ご利用の前に

Q. Linuxサーバを構築した後、サーバに接続する方法を教えてください。

  • コンソールに接続した後、次の手順に沿ってLinuxサーバに接続します。

  1. 構築したサーバにポートフォワーディングを設定します。
  2. 認証キーを登録し、サーバの管理者パスワードを確認します。
  3. ターミナルプログラム(PuTTY)を利用し、サーバに接続します。

Q. ポートフォワーディングの設定後にサーバに接続ができない場合、以下のことをご確認ください。

  • コンソールからサーバのステータスが運用中になっているかを確認します。
  • 接続しようとするサーバのポートフォワーディングの設定を再度確認し、入力したサーバ接続用のグローバルIP及び外部ポートが正しいか確認します。
  • リモートデスクトップに入力したパスワードが管理者パスワードを確認する機能から確認したパスワードと一致するか確認します。
  • 接続を試行するコンピューターのネットワーク接続状況を確認します。

Linuxサーバへの接続

Step 1. ポートフォワーディングの設定

ポートフォワーディングを設定します。

① コンソール>サーバから接続しようとするサーバを選択し、[ポートフォワーディングを設定する]をクリックします。

② ポートフォワーディングを設定するサーバを選択します。

  • 構築したサーバがリストに表示されます。所望のサーバを選択してください。

③ 外部ポートとして1024~65534範囲の値を入力します。

  • 内部ポートは、22に定められています。

④ [追加する]をクリックします。

⑤ リストに反映されたポートフォワーディングの設定が正しいか確認します。

  • ポートフォワーディングの項目別に設定を修正したり削除することができます。

⑥ [適用する]をクリックすると、設定したポートフォワーディングの設定が反映されます。

⑦ Linuxサーバへの接続に必要なターミナルプログラム(PuTTY)をダウンロードします。

Step 2. サーバの管理者パスワードの確認

管理者パスワードを確認します。

① コンソールから接続しようとするサーバを選択し、[管理者パスワードを確認する]をクリックします。

② [ファイルを選択する]をクリックし、 サーバの構築の際に登録した認証キーファイルを添付します。

  • サーバの構築の際にダウンロードした認証キーファイルは、安全な位置に保存してください。

③ [パスワードを確認する]をクリックすると、添付のファイルからパスワードのインポートを行います。

④ サーバ名、管理者、パスワードを確認し、[確認]をクリックします。

Step 3. ターミナルプログラムの接続(PuTTY) – ポートフォワーディング設定で接続する場合

PuTTYに接続します。

お客様センターの資料室から[PuTTYをダウンロードする]をクリックするか、Download PuTTYにて直接ダウンロードします。

① Host Nameにサーバ接続用のグローバルIPを入力します。

② Portに外部ポート番号を入力します。

  • 管理コンソールからサーバの[内容をみる]をクリックすると、当該サーバに対する接続用のグローバルIPと外部ポート番号を確認することができます。

③ Connection Typeから[SSH]を選択します。

④ Openをクリックします。

ユーザ情報及びパスワードを入力してログインします。

  • passwordには、‘管理者パスワードを確認する’機能から取得したパスワードを入力します。
    • login as:root
    • password:管理者パスワード
    • サーバに最初ログインした後、記憶できるパスワードに変更することをお勧めいたします。

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...