使う前に

Q. Cloud DB for REDIS サーバーにどのようにアクセスしますか。

  • CloudDB商品は、現在NAVERクラウドプラットフォーム内部からのみアクセスが可能なので、CloudDB商品にアクセスするアプリケーションサーバーはNAVERクラウドプラットフォーム内部にある必要があります。
  • コンソールに接続した後、次のステップでDB サーバーに接続することができます。

    database-8-5-001.png

  • コンソールからアプリケーションサーバー(以下APP サーバー)を作成します。

  • APP サーバーにユーザーが接続できるように、公認IP アドレスやポートフォワーディングを設定し、管理者パスワードを確認します。

  • ターミナルプログラムを利用してAPP サーバーに接続します。

  • コンソールでRedisサーバーを作成します。

  • Redis サーバーにAPP サーバーがアクセスできるように、RedisサーバーのACGを設定します。

  • Redisクライアントを利用してRedisに接続します。

Cloud DB for REDIS クイックスタートガイド

Step 1.APPサーバ作成

コンソールからアプリケーション用APP サーバーを作成します。 詳しい内容は、「サーバ作成ガイド」をご参考ください。

database-8-5-002.png

+ サーバ作成をクリックします。

database-8-5-003.png

② サーバーイメージを選択します。 (Windows Server の中で選択)

をクリックします

database-8-5-004.png

④ 情報を入力した後、 をクリックします。

database-8-5-005.png

⑤ 保有している認証キーがない場合、新しい認証キーを作成し、 をクリックします。

database-8-5-006.png

⑥ 保有しているACGがない場合、新規ACGを作成します。

database-8-5-007.png

⑦ 簡単な設置のため、あらゆる場所から接続できるように0.0.0.0/0に設定しますが、できれば個人PCでのみアアクセスできるよう、単一IPを設定してください。

  • アプリサーバーのACG名は、後日 Redis サーバーにACGを追加する時に使用されます。

作成をクリックして新規ACGを作成します。

database-8-5-008.png

⑨ 最終確認後、サーバー作成をクリックします。

Step 2. 接続環境の設定

APP サーバーにユーザーが接続できるように、公認IP アドレスやポートフォワーディングを設定しなければなりません。「管理者パスワードの確認」 機能を利用してサーバー接続時に必要な root のパスワードを確認します。

本ガイドでは、ポートフォワーディング方式を用いて設定することにします。 詳しい内容は、「公認IP使用ガイド」「ポートフォワーディング利用ガイド」をご参考ください。

ポートフォワーディング設定

database-8-5-101.png

① コンソールでサーバー接続後、ポートフォワーディングするサーバーを選択してから、ポートフォワーディング設定をクリックします。

database-8-5-102.png

② 外部から接続するポート番号を入力します。

③ 追加をクリックします。

適用をクリックします。

database-8-5-103.png

⑤ ポートフォワーディング設定が完了し、IP: 101.101.160.130 / PORT: 1201で接続可能な状態になりました。

管理者のパスワードを確認

サーバーに接続するためには root ユーザーのパスワードを確認する必要があります。

database-8-5-104.png

サーバー管理および設定変更 > 管理者パスワードの確認をクリックします。

database-8-5-105.png

② サーバー作成時に作った認証キーを設定します。

database-8-5-106.png

パスワードの確認をクリックします。

database-8-5-107.png

④ パスワードを確認します。

Step 3. APPサーバ接続

ターミナルプログラムを利用してAPP サーバーに接続します。

database-8-5-201.png

① ポートフォワーディング設定で得たIP アドレスとポート番号を入力します。

Openをクリックします。

database-8-5-202.png

はいをクリックします。

database-8-5-203.png

④ 管理者パスワードの確認で得たパスワードを入力します。

  • passwdコマンドを通じてrootパスワードを変更することができます。

Step 4. Redis サーバ作成

コンソールに接続し、Cloud DB for REDISサーバーを作成します。 もっと詳しい内容は、「Redisサーバ作成/管理および設定ガイド」をご参考ください。

database-8-5-301.png

+ Redis Server 作成をクリックします。

database-8-5-302.png

② サーバーの設定を入力し、をクリックします。

database-8-5-304.png

③ 最終確認後、作成をクリックします。

Step 5. ACG 設定

Redis サーバーにAPP サーバーがアクセスできるようにRedis サーバーのACGを設定します。

database-8-5-401.png

① ACGを設定するRedis サーバーのACGボタンをクリックします。

database-8-5-402.png

② 設定するACGを選択します。 ここでは自動的に作成されたRedisサーバのACGであるcloud-redis-az7bを選択します。

ACGの設定ボタンをクリックします。

database-8-5-403.png

アクセスソースにAPP サーバーのACG名を入力します。 ここでAPP サーバーのACG名は'redis-web'です。

⑤ 許容ポート番号を入力します。

追加をクリックします。

適用をクリックします。

Step 6. Redisに接続

APP サーバーからRedis サーバーにアクセスするためのすべての設定を完了しました。 実際にRedis サーバーに接続できるかRedis Clientをインストールし、接続テストを行います。

  1. REDIS 設置

    • redis.ioのホームページでStableバージョンの4.0.6バージョンをダウンロードして設置します。

      [root@redis-web ~]# wget http://download.redis.io/releases/redis-4.0.6.tar.gz
      [root@redis-web ~]# tar xvfz redis-4.0.6.tar.gz
      [root@redis-web ~]# cd redis-4.0.6/
      [root@redis-web redis-4.0.6]# make
      
  2. Redis サーバー情報確認

    • Redis サーバーに接続するには、ホストIP アドレス、ポート番号、ユーザ名、パスワードが必要です。
    • ポート番号、ユーザ名、パスワードは、Redis サーバーの設置した時に設定した値を使用します。
    • Cloud DB for Redisでは、Redis サーバーのIPアドレスの代わりにDNS名を使ってサーバーにアクセスします。

database-8-5-501.png

① Redis サーバーのIPアドレス代わりに使うDNS名です。

② Redis 接続ポート番号です。

  1. Redisに接続
[root@redis-web ~]# cd redis-4.0.6/src/
[root@redis-web src]# ./redis-cli -h ①DNS명 -p ② Redis 接続ポート

-- 接続例題
[root@redis-web src]# ./redis-cli -h redis-fk5o.beta-cdb.ntruss.com -p 6379
redis-fk5o.beta-cdb.ntruss.com:6379>

関連情報リンク

Redis サーバー作成後、管理、モニタリング、バックアップ、イベント関連で以下の使用ガイドをご参照いただけます。

Redisサーバ作成/管理および設定ガイドモニタリング使用ガイドBackup使用ガイドEvent使用ガイド

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...