 正常にWindowsサーバに接続できていることを確認することができます。

Windows Server 2008でAdministratorのパスワードを変更する手順は、以下の通りです。

  1. スタート> コントロールパネルをクリックした後、ユーザーアカウントを2回クリックします。
  2. ユーザーアカウントを変更するからパスワードを変更するをクリックします。
  3. 現在のパスワードを入力します。
  4. 新しいパスワードに新しいパスワードを入力します。
  5. 新しいパスワードの確認にパスワードを再入力します。
  6. パスワードのヒントの入力にパスワードを思い出せるうえで役に立つ単語や文言を入力するか、空欄にしても結構です。
  7. パスワードを変更するをクリックします。

関連情報へ

下のガイドから関連情報をご確認いただけます。

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...