ご利用の前に

Q. ストレージスナップショットとは、何ですか?

  • まるでスナップ写真を撮るかのように、特定の時点のストレージのデータを保存し、保存されたデータが必要なときに、新しいディスクの形で復元できる機能です。ストレージスナップショットを利用すれば、いつでも保存された時点のデータを所望のサーバに復元することができます。

Q. ストレージスナップショットの利用方法を教えてください。

  • コンソールに接続した後、次の段階を通して簡単にストレージスナップショットを作成することができます。保存されたデータは、スナップショットに対するストレージの作成機能で簡単に所望のサーバに復元して活用することができます。
  • スナップショットは、Platform 2.0のみから提供される機能として、2.0環境のみで保存及び活用されます。データをPlatform 1.0から2.0に移行されるお客様に限ってお使いください。

  1. コンソールへの接続:NAVERクラウドプラットフォームから提供するコンソールに接続します。(Server >ストレージメニュー)
  2. ストレージスナップショットの作成:サーバに割り当てたストレージに対してスナップショットを作成します。(Server > ストレージメニュー > [スナップショットの作成-2.0専用]ボタン)
    • 原本のストレージ名とサイズを確認することができ、‘スナップショット’という名前を入力した後作成します。
    • その後、スナップションに関連する機能は、Platform 2.0に切り替えた後、コンソール > Server >スナップショットメニューから実行することができます。
  3. スナップショットに対するストレージの作成:作成したスナップショットに対してストレージを作ることができます。(Server > スナップショットメニュー > [ストレージの作成]ボタン)
    • ストレージ名を入力し、適用するサーバを選択することができます。
  4. データの確認:ストレージの作成された2.0サーバに接続し、保存されたデータを活用することができます。

ストレージスナップショットを作成する

Step 1. コンソールへの接続

コンソールに接続します。
Platform 1.0ユーザーの場合、スナップショットの作成のみが可能です。スナップショットの確認及び活用は、Platform 2.0に切り替えて利用します。

① ストレージに対してスナップショットを作成するためには、Server > ストレージメニューからストレージを1つ選択し、[スナップショットを作成する]をクリックします。

Step 2. スナップショットの作成

ストレージに対するスナップショットを作成します。

① スナップショットの作成ポップアップで選択したストレージ情報が正しいか確認し、スナップショット名を作成します。

② [作成する]をクリックします。

Step 3. スナップショットの確認

ストレージに対するスナップショットの作成が完了していることをリストから確認することができます。
Platform 2.0に切り替えた後、Platform 2.0のServer >スナップショットメニューから確認します。

① ストレージに対してスナップショットの作成が完了すると、スナップショットメニューから当該スナップショットが作成されていることを確認することができます。

スナップショットからストレージを作成する

Step 1. スナップショットでストレージの作成

スナップショットに対するストレージを作成することができます。
Platform 2.0のServer > スナップショットで作成します。

① スナップショットに対してストレージを作成するためには、Server > スナップショットメニューからスナップショットを1つ選択し、[ストレージを作成する]をクリックします。

Step 2. ストレージの作成

スナップショットに対するストレージを作成します。

① ストレージの作成ポップアップで選択したスナップショット情報が正しいか確認し、ストレージ名の作成及び当該ストレージを適用するサーバを選択します。

② [作成する]をクリックします。

Step 3. ストレージの確認

スナップショットに対するストレージの割り当てが完了していることをリストから確認することができます。
Platform 2.0のServer >ストレージメニューから確認します。

① スナップショットに対してストレージの作成が完了すると、ストレージメニューから当該ストレージが作成されていることを確認することができます。

Step 4. データの確認

CentOS、Ubuntu

ストレージの作成されたサーバに接続し、保存されたデータを活用することができます。
Platform 2.0のServerに接続して確認します。

① サーバ aに接続し、接続されたストレージをマウントポイント作成した後、マウントします。マウント内容を確認します。コンソールからサーバ aのスナップショットからストレージを作り、サーバ bに接続します。

② サーバ bに接続してマウントを実行します。マウントの際、スナップショットは、データを復元するものであるため、ディスクのパーティション、ストレージのフォーマット作業は省略します。

③ サーバ bに接続し、サーバ aのスナップショットからストレージデータがコピーされているか確認することができます。

Windows

ストレージの作成されたサーバに接続し、保存されたデータを活用することができます。
Platform 2.0のServerに接続して確認します。

① サーバ aに接続し、接続されたストレージをボリュームに登録します。
[スタート]-管理ツール-コンピューター管理-ディスク管理にて、ディスクの初期化、ボリューム作成のウィザード、フォーマット及び確認作業を行います。
コンソールからサーバ aのスナップショットからストレージを作成し、サーバ bに接続します。

② サーバ bに接続してボリューム登録を行います。ボリュームの登録の際、スナップショットは、データを復元するものであるため、ディスクの初期化、ストレージのフォーマット作業は省略します。

③ サーバ bに接続し、サーバ aのスナップショットからストレージデータがコピーされているか確認することができます。

スナップショットを削除する

スナップショットを削除します。
Platform 2.0のServer >スナップショットメニューから削除します。

① 削除するスナップショットを選択し、[スナップショットを削除する]をクリックします。

② 削除するスナップショット情報を確認し、[はい]をクリックします。


スナップショットからストレージを作成した後のブートエラーの防止ガイド

ブート用に使用されていたベーシックストレージに対するスナップショットを利用して、ストレージを作成してサーバに追加する場合、Linux(CentOS、Ubuntu) サーバが追加のストレージをブート用のストレージに誤認する現象が発生します。次のガイドをご参考に、誤ってブートされないように設定します。(ちなみに、Windowsサーバは該当しません。)

Why?

Linux サーバは、boot parameterにブートするためのディスクを定められた識別子に指定します。しかし、OSバージョンが同じである場合(通常、ディスク識別子が同一)、同じ識別子をもつストレージが2つ以上存在することがあります。このような場合、元々のブートストレージを追加のストレージに、スナップショットから追加されたストレージをブートストレージに誤って認識することがあります。

よって、サーバが停止状態で、同じOSバージョンのベーシックストレージから作られたスナップショットからストレージを作成してサーバに追加した後、ブートを行うと追加のストレージにブートすることができます。

ストレージの追加後、サーバをリブートする際、ブートエラーが発生することを防止するためには、追加のストレージの識別子を変更してブートの際に混同を招かないようにする必要があります。

CentOS 5.xは、ストレージをラベル(LABEL)として識別し、CentOS 6.x以上とUbuntu 12.x以上はストレージをUUIDとして識別します。

元々ベーシックストレージだったスナップショットから追加のストレージを作成し、Linux サーバに2番目のストレージとして貼り付けた後、root権限で‘blkid’というコマンドを実行すると、次のように、各ストレージの装置ファイル名とともにラベル(LABEL)とUUIDとが表示されますが、以下のように、2ストレージは全てにおいて同様です。

# blkid
/dev/xvda1: LABEL="/" UUID="1cc4eb96-42c4-446b-8b1a-154a15012677" TYPE="ext3" SEC_TYPE="ext2"
/dev/xvdb1: LABEL="/" UUID="1cc4eb96-42c4-446b-8b1a-154a15012677" SEC_TYPE="ext2" TYPE="ext3"
  • 次のように設定し、追加のストレージからブートされることを防止することができます。 但し、ベーシックストレージだったスナップショットから追加のストレージを作成し、Linux サーバに貼り付ける際は、運用中の状態である必要があります。

  • CentOS 5.xは、以下のようなコマンドで追加のストレージにベーシックストレージのラベル(LABEL)と異なるラベルを貼り付けます。(root権限が必要)
    通常、ベーシックストレージのラベルは‘/’であるため、それ以外のラベルを貼り付けます。

    
    
    

    tune2fs -L

    
      例)
    

    tune2fs -L /additional /dev/xvdb1

    ```

  • CentOS 6.x、Ubuntu 12.x、Ubuntu 14.xは、以下のようなコマンドで、追加ストレージUUIDをベーシックストレージUUIDとは異なるものに変更します。(root権限が必要)
    UUIDは、‘uuidgen’というコマンドを用いて新しく作成することができます。

    # tune2fs –U <UUID> /dev/xvdb1
    

    例)

    # tune2fs -U b4545678-01f8-407a-ab74-e59b5c98069a /dev/xvdb1
    
  • CentOS 7.xは、ブートパーティションが‘/dev/xvda1’ではなく、‘/dev/xvda3’であるため、、それを追加のストレージに貼り付けると、‘/dev/xvdb3’のように表示されます。即ち、Linux OSと違って、パーティション番号を意味する装置ファイル名の最後の数字が1ではなく、3になります。そのため、以下のようにコマンドを実行する必要があります。

    # tune2fs -U <UUID> /dev/xvdb3
    

設定の際に、いくつかの注意事項及び参考事項をご案内いたします。
  1. 追加のストレージが貼り付けられた順で装置ファイル名が変更されますので、注意が必要です。
    装置ファイル名は、貼り付けられた順でxvda、xvdb、xvdcのように、最後の文字がアルファベット順で変更されて名付けれられます。

  2. /dev/xvdaは、従来のストレージ装置ファイル名であるため、誤ってその装置ファイルのラベルやUUIDを変えないように注意が必要です。
    二度とブートができないことがあります。

  3. GRUBの設定ファイルにあるBoot parameterのうちの1つである‘root’の値を‘/dev/xvda1’のように、ベーシックストレージに該当する装置ファイ名と名付けてもいいです。

    ```

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...