エージェントの制約事項

  • サポートされるターゲットサーバ: NAVERクラウドプラットフォームで生成したサーバまたは Auto Scaling Group
  • サポートされるOS: CentOS, Ubuntu
  • サポートされるPythonバージョン: 2.6, 2.7 バージョン

エージェントの設置方法

Step 1. API 認証キー値を設定

エージェントを設置して使用するためにはまずAPI認証キー値を設定する必要がありますdevtools-4-1-129

  • 認証キーは マイページ > アカウント管理 > 認証キー管理から生成できます。

Step 2. 設置命令語

以下の命令語を デプロイターゲットサーバに直接アクセスして実行するか、または init sciptに作成して生成の際に登録します。

echo $'NCP_ACCESS_KEY=accesskey\nNCP_SECRET_KEY=secretkey' > /opt/NCP_AUTH_KEY
wget https://sourcedeploy-agent.apigw.ntruss.com/agent/vpc/download/install
chmod 755 install
./install
rm -rf install
  • 最初のラインの accesskeysecretkeyは Step 1.で生成した認証キー値を入力します。
  • NCP_AUTH_KEYはサーバ内の /opt ディレクトリの下に次のように生成されなければなりません。devtools-4-1-130
  • 上の命令語を実行するとエージェント実行まで全て実行されます。

設置例

  1. SourceDeploy Agent 設置命令語をinit scriptに生成します。

devtools-4-4-131

  • init scriptは Console > Server > Init Scriptで生成できます。
  1. サーバを生成、または Auto Scaling Launch Configurationで生成したinit scriptを設定後、生成します。

devtools-4-1-132

  • サーバは Console > Serverで生成できます。
  • Auto Scaling Launch Configurationは Console > Auto Scaling > Launch Configurationで生成できます。

エージェントの実行命令語

エージェントをスタート

service sourcedeploy start

エージェントを中止

service sourcedeploy stop

エージェント状態を確認

service sourcedeploy status

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...