Jenkins の初期設定

Jenkinsサーバを生成して初めてJenkins ウェブ画面からアクセスすると初期設定が進められます。初期設定にはUnlock Jenkins, プラグインの設置, Adminアカウント生成の過程が進められます。

Unlock Jenkins

① ウェブブラウザから実行して パブリック IPアドレス:18080にアクセスします。

  • パブリックIPアドレスはコンソールのサーバ メニューからサーバリストの パブリック IP 値で確認できます。
  • 18080ポートがACGルールに追加されている必要があります。

②初期パスワードはターミナルプログラムを通じてサーバにアクセスして以下の命令語を実行すると確認できます。

cat /var/lib/jenkins/secrets/initialAdminPassword

③ 初期パスワードを Administrator password 項目に入力して Continueボタンをクリックします。

Jenkinsプラグインの設置

Jenkinsを使用するために必要なプラグインを設置できます。

Install suggested plugins: Jenkins コミュニティで最も必要だと知られているプラグインを設置します。

  • この方法な場合、NAVERクラウドプラットフォームから提供するJenkins 2.73.2バージョンに互換されない Plugins 設置になることがあります。
  • この方法の場合 Plugins 設置エラー発生の際 Jenkins コミュニティを通じて直接解決方法を確認できます。

Select plugins to install: プラグインを直接選択して設置します。

  • NAVERクラウドプラットフォームから提供する Jenkins 2.73.2 バージョンに互換されるPluginsを直接選択して別途設置できます。

Admin アカウントの生成

Jenkins Adminアカウントを生成します。 Adminアカウントのパスワードは記号(例: /, ., !, *…)と一緒に小文字と大文字の英文字/数字を一緒に使うことをお勧めします。

① Jenkins Admin アカウントのIDを入力します。

② Jenkins Admin アカウントの パスワードを入力します。

③ Jenkins Admin アカウントの 名前を入力します。

Save and Finish ボタンをクリックします。

完了

Start using Jenkins ボタンをクリックして Jenkins初期化を完了します。

Jenkinsの初期設定が全て完了しました。

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...