Cloud DB API 参照書リンク >>
Cloud DB for Redis 説明書リンク >>

使う前に

Q. Cloud DB for Redisはどのような商品ですか。

  • Cloud DB for Redisは Redisキャッシュを いくつかの設定とクリックだけで簡単に構築し、NAVERの最適化設定により安定的に運営し、障害が発生すると自動復元する完全管理型クラウドキャッシュサービスです。
  • 「Cloud DB for Redis」はデータベース、キャッシュ、メッセージブローカーとして使われるオープンソースメモリデータ構造保存所であるRedisを利用しています。
  • Cloud DB for RedisはキャッシュDBであるため、データの完全性を保障するものではありません。 重要なデータは別途保存されることをおすすめします。

Q. Redis キャッシュサーバーを作成する前にあらかじめ準備しなければならないものがありますか。

  • Cloud DB for Redisは、現在NAVERクラウドプラットフォーム内部からのみアクセスが可能なので、DBサーバーにアクセスするアプリケーションサーバーはNAVERクラウドプラットフォーム内部にある必要があります。
  • Redisキャッシュはインメモリキャッシュサービスでキャッシュに保存されるデータのサイズを予測することが非常に重要です。 データのサイズが作成したRedisキャッシュサーバーのメモリサイズを超過する場合、これ以上保存することはできませんので、適切なメモリサイズを予測して作成しなければなりません。

Q. Redis キャッシュサーバーで作成できるサーバータイプにはどんなものがありますか。

  • Cloud DB for Redis商品はHA(高可用性)の提供可否が選択できます。HAを選択しない場合、1台のサーバー、つまりstandaloneで構成されて、HAを選択する場合、Active MasterサーバとStandby Masterサーバー2台で構成されます。
  • Cloud DB for Redis商品はRedisの特性を反映して、最も最適の性能が出せる4 vCPUで統一されていて、様々なタイプのサーバーを使用者のサービス規模に合わせて選択して使用することができます。 追加のメモリスペースが必要な場合、サービス中、1回再起動するだけでより大きなメモリサイズに変更することができます。

Q. Redis サーバー作成手続きはどうなりますか。

  • コンソールに接続した後、次のステップで簡単にRedisサーバーを作成することができます。

database-8-1-101

  1. コンソール接続:NAVERクラウドプラットフォームで提供するコンソールに接続します。
  2. サーバ及びRedis設定:Redisサーバタイプ、Redisサーバ名、HA及びバックアップ可否などを定めます。
  3. 最終確認:サーバータイプなどのサーバー設定情報やRedis設定情報、バックアップ情報などユーザーが選択した情報を最終確認し、Redisサーバーを作成します。

Q. Redis サーバースペックを変更するのに制約がありますか。

  • Redisサーバのスペックは同じタイプ内のみ変更が可能です。
  • インメモリ特性上、より大きなキャッシュメモリサイズタイプでのみスペック変更が可能です。
  • 高可用性を選択してActive、Standby 2台のサーバで構成された場合、すべて同一のサーバスペックに変更されます。
  • 高可用性(HA)の商品を選択し、Failover進行時最大3分かかる場合があるという点参考してください。
  • Cloud DB for Redis商品は、スペックを変更するとサーバを再起動するため、これに伴うサービスの影響がある場合があります。
  • スペック変更時、メモリにあるデータをディスクに保存するため、データの連続性を保障します。 (スペックの変更作業が完了したら、dbsizeコマンドでデータの確認をお勧めします。)

Q. Redis コマンドの制約がありますか。

  • 円滑なCloud DB for Redisサービス運営のため、下記のコマンドは使用できません。
    一部のコマンドに対しては、APIをサポートする予定です。
    • BGREWIRTEAOF
    • BGSAVE
    • SAVE
    • SLAVEOF
    • FLUSHALL
    • FLUSHDB
    • CONFIG
    • KEYS
    • MIGRATE
    • SHUTDOWN

Q. Secure Zoneとはなんですか?

  • Secure Zoneは顧客の重要な情報資源をより安全に管理できるセキュリティサービスです。
  • 情報通信網法など関連法律対応のためのインフラおよびネットワーク構成を提供し、Cloud DB for Redis商品をSecure Zoneに作成して情報を安全に管理することができます。
  • Secure Zoneに作成されたCloud DB for Redisサーバーの接続ログは、Secure Zone > Secure Zone Firewall > Logで確認することができます。
  • Fail-overされた場合にはDestination IPで検索ができないので、検索条件を削除してから検索する必要があります。
  • Secure Zone関連した詳細内容は、Secure Zoneユーザーガイドをご参考ください。
  • Secure Zoneに作成されたCloud DB for Redisサーバーにアクセスするためには、Policyの追加作業が必要です。

database-8-1-106

① Source IP

  • アクセスしたいSourceサーバーを確認してから選択します。

② Destination IP

  • Destination となる Cloud DB for Redis サーバーを選択します。

③ 保存

  • 選択された情報で間違いないか確認した後、保存します。

Redis サーバ作成

Classic

Classic環境で利用できます。

Step 1. コンソール接続

コンソールに接続します。

database-8-1-102

① 作成したRedis サーバーがないため、次のような文言が表示されます。

  • 現在作成されたRedis Serverがありません。
    Redis Server作成ボタンをクリックして、新しいRedis Serverを作成してください。

② Redis サーバーを作成するには、Redis サーバーの作成をクリックします。

Step 2. サーバーおよびRedisの設定

Redis Serverを設定します。

database-8-1-103

① Secure Zoneを使用するかどうかを選択します。

  • Cloud DB for Redisは、セキュリティ強化商品Secure Zoneを提供します。
  • Secure ZoneはKR-2 Zoneだけで作成可能であり、Secure Zone商品の契約が必要です。

② ご希望のRedis サーバータイプを選択します。

  • StandardとHigh Memory 2つのサーバタイプを提供し、ユーザサービス規模に合わせて商品を選択することができます。
  • サーバのスペック変更作業は同一のサーバタイプ内のみ変更可能です。
  • さらに詳細な説明は、本文書において 「使う前に」のサーバータイプに関する案内をご参考ください。

③ Redis サーバー名を入力します。

  • Redis Serverの名前は顧客がRedisサーバーを区分するための名称であり、ユーザが入力した名前の後ろに001、002のように数字をつけてサーバーを区分することになります。
  • 例えば、Redisサーバー名をmyredisと入力すると、作成されるredisサーバー名はmyredis-001に作成されます。

④ Redisサービス名を入力します。

  • Redisサービス名は役割別のRedisサーバーを区分するための名前です。
  • 例えば、「ランキング用Redis」「ゲームユーザーRedis」といったように、Redisサービスの役割を使い分けるために使用します。

⑤ Redis 接続ポート

  • Redisの基本接続ポートを使用したり、1000~20000度の間のポートを指定します。 一度指定したポート番号は変更できません。

⑥ 高可用性のサポート有無を選択

  • 障害時、自動Fail-overをサポートするかどうかを選択します。 高可用性サポートを選択する場合、基本的にActive Master サーバー、Standby Master サーバーの2つのサーバーが作成されます。
  • 高可用性を選択する場合、少なくとも1日のバックアップが基本選択されます。

⑦ バックアップするかどうかを設定します。

  • 高可用性を選択した場合、少なくとも1日1会議バックアップが必要であり、高可用性サポートがない場合には、バックアップするかどうかをユーザーが選択することができます。
  • 仕事1回自動的にバックアップが実行されます。 バックアップ時間を自動に設定する場合、システムが選択した時間に自動バックアップが進められ、ユーザー定義で設定し、ユーザーの希望するバックアップ時間を選択することができます。

Step 3. 最終確認

設定した内容を最終確認します。

database-8-1-104

① Redis サーバータイプ、サーバー名およびサービス名、高可用性サポートの有無などが正常に設定されているかを確認します。

② バックアップ情報を確認します。

VPC

VPC環境で利用できます。

Step 1. コンソールにアクセス

コンソールにアクセスします。

database-8-1-107.png

① 作成したRedisサーバがないため、以下のような文言が表示されます。

  • 現在作成されたRedis Clusterがありません。
    Redis Server作成ボタンをクリックして新しいRedis Clusterを作成してください。

② Redisサーバを作成するには、Redis Cluster作成をクリックします。

Step 2. サーバ及びRedis設定

Redis Serverを設定します。

database-8-1-107.png

[Redis Simple]を選択します。

① VPCを選択します。

② 選択したVPCにアクセスする際に利用するSubnetを選択します。VPCを選択すると、当該VPCに作成されたSubnetリストを確認できます

  • Cloud DB商品はPrivate Subnetでのみ作成できます。

③ Redis ServerタイプとノードごとMemoryを選択します。

  • node別のメモリ設定です。
  • 合計利用可能メモリはMaster nodeのメモリ総合と同じです。

④ Config Groupを選択します。

  • Config Group設定はCloud DB for Redis (on VPC) --> Config Groupで追加/変更/削除できます。
  • 詳細については、Config使用ガイド(on VPC)を参考にしてください。

⑤ Redisサーバ名を入力します。

  • Redis Server名はお客様がRedisサーバを区分するための名称であり、ユーザーが入力した名前の後ろに001、002のように数字を付けてサーバを区分します。
  • 例えば、Redisサーバ名をmyredisと入力すると、作成されるredisサーバ名はmyredis-001で作成されます。

⑥ Redisサービス名を入力します。

  • Redisサービス名はロール別のRedisサーバを区分するための名前です。
  • 例えば、「ランキング用Redis」、「ゲームユーザーRedis」のようにRedisサービスのロールを区分するために使用します。

⑦ Redisのアクセスポート

  • Redisの基本アクセスポートを使用したり、1000~20000番の間のポートを指定します。一度指定したポート番号は変更できません。

⑧ 高可用性のサポート有無を選択

  • 障害時、自動Fail-overをサポートするかどうかを選択します。 高可用性サポートを選択する場合、基本的にActive Master サーバー、Standby Master サーバーの2つのサーバーが作成されます。
  • 高可用性を選択する場合、少なくとも1日のバックアップが基本選択されます。

⑨ Backup使用の有無をチェックします。

⑩ Backupファイルの保存期間及びBackupの実行時間を設定します。

  • Backup使用の有無をチェックすると有効化になります。

Step 3. 最終確認

設定した内容を最終確認します。

database-8-1-108.png

① Redis サーバータイプ、サーバー名およびサービス名、高可用性サポートの有無などが正常に設定されているかを確認します。

② バックアップ情報を確認します。

Redis Server リストおよび管理

作成したDB サーバーをリストで確認します。

Classic

Classic環境で利用できます。

database-8-1-105

① Redisサーバーを削除します。

  • 実行中のRedisサーバーを削除できます。 HAが有効になっている場合、アクティブマスターサーバーとスタンバイマスターサーバーの両方が削除されます。
  • バックアップファイルも削除されます。

② サーバーを監視します。

③ Redisの設定を変更します。

  • 仕様変更
    • Redisサーバーの仕様をアップグレードします。
    • アップグレードはハイエンドのRedisサーバーでのみ可能であり、追加料金が適用されます。
    • サーバーのアップグレード時にRedisが再起動するため、アクセスできません。アップグレード後にデータを確認することをお勧めします。
  • 構成管理
    • Redisの設定を変更できます。
    • ユーザーが追加した設定は、サービス全体に適用されます。
    • 追加した設定を削除すると、デフォルト値として適用されます。
  • 可変ステータス
    • バックアップ設定
    • バックアップ設定とストレージサイクルタイム。
    • バックアップをキャンセルすると、既存のデータが削除されますのでご注意ください。
  • Redisフラッシュ
    • すべてのRedisデータを削除します。
    • バックアップデータがある場合は、新しいRedisサーバーに復元できますが、削除時のデータではありませんので、ご注意ください。

④ サービス名の横にあるポップアップアイコンをクリックすると、サービス名を変更できます。

⑤ RedisConfigの設定を変更します。

  • Cloud DB forRedis製品でサポートされているRedis関連の設定を変更できます。

⑥ACG設定

  • ACGを確認して設定を変更できます。

VPC

Classic環境で利用できます。

database-8-1-109

① Redisの削除

  • 実行中のRedisサーバーを削除します。高可用性が使用されている場合、アクティブマスターサーバーとスタンバイマスターサーバーの両方が削除されます。
  • バックアップファイルも削除されます。

② 監視サービス

  • 監視アイコンをクリックすると、Redisサーバーの監視画面に直接移動できます。本

③ 管理

  • 仕様変更
    • Redisサーバーの仕様をアップグレードします。
    • アップグレードはハイエンドのRedisサーバーでのみ可能であり、追加料金が適用されます。
    • サーバーのアップグレード時にRedisが再起動するため、アクセスできません。アップグレード後にデータを確認することをお勧めします。
  • Config Group
    • Redisの設定を変更できます。
    • ユーザーが追加した設定は、サービス全体に適用されます。
    • 追加した設定を削除すると、デフォルト値として適用されます。
    • 詳細については、Config Group使用ガイド(on VPC)を参照してください。
  • Redisの設定
    • Redis詳細情報の確認やノードを追加することができます。
    • 確認可能な情報は、下記の通りです。
      • ホスト名
      • メモリ
      • 状態
      • 役割
      • スロット
      • DNS名
  • Backup設定
    • バックアップ設定とストレージサイクルタイム。
    • バックアップをキャンセルした場合、既存のデータは削除されますのでご注意ください。

④ Redis構成の変更

⑤ バックアップ設定

関連情報リンク

Redis サーバー作成後、管理、モニタリング、バックアップ、イベント関連で以下の使用ガイドをご参照いただけます。

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...