使う前に

CloudDB商品は、現在NAVERクラウドプラットフォーム内部からのみアクセスが可能なので、CloudDB商品にアクセスするアプリケーションサーバーはNAVERクラウドプラットフォーム内部にある必要があります。

ローカルPCでCloud DB商品にアクセスするためには下2つの方法があります。

1案: SSL VPN商品を使用して接続する方法

  • SSL VPN商品を使用すると、ローカルPCからCloud DB for MSSQLにアクセスできます。
  • SSL VPNに対する詳しい説明は「SSL VPN使用ガイド」をご参考ください。

2案: DBサーバと通信が可能なアプリケーションサーバ(以下APPサーバ)を設定した後、ローカルPCでAppサーバに接続する方法

本文書は、Cloud DB for MSSQL管理のための公式Client ToolであるSSMSを紹介する文書です。

SSMSのインストール

SSMS(SQL Server Management Studio)は、MSSQL DBのすべての構成要素に対してアクセス、構成、管理、メンテナンスするために使用するグラフィック基盤の管理ツールです。

DB 接続のための設定が完了したら、DB サーバーに接続するWindows APP サーバーか、ローカル PC にSSMSをインストールします。

SSMSはMicrosoft公式ホームページからダウンロードできます。

database-9-8-101

ダウンロードしたインストールexeファイルを実行すれば、大きな困難なくSSMSをインストールできます。

SSMSで自分のDBに接続する

SSMSのインストールを終えたので、これから私のCloud DB for MSSQLに接続して管理してみましょう。

Step 1. 自分のDB情報の確認

ハイライトされた情報(DNS名、DB接続ポート、DB User ID、暗号)がSSMSで必要な情報です。

database-9-8-102

database-9-8-103

Step 2. SSMSの実行

SSMS実行ファイルを開くと、サーバーに接続ウィンドウが表示されます。

database-9-8-104

① サーバータイプ:データベースエンジン

② サーバー名:DNS名、DB接続ポート(休止符で区分します。)

③ 認証:SQL Server 認証

④ ログイン: DB User ID

接続をクリックしてDBに接続します。

つながらなかったらACGやVPN設定をもう一度確認してください。

SSMSを使用する

もうSSMSでDBサーバーに接続して使用する準備ができました。

詳しい使い方はMicrosoft公式ホームページのガイド文書を参考してください。

database-9-8-105

database-9-8-106

SSMS使用上の注意事項

  • SSMSでDB アカウントを変更する場合、コンソールで一部機能の使用が制限されますので、ご注意ください。
  • SSMSで直接User(アカウント)を作成したり、パスワードを変更する場合、二重化されたMirrorサーバーに権限とパスワードの変更事項は複製されません。 複製されていない情報によってfailoverする時に問題が発生することがありますので、SSMS では User作成とパスワード変更を慎んでください。
  • SSMSでUIを利用して直接データベースを作成する場合、オプションで復旧モデルを全体にすれば、二重化のためのMirror構成が可能です。 必ずオプションで復旧モデルを、全体(full)にしてから作成してください。

database-9-8-201

database-9-8-202

① データーベースでマウスの右クリック

② 新しいデータベース

③ ページ選択 > オプション

④ 復旧モデル:全体

関連情報リンク

DB サーバー作成後の管理、モニタリング、バックアップおよびイベント関連で、下記の使用ガイドを参照することができます。

クイックスタートガイドDBサーバーの作成及びアクセスガイドDBサーバーの詳細表示および設定ガイドConfig Group設定および使用ガイドMonitoring使用ガイドBackup使用ガイドEvent使用ガイドSSL VPNを利用したDBサーバー外部アクセスガイド

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...