MariaDB インストール型サービスのご紹介

NAVERクラウドMariaDBインストール型サービスの概念と基本構造を説明します。

MariaDBは、MySQLと同一のソースコードをベースにしたオープンソース関係型のデータベース(RDBMS)であるMariaDBを利用しています。

MariaDB

MariaDBは、MySQL開発者が作った、世界で広く使われている関係型データベースです。 MariaDBはストレージエンジン、プロログインおよびその他の様々なツールを提供し、迅速かつ拡張可能な構造になっているため、様々な用途に使用できます。

インストール型サービス

ネイバークラウドがサポートするMariaDBインストール型サービスの場合、DBインストールについて円滑な運営標準を提示する環境ファイルを提供します。 これに関連し、DBのインストール以外の部分については、技術サポートを行っておりません。

RPM/APT

MariaDBのインストール方法には、Source Compileのインストール方法、RPM/APTのインストール方法、Binaryのインストール方法があり、NAVERクラウドでは、Normal Install方法であるRPM(APT)のインストールイメージを提供します。 RPM(APT)で使用する.repoファイルは、MariaDBで公式的に提供するファイルを使用してインストールを進め、Repoで提供するLatest Versionを基本として、サーバイメージに含めて提供します。

RPM Install

CentOS 7.x with MariaDBで使用するRPMインストールされるパッケージです。

APT Install

Ubuntu 16.X with MariaDBで使用するAPTにインストールされるパッケージです。

Recommanded Parameters

NAVERクラウド内のMariaDBインストール型イメージから標準化され、Recommanded Parameterは以下のように構成されます。

  • innodb_file_per_table
  • innodb_log_file_size = 512M
  • innodb_log_files_in_group = 2
  • default_storage_engine=InnoDB
  • query_cache_type = ON
  • query_cache_size = 0M
  • sysdate-is-now
innodb_file_per_table

テーブルスペースとして使用する場合、テーブルDrop時、既に増えた物理的な大きさは小さくならないので、テーブルを削除する際、物理サイズを確保するためにオプションを使用します。

Innodb_log_file_size / innodb_log_files_in_group

Heavy Trafficを入ってくる場合、CheckPointのためのボトルネック現象を防止するためにinnodb_log_file_sizeオプションを増やして設定します。
当該Variablesを調整するためには、DB Restartが必要です。

default_storage_engine

Online-DDLおよびTransctionの使用が可能なInnoDBに標準指定します。

query_cache_type / query_cache_size

DB起動後、query_cacheを使用者が動的にON/OFFできるようにON/0に設定します。 以後サービス状況に合わせて調整します。

sysdate-is-now

sysdateを使用する場合、Replication構成でMaster-Slave間のデータ処理時間が異なる場合、Time Typeデータが異なることがあり、sysdateの場合、自動的にnowをreplaceしてくれます。

MariaDB インストール型サービスの管理

MariaDBインストール型サービスに関する管理方法を説明します。

MariaDB イメージサーバー作成

MariaDBがインストールされたインスタンスサーバーを作成すると、下記のようにNAVERクラウドに標準化されたmy.cnfの環境を持つMariaDB DaemonがStartupされて作成された後、Daemon起動まで完了してから提供されます。

my.cnf

my.cnfのParameter説明は以下の通りです。

属性 説明
expire_logs_days = 7 log-binに設定されたログサイズが大きくなることを防止するため、7日間保存するようにします。
innodb_file_per_table テーブルスペースとして使用する場合、テーブルDrop時すでに増えた物理の大きさは縮まらないので、テーブル削除先の物理サイズ確保のためにオプションを使用します。
innodb_log_file_size Heavy Trafficを入ってくる場合、CheckPointのためのボトルネックを防止するためにinnodb_log_file_sizeオプションを増やして設定します。
Variablesを調整するためにはDB Restartが必要となる。
iinnodb_log_files_in_group iinnodb_log_files_in_groupinnodb_log_fileの個数を指定します。 Rotationを向けて2つ以上を勧告します。
default_storage_engine Online-DDLおよびTransction使用が可能なInnoDBに標準指定します。
query_cache_type

query_cache_size
DB起動後query_cacheを使用者が動的にON/OFFできるようにON/0に設定します。 以後サービス状況に合わせて調整します。
sysdate-is-now sysdateを使用する場合、Replication構成でMaster-Slave間のデータ処理時間が異なる場合、Time Typeデータが異なることがあり、sysdateの場合、自動的にnowをreplaceしてくれます。

MariaDBがインストールされたディレクトリは以下の通りです。

属性 説明
DATADIR /var/lib/mysql/
SLOW_LOG /var/lib/mysql/*slow.log
my.cnf /etc/my.cnf - CentOS
/etc/mysql/my.cnf - Ubuntu.
  • MariaDBのError Logは、デフォルト値であるemptyで提供されます。 設定が必要な場合は、my.cnfで下記のように追加した後、MariaDB daemonを再起動してください。
    log_error=mysqld.err

サーバ作成手順

MariaDB サーバー作成過程は以下の通りです。

www.ncloud.com 接続およびLogin

① 右上段のコンソールを選択し コンソールに接続します。

② コンソール画面でサーバー作成の選択をします。

サーバー作成

Step 1. サーバーイメージ選択

① OS Versionに該当するMariaDB Versionをチェックした後、下段の次のボタンを押します。

Step 2. サーバ設定

① 下記のようにサーバータイプとご希望の料金プランを選択します。

Step 3. .認証キー設定

① ユーザの認証キーを選択します。

Step 4. ファイアウォール設定

① 保有しているACGを選択するか新規に作成します。

Step 5. 最終確認

① 選択した内容を確認した後、MariaDBがインストールされたサーバーを作成します。

サーバー接続設定及び確認

ポートフォワーディング設定

① サーバー作成後、上段の [ポートフォワーディング設定] ボタンを選択します。

① 下画面のポートフォワーディング設定でssh接続のための外部ポートを登録します。

② 外部ポートの登録後、[追加] を選択します。

③ [適用]をクリックします。

管理者のパスワードを確認

① ポートフォワーディングの設定後、上段の [サーバー管理および設定変更] ボタンを選択します。

② 以降、ポップアップメニューに [管理者パスワードの確認] を選択します。

③ 管理者パスワードの確認ウィンドウで、[ファイル選択]で認証キーファイルを選択します。

④ [パスワードの確認] ボタンをクリックします。

⑤ その後、画面に表示されたパスワードを認知します。

ターミナルからのサーバー接続

ターミナルプログラムを使って下記に接続します。

  • PORT : ターミナルプログラムを使って下記に接続します。
  • 公認IP : ポートフォワーディング画面に案内されたサーバー接続用公認IP
  • 管理者暗証番号に出力されたパスワード(初期パスワードは必ず変更します。)
ssh -p [PORT] root@[公認IP]

サーバイメージの作成以降

  1. サーバー作成後、すぐに利用しない場合、セキュリティリスクを避けるために、MariaDB DaemonをShutDownです。

  2. 作成されたMariaDBの場合には、パスワードが設定されなかったために必ずパスワード設定をします。

MariaDB 起動/停止およびアクセス手順

  • MariaDB Daemon起動および停止は、以下のようなコマンドで実行します。

    • CentOS
      shell> /sbin/service mysqld start
      shell> /sbin/service mysqld stop
      
    • Ubuntu
      Shell> /usr/sbin/service mysql start
      Shell> /usr/sbin/service mysql stop
      
  • MariaDB Daemon駆動の有無は、以下のようなコマンドで確認します。

    Shell> ps -ef | grep mysqld
    
    • 結果: MySQLd / mysqldプロセスが見えなければなりません。
  • NAVERクラウドで作成したMySQLは、下記コマンドでアクセスします。

    Shell> mysql -uroot
    
  • MariaDB Passwordポリシーによって初期パスワードは指定されません。

  • root Passwordの場合設定しませんので、セキュリティ侵害防止のため最初の接続時には必ずパスワードを変更します。

  • rootパスワードは以下のコマンドを使用して変更します。

    mysql> set password=password('パスワード');
    
  • 推奨するパスワードの基本ポリシーは以下の通りです。
    • 最小長さは8文字以上
    • 特殊文字1つ以上
    • 数字1つ以上
    • 大文字・小文字組合1つ以上

MariaDB MariaDBのイメージサーバーを返却

NAVERクラウドでMariaDBが作成されたサーバーの返却に際しては、以下のような手続きを経て返却することを推奨します。

  1. MariaDBで保存したデータバックアップ

    • バックアップされたデータの場合Download以降、別途保管
  2. MariaDB Daemon 停止

  3. MariaDB保存されたData Directoryの削除

    • 例: rm ‐rf /var/lib/mysql
  4. NAVERクラウドコンソールで[停止]->[返却]順に選択して返上を進行します。

MariaDB 外部接続を許可

UbuntuでMariaDBを使用する場合は、Default ParameterによってLocalhostでのみアクセスできます。
外部接続が可能なように、以下のような例でガイドします。

  1. MariaDB DB 接続

  2. アカウントの権限付与

    例: GRANT ALL PRIVILEGES ON *.* to 'アカウント名'@'%' IDENTIFIED BY 'パスワード';

  3. 環境ファイル修正

    例: sudo vi /etc/mysql/mysql.conf.d/mysqld.cnf

  4. bind-address 注釈処理

  5. MariaDB 再スタート

関連情報リンク

下記のガイドで関連情報を確認することができます。

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...