使う前に

Q. Cloud DBモニタリングサービスとは何ですか。

  • モニタリングサービスはDBサーバーに対して多様なモニタリング情報、イベント発生や通報などの機能を提供します。

Q. モニタリングサービスはどうやって申し込み・解除しますか。

  • DB サーバーモニタリングサービスは、Cloud DB 商品に含まれているサービスなので、追加費用なしに使用することができます。

Q. どのような指標をモニタリングすることができますか。?

  • DBサーバーモニタリングサービスが提供する指標は以下の通りです。

DB Dashboard

グラフ名 単位 説明
CPU used processor time(%) システムで使用する全体的なCPU量を百分率で示した数値
execute queries count count / min 1分当たりの実行クエリー回数
クエリー実行回数対比CPU消耗量とメモリ読み込み数 x:日別クエリー遂行回数合計、y:当該クエリーのcpu time合計、バブルサイズ:logical read 量 クエリー実行回数に比べたCPU消耗量とメモリ読み込み数をバブルチャートでモニタリングすることができます。当該バブルをクリックするとクエリーが確認できる。

Performance : 次のような6項目が基本指定され、最大10つまで選択可能です。

グラフ名 単位 説明
CPU used processor time(%) 全体のCPU量を百分率で示した数値
disk read latency sec ディスクからデータを読み込んだ平均時間(秒)
disk write latency sec ディスクでデータを書いた平均時間(秒)
Page Life Expectancy sec 平均してデータページがキャッシュに残っている時間
execute queries count count / min 1分当たりの実行クエリー回数
connections count SQL Serverで接続されたユーザ数

Q. モニタリング情報が確認できる最大期限はいくらですか。

  • 最近4週間以内のモニタリング指標だけを確認することができます。

Q. モニタリング指標の中で臨界値以上ならアラームを受信することができますか。

モニタリング

Monitoringページでは、MSSQLの性能をモニタリングすることができます。 専門のデータベース管理者がいない環境でサービスDBを安定的に運営したい場合は、モニタリング指標を活用することをお勧めします。

モニタリング情報は毎1分収集された平均値基準であり、選択した期間の類型によって収集の周期が異なります。 最近4週間以内のモニタリング指標だけ確認が可能です。

ダッシュボードを開く

DB Server ページでダッシュボードを開く

database-9-5-101

Cloud DB for MSSQL > Server ページでモニタリングしようとするインスタンスを選択します。

Monitoringをクリックして照会したいダッシュボードを選択します。 (DB Dashboard, Performance, DB Logs)

③ Monitoring アイコンをクリックしてDB Dashboardを開くこともできます。

Monitoring ページでダッシュボードを開く

database-9-5-102

Cloud DB for MSSQL > Monitoring ページに接続した後、左のサイドバーでモニタリングしたいDBサーバーをクリックします。

② 照会したいダッシュボードを選択します。

③ 1分周期で収集した基本モニタリング情報を表示します。

DB Dashboard

左側のサイドバーでDBサービスグループとDBサーバーを選択し、DB Dashboardをクリックすると、該当サーバーのDB関連モニタリング情報を見ることができます。 期間に設定した期間のダッシュボードが表示されます。 日付を直接入力し、希望する期間を正確に選択することもできます。

database-9-5-103

① 左側のサイドバーでモニタリング状況を確認したいサービスグループ > サーバを選択します。

② DB Dashboard を選択します。

③ 指標を照会する期間を設定します。 基本値は最近1時間です。

期間直接入力を選択すると、期間の始まりと終わりを直接指定することができます。 カレンダーから日付を選択することができます。

照会中のグラフ画面をイメージとして保存することができ、グラフ上にマウスを置くと正確な指標値を確認することができます。 またグラフをドラッグすると細部のグラフを見ることができます。

バブルチャートの詳細表示

クエリー実行回数に比べたCPU 消耗量とメモリの読み込み数は、相関関係および分布をわかりやすくバブルチャートで示してくれます。 クエリー流れ込み量が多いため、CPU使用率が高くなっている場合はビジネスを点検してみる必要があります。

database-9-5-106

① x軸は、当該クエリーの日別遂行回数の合計を示します。

② y軸は、当該クエリーの日別CPU消耗量の合計を示します。

③ バブルの大きさで当該クエリーのメモリ読み込み数がわかります。バブルが大きければ大きいほど多くのメモリを読んでいるという意味。

④ バブルをクリックすると、どのクエリーなのか下段で確認することができます。

Performance

左サイドバーでDBサービス名とDBサーバーインスタンスを選択し、Performanceをクリックすると、該当サーバーの性能指標を見ることができます。 期間に設定した期間中のモニタリング指標が表示されます。 日付を直接入力し、希望する期間を正確に選択することもできます。

database-9-5-104

① 左側のサイドバーでモニタリング状況を確認したいサービスグループ > サーバを選択します。

② Performanceを選択します。

③ 項目設定を通じて照会したい性能指標の値を選択します。

④ 指標を照会する期間を設定します。 基本価格は最近1時間です。

期間直接入力を選択すると、期間の始まりと終わりを直接指定することができます。 カレンダーから日付を選択することができます。

照会中のグラフ画面をイメージとして保存することができ、グラフ上にマウスを置くと正確な指標値を確認することができます。 またグラフをドラッグすると細部のグラフを見ることができます。

DB Logs

左側のサイドバーでDBサービス名とDBサーバーのインスタンスを選択し、DB Logsをクリックすると、そのインスタンスのDBログを見ることができます。 設定した期間中のエラーログ内容が表示されます。 日付を直接入力し、希望する期間を正確に選択することもできます。

database-9-5-105

① 左サイドバーでモニタリング状況を確認したいインスタンスを選択します。

② DB Logsを選択します。

③ Logを照会する期間を設定します。 基本価格は最近1時間です。

期間直接入力を選択すると、期間の始まりと終わりを直接指定することができます。 カレンダーから日付を選択することができます。

⑤ 探したいDB Logの内容を直接入力して照会することができます。

⑥ ログの細部内容(20個単位でページ処理)を見ることができます。

関連情報リンク

DB サーバー作成後の管理、モニタリング、バックアップおよびイベント関連で、下記の使用ガイドを参照することができます。

クイックスタートガイドDBサーバーの作成及びアクセスガイドDBサーバーの詳細表示および設定ガイドConfig Group設定および使用ガイドBackup使用ガイドEvent使用ガイドSSMS設置及び使用ガイドSSL VPNを利用したDBサーバー外部アクセスガイド

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...