本文書は機械翻訳された文書で、語彙、構文、文法に誤りが生じます。 専門家の翻訳が完了したら修正される予定です。

気になる点は、お問い合わせでお問い合わせください。

便利なサービスの提供に最善を尽くします。

Container Registry API 参照書ショートカット>>
Container Registry説明書のショートカット >>

使う前に

Q. Container Registryとは何ですか?

  • ネイバークラウドプラットフォームのContainer RegistryはDocker Registry v2スペックのプライベートDockerコンテナイメージストレージで、Dockerコンテナのイメージを簡単に保存、管理および配布できるように助けてくれます。 開発者は自らのコンテナレジストリ構築とインフラの悩みを減らすことができ、これによりコンテナ開発を簡素化することができます。

Q. CLI環境でContainer Registryにどのようにログインできますか?

  • NAVERクラウドプラットフォームのコンソールのContainer Registry商品メニューから作成したレジストリリストをご確認いただけます。 ログインしたいレジストリを選択すると、ログインするためのコマンドを確認することができます。
  • レジストリにログインのために使用するIDとパスワードは、認証キー(Authentication Key)を使用します。 認証キーは、ポータル > マイページ > アカウント管理 > 認証キー管理で確認することができます。 IDにAccess Key ID、パスワードにSecret Keyを使用してください。
  • Sub Accountのための認証キーは、サブアカウントのアクセスタイプ(Access Type)にAPI Gateway Accessが有効になっている場合、サブアカウント詳細から確認することができます。
  • API Gateway Accessを持つサブアカウントは、ポータル > マイページ > アカウント管理 > 認証キー管理でもそのサブアカウント認証キーを確認できます。

Q. Container Registryに対してサブアカウントに対する権限を付与することはできますか?

  • NAVERクラウドプラットフォームのSubAccountのPoliciesでレジストリに対する権限を与えることができます。
  • マネージャ(NCP_CONTAINER_REGISTRY_MANAGER)とビューアー(NCP_CONTAINER_REGISTRY_VIEWER)権限があり、マネージャはDockerコンテナ画像に対するPush、Pull権限を持ち、ビューアーはPull権限のみを持ちます。
  • マネージャは、この他にもレジストリ作成、削除と画像の削除、およびメタデータの修正権限を持ちます。

Q. Container Registryにアップロードした画像についてメモを入力できますか?

  • Container Registryは、Short descriptionとFull Descriptionの2形態にアップロードした画像に対する、メモを入力できます。
  • Short Descriptionは100字以内の簡単なメモを入力することができます。
  • Full DescriptionはMarkdown様式に対応し、これによってより豊富にイメージに対するメタデータを記述できます。

Q. Container Registryの料金はどうなりますか?

  • Container Registryに対する別途の管理費用は請求せず、レジストリと連動したObject Storageの使用量に対する費用が課金されます。 Object Storageに保存されたデータ量、APIリクエスト数、ネットワーク送信料金が使用量に応じた費用だけお支払いください。

Q. Container Registryに連動したObject Storageのバケットの内容を修正してもいいですか?

  • Container Registryは、Object Storageと連動してプライベートDocker Containerイメージに対するPush、Pull機能を提供します。 Object Storageバケットの内容を修正したり削除したりする場合、正常動作を提供できませんので注意が必要です。

Q. Private Endpoint とは何ですか?

  • Private Endpointは、NAVER CLOUD PLATFORMのネットワーク内でのみ使用できるContainer Registryエンドポイントです。 これを使用すると、すべてのネットワークトラフィックがNAVER CLOUD PLATFORMのネットワークに制限されるため、セキュリティを向上させることができます。
  • パブリックエンドポイント(Public Endpoint)をVPC環境の仮想サーバーインスタンス(Virtual Machine, VM)内からアクセスするためには、外部向きのインターネット構成が必要となります。 当該構成には、NAT GatewayとPublic Subnetの場合、Public IPと同じリソースが必要となり、追加料金がかかることがあります。 プライベートエンドポイント(Private Endpoint)を使用する場合、このようなリソースなしにVPC内でContainer Registryを利用することができます。

Container Registry

ネイバークラウドプラットフォームのContainer RegistryはDocker Registry v2スペックを互換するレジストリホスティングサーバを提供します。 Dockerコンテナ画像は、Object Storageと連動して保存されます。 Container Registryに対する別途の管理費用は請求されず、Object Storageに保存されたデータ量、APIリクエスト数、ネットワーク転送料金が使用量によって別途賦課されます。

提供機能

ダッシュボード

生成したレジストリおよびレジストリにPushしたコンテナ画像をダッシュボードで確認できます。 アップロードした画像に対するメタデータであるDescriptionを作成して、画像を管理することができます。

コンテナレジストリ管理

Sub Accountと連動して、アカウント別にPush/Pull権限制御が可能です。

  • マネージャー(ChangeView)権限:Container RegistryでDockerコンテナ画像をアップロード(Push)とダウンロード(Pull)権限
  • ビューア(View)権限:コンテナ画像ダウンロード(Pull)権限

マネージャー権限は、この他にもレジストリの削除およびイメージの削除が可能です。

Docker Registry v2スペック提供

Container RegistryはDocker Registry v2スペックと互換されます。 CLI環境で従来使用されていた親しみやすいコマンドをそのまま利用できます。

コンテナの画像をクラウドに保管

アップロードしたプライベートDockerコンテナ画像は、NAVERクラウドプラットフォームのObjectStorageに保存されます。 開発者はイメージ保存のためのインフラについて悩まずに、コンテナ開発に集中できます。

関連情報のショートカット

以下のガイドで関連情報が確認できます。

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...