使う前に

Q. Cloud DB for Redisのイベントはどんなサービスですか。

  • Cloud DB for Redisサーバーで発生したイベント履歴を確認することができます。
  • Redisで発生するイベントは、ユーザーが別途設定しなくても履歴が残ります。
  • サーバーごとにアラーム項目と臨界値を設定し、臨界値を超えたイベントに対してメールとSMSでリアルタイムに通知することができます。

Q. 発生したイベント履歴はどうやって確認しますか。

  • Event Historyで確認することができ、永久保管されます。
  • 基本的には、最近1日以内に発生したイベント内容を表示することで、フィルター機能を使用してDBサーバー名、イベントタイプ、イベントの名前、日付や時間など様々な条件で検索が可能です。

Q. 確認できるイベントの種類にはどんなものがありますか。

  • イベントタイプは、 「サーバー」と「モニタリング」に分かれます。
  • 「サーバー」のイベントタイプは、Redis サーバーで発生するイベントです。 詳しい項目は以下の通りです。
イベント名 説明
Start Redisサーバー開始
Delete Redisサーバー削除
Backup バックアップ開始,終了
Replication コピー情報開始、中断
fail-over Redis サーバー failover 関連
  • 「モニタリング」イベントタイプは、ユーザーがRedis サーバーイベントを登録/解除するイベントです。 詳しい項目は以下の通りです。
イベント名 説明
Set event アラームで通知を受けるためにイベントを登録
Delete event 登録されたイベントを解除
Suepend notifications イベントアラームを一時的に停止
Resume notifications 一時停止となっているイベントアラームを再スタート
Alarm notofocation アラームが発送される

Q. 設定できるイベント項目にはどんなものがありますか。

  • 設定できるイベント項目は次の通りです。
アラーム項目 アラーム詳細項目 説明
CPU Utilization Used(%) CPU使用量
Swap Usage swap_pct swapメモリ使用量
Network In/Out NetworkBytesIn NICの1秒当たりのinbound byte
Network In/Out NetworkBytesOut NICの1秒当たりのoutbount byte
connected_clients connected_clients_count Redis Serverに接続中のクライアントの連結数
evicted_keys evicted_keys_count maxmemory-policyによって発生した evicted keyの数
keyspace_misses keyspace_misses_count keyspace의 keyが missされた回数
keyspace_hits keyspace_hits_count keyspace의 keyが hitされた回数
master_last_io_seconds_ago seconds_ago マスターとのコピー遅延時間
used_memory Used(Kbyte) メモリ使用率
instantaneous_ops_per_sec second Redis Serverで処理するコマンド回数
node_down boolean nodeのダウン有無

Q. アラームを設定する手順はどうなりますか。

database-5-5-101.png

  1. コンソール接続:NAVERクラウドプラットフォームで提供するコンソールに接続し、Eventメニューを選択します。
  2. Event History:発生したイベント履歴を確認することができます。 Event 設定現況 メニューを選択します。
  3. Event設定の現状:設定されたイベントを確認することができます。 イベントを設定するサーバーの選択後、イベント設定をクリックします。
  4. Event設定:アラーム項目、臨界値を設定し、イベント発生時にアラームを通知される対象者および通知方法(メール、SMS)を入力してアラームを設定します。

Q. 一定時間だけ通知を中止することもできますか。

  • 一定時間だけ通知を一時中止することができ、通知を再スタートさせたり、解除したりすることができます。
  • 「通知・一時停止」は、パッチ作業などによるイベントが発生する状況で、通知を一時的に停止させたいときに使用する機能です。 イベント発生時のイベント発生状況には記録されますが、メールおよびSMSで送信される通知機能のみが一時停止されます。
  • 一時停止の設定期間が過ぎると自動的に元に戻ります。「通知再スタート」ボタンをクリックすると、設定期間が過ぎる前にも元に戻すことができます。

イベント設定

Step 1. コンソール接続

NAVERクラウドプラットフォームで提供するコンソールに接続し、Eventメニューを選択します。

Step 2. Event History

Event Historyタブでは、発生したイベント履歴を確認することができます。

database-8-4-102.png

Event 設定の現況タブを選択します。

Step 3. Event 設定の現況

Event 設定の現況タブでは、設定されたイベントおよび通知内容を確認、修正することができます。

database-8-4-103.png

① イベントを設定するためのメニューです。

② 設定されたイベントを解除するためのメニューです。

③ イベントが発生する時に発生する通知を一時停止するためのメニューです。

④ 一時停止された通知を再スタートさせるためのメニューです。

イベントの設定方法は以下の通りです。

database-8-4-104.png

① イベントを設定するサーバーを選択します。

Eventの設定をクリックします。

Step 4.Eventの設定

イベントが設定できます。

database-8-4-105.png

① 選択したDBサーバーが正しいかを確認した後、Event項目の設定をクリックします。

database-8-4-106.png

① 選択したDBサーバーにアラーム項目および臨界値を設定します。 設定可能なイベント項目は本文書の「使う前に」をご参考ください。

追加をクリックし、アラーム項目を追加します。

[修正]/[削除]ボタンをクリックし、アラーム項目および臨界値を修正および削除することができます。

をクリックします。

database-8-4-107.png

① サーバーを管理する担当者が複数である場合、通知対象の管理をクリックし、通知対象者を管理することができます。

② 担当者を選択します。

③ 通知方法を選択します。 通知方法にはEmailとSMS、二つの方法で通知されるALLがあります。

追加をクリックして通知する対象を追加します。

[削除]をクリックして通知対象を削除することができます。

をクリックします。

イベント設定内訳を最終確認します。

database-8-4-108.png

① イベント対象サーバー、アラーム項目、通知対象を確認後、確認をクリックします。

設定した内訳がEvent設定の現況に反映されていることを確認します。

database-8-4-109.png

② サーバーをクリックしてサーバーに設定されたイベントを確認します。

database-8-4-110.png

イベント管理

イベントはイベント単位やサーバー単位でイベント解除が可能です。 イベントが解除されてからはメールとSMSで通知されません。

イベントを解除する方法は以下の通りです。

database-8-4-111.png

① イベントを解除するサーバーを選択し、イベント解除をクリックします。

② 特定のイベントの[削除]ボタンをクリックし、特定のイベントのみ解除することができます。

通知管理

通知の設定内訳を照会、修正、一時停止、または再スタートすることができます。

通知設定内訳

イベント登録時に設定された通知内容を照会し、変更することができます。

database-8-4-112.png

database-8-4-113.png

① 通知設定内訳を確認するサーバーの表示をクリックします。

追加をクリックし、通知を受ける担当者を追加することができます。

③ 通知設定内訳の変更を完了した後、保存をクリックして内容を保存します。

通知の一時停止

「通知一時停止」は、バッチ作業などによってイベントが発生する状況で、通知を一時的に停止するときに使用する機能です。

database-8-4-114.png

database-8-4-115.png

① 通知の一時停止を希望するサーバーを選択し、通知の一時停止をクリックします。

② 通知の一時停止期間を設定します。

③ 登録者を入力します。

設定をクリックします。

通知の再スタート

通知の一時停止の設定を取り消し、通知を再スタートする機能です。

database-8-4-116.png

① 通知を再スタートするサーバーを選択します。

通知の再スタートをクリックします。

関連情報リンク

Redisサーバー作成、接続、管理、モニタリング、およびバックアップ関連で、下記の使用ガイドをご参照ください。

クイックスタートガイドRedisサーバ作成/管理および設定ガイドMonitoring使用ガイドバックアップ使用ガイド

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...