ご利用の前に

Q. Windowsサーバを構築した後、どのようにサーバに接続しますか?

  • コンソールに接続した後、次のような手順でWindowsサーバに接続します。

step

  1. 構築したサーバにポートフォワーディングを設定します。(VPC 環境では、サーバに バロックIPを設定します。)
  2. サーバにACGを設定します。
  3. 認証キーを登録し、サーバの管理者パスワードを確認します。
  4. リモートデスクトップを接続し、サーバに接続します。

Q. サーバに接続ができない場合、以下のことをご確認ください。

  • コンソールからサーバの状況が運用中かを確認します。

  • 入力したサーバ接続用のグローバルIP及び外部ポートが正しいかを確認します。
  • サーバに設定したACGルールが正しく設定されているか確認します。
  • リモートデスクトップに入力したパスワードが管理者パスワードの確認から確認したパスワードと一致するか確認します。
  • 接続を試すコンピューターのネットワーク接続状況を確認します。.

Q. Windows 2003サーバに接続した後、‘ユーザーサーバの管理’メニューからアプリケーションサーバを選択し、構成要素をインストールしようとしましたが、一部のファイルが必要だとして、コピーするファイルの位置を指定せよというウィザードが表示されました。どうすればいいですか?

  • 現在C:\にフォルダーにインストールし、必要なファイルを保存してあるので、ファイルを選択すればいいです。
  • 2003サーバイメージには、c:\i386、c:\cmpnetnsディレクトリーに保存され、64 Bitはc:\amd64ディレクトリーに保存されます。

Q. Windowsサーバに接続した後、NAVER資料室からファイルをダウンロードしようとしましたが、ダウンロードができません。どうすればいいですか?

  • Windowsサーバのセキュリティポリシー(MS基本ポリシー)によって発生する現象です。Windowsサーバでは、セキュリティのためにIEのご使用をお控えください。しかし、お客様がWindowsサーババージョンでファイルのダウンロードをご希望の際には、IEセキュリティレベルを基本レベルに選択した後、NAVER資料室のActive Xをインストールすると、正常にダウンロードすることができます。

    1. IEを起動-->ツール-->インターネットオプション-->セキュリティタブの設定-->この領域に適用するセキュリティレベルで"基本レベル"を選択
    2. NAVERに接続-->NAVER資料室に接続-->ハングルビュアーを検索-->検索された資料をダウンロード-->NAVER資料室のActvie Xをインストール
    3. ダウンロードの再クリック-->正常にダウンロード

Windowsサーバへの接続

Step 1. ポートフォワーディングの設定

ポートフォワーディングを設定します。(VPC 環境では、サーバに バロックIPを設定します。)

① コンソール>サーバから接続しようとするサーバを選択し、ポートフォワーディングを設定するをクリックします。

② ポートフォワーディングを設定するサーバを選択します。

  • 構築したサーバがリストに表示されます。所望のサーバを選択してください。

③ 外部ポートとして1024~65534範囲の値を入力します。

  • 内部ポートは、3389に定められています。

追加するをクリックします。

⑤ リストに反映されたポートフォワーディングの設定が合っているかご確認ください。

  • ポートフォワーディングの項目別に設定を修正したり削除することができます。

適用をクリックすると、設定したポートフォワーディングの設定が反映されます。

Step 2. ACGの設定

サーバにACGを設定します。

接続しようとするサーバの ACGにRDP(‘TCP/3389’)に対するルールが設定されていなければなりません。

① ACGメニューから当該ACGを選択し、ACGを設定するをクリックします。

② プロトコル、アクセスソース、許容ポートを設定し、追加するをクリックします。

  • プロトコル:TCP
  • 許容ポート:3389

③ 設定が完了した後、ACG名コラムを選択するか、最右下の矢印をクリックすると、'詳細情報'を通じてACGの詳細内容を、'ルールをみる'を通じては設定したルールを確認することができます。

Step 3. サーバの管理者パスワードの確認

管理者パスワードを確認します。

① コンソールから接続しようとするサーバを選択し、管理者パスワードを確認するをクリックします。

ドラッグ&ドロップでファイルを移動するか、ここをクリックしてくださいをクリックすることで、サーバの構築の際に登録した認証キーファイルを添付します。

  • サーバの構築の際にダウンロードした認証キーファイルは、安全な位置に保存してください。

パスワードを確認するをクリックすると、添付のファイルからパスワードのインポートを行います。

④ サーバ名、管理者、パスワードを確認し、確認をクリックします。

Step 4. リモートデスクトップへの接続

リモートデスクトップに接続します。

リモートデスクトップに接続するためにはスタートから全てのプログラム>サブプログラム>リモートデスクトップへの接続を行います。

コンピューターにサーバ接続用のグローバルIPを入力します。

  • 管理コンソールのサーバテーブル又はサーバの詳細情報から、当該サーバに対するサーバ接続用のグローバルIPを確認することができます。

接続するをクリックします。

ユーザー情報及びパスワードを入力し、ログインします。

① ユーザ名:Administrator

② パスワード:管理者パスワード

  • 最初にサーバにログインした後、記憶できるパスワードに変更することをお勧めいたします。

Windowsサーバに接続する(一般ユーザー)

Step 1. 一般ユーザーの作成

一般ユーザーを作成します。

一般ユーザーを作成することができるメニューの移動します。

① スタート→② コントロールパネルを選択します。

ユーザーアカウントをダブルクリックします。

別のアカウントの管理を選択します。

新しいアカウントを作るを選択します。

⑥ 追加する一般ユーザーの名前を入力します。

アカウントを作るを選択します。

⑧ 作成完了した一般ユーザーを確認します。

Step 2. 一般ユーザーのパスワード設定

一般ユーザーのパスワードを設定します。

一般ユーザーのパスワードを変更します。

パスワードを変更するを選択します。

② 新しいパスワードを入力します。

  • 例) パスワード!@#

③ パスワードの変更が適用されます。

Step 3. 一般ユーザーのリモート接続の設定

一般ユーザーのリモート接続のための設定を追加します。

リモート設定メニューに移動します。

① スタート→② コントロールパネルを選択します。

システムをダブルクリックします。

④ 操作の リモート設定(R) を選択します。

ユーザー選択(S) を選択します。

リモートデスクトップユーザーを追加します。

追加(D) を選択します。

⑦ 作成された一般ユーザーの名前を入力します。

確認を選択し、入力されたユーザーを追加します。

追加されたリモートデスクトップユーザーを確認します。

確認を選択し、設定を適用します。

関連情報へ

下のガイドから関連情報をご確認いただけます。

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...