SourcePipeline使用前に

Q. SourcePipelineとは何ですか?

  • SourcePipelineは迅速で安定的なソフトウェア発売のためのプロセス自動化商品です。
  • SourcePipelineは簡単に新たな機能を発売できるようにリポジトリ、ビルド、デプロイを統合して提供します。

Q. SourcePipelineはどのように構成されますか?

  • SourcePipelineはSource Phase, Build Phase, Deploy Phaseで構成され、それぞれのPhaseは SourceCommit, SourceBuild, SourceDeploy 商品と連動されます。
  • SourcePipelineを使用するためには SourceCommit, SourceBuild, SourceDeploy 商品を利用する必要があります。

Q. SourcePipelineの使用手続きはどうなりますか?

devtools-5-1-22

  1. NAVERクラウドプラットフォームコンソールへアクセスします。
  2. SourcePipeline コンソールでパイプラインを生成します。(SourceCommit, SourceBuild, SourceDeployと連動)
  3. 生成したパイプラインを実行します。
  4. 実行したパイプラインの作業結果を確認します。

SourcePipelineの使用権限

SourcePipelineはパイプライン別にユーザーのアクセス権限を与えることができ、次のような権限があります。

全ての権限

1. 顧客アカウント

  • 顧客アカウントはSourcePipelineの全ての機能を制約なしに使用できます。
  • コンソールで パイプラインを生成 及び全てのパイプラインの 設定を変更, [削除] ボタンを使用でき、全てのパイプラインを実行できます。

2. NCP_INFRA_MANAGER

  • 顧客アカウントと同じ権限を有するサブアカウントで、顧客アカウントと同じくSourcePipelineの全ての機能を制約なしに使用できます。
  • この権限は顧客アカウントが Management > Sub Account メニューでサブアカウントに与えることができます。 (Sub Account 利用案内へショートカット)

パイプラインの作成権限

この権限は顧客アカウントが Management > Sub Account メニューでサブアカウントに与えることができます。 (Sub Account利用案内へショートカット)

1. NCP_SOURCE_PIPELINE_MANAGER

  • コンソールで'パイプラインを作成'機能を通じてパイプラインを作成でき、自分が作成したパイプラインを管理して他のサブアカウントに共有できます。

  • 顧客アカウントには当該権限が基本で付与されており、サブアカウントは顧客アカウントのユーザーから Management > Sub Account メニューで当該権限を割り当ててもらうことができます。

    参考: NCP_SOURCE_PIPELINE_MANGER 権限の付与

    devtools-5-1-01

    ① サブアカウントに SourcePipelineの管理者権限を与えるためにはSub AccountメニューのSub Accountsを選択します。

    ② 付与するサブアカウントを選択します。devtools-5-1-02

    ​ ① 選択したサブアカウントのポリシーにNCP_SOURCE_PIPELINE_MANAGER ポリシーを追加します。

SourcePipeline詳細権限

SourcePipelineはactionによる詳細権限を提供しています。(Sub Account 著作権管理のショートカット)

パイプラインの作成

Step 1. コンソールへアクセス

コンソールからDev Tools > SourcePipeline メニューへアクセスします。

devtools-5-1-03

パイプラインを作成 ボタンをクリックして新たなパイプラインを作成します。

  • パイプラインを作成するためにはログインしたアカウントが顧客アカウント、もしくはNCP_INFRA_MANAGER, NCP_SOURCE_PIPELINE_MANAGER 権限を有しているサブアカウントでなければなりません。

    • NCP_SOURCE_PIPELINE_MANAGER 権限はコンソールの Management > Sub Accountメニューで割り当てることができます。

② SourcePipelineに初めてアクセスすると次のような文が表示されます。

  • 現在作成されたパイプラインがありません。パイプラインを作成ボタンをクリックしてパイプラインを作成してください。

Step 2. Name Phase

パイプライン名を入力します。

devtools-5-1-04

①作成するパイプラインの名前を入力します。パイプラインの名前はアルファベット、数字、特殊文字(-_)のみを含めることができます。

②生成するパイプラインの説明を作成します。少なくとも3文字、最大500文字の制限があります。

Step 3. Source Phase

パイプラインに連動するリポジトリを選択します。

devtools-5-1-05

① パイプラインに連動するリポジトリソースとして SourceCommitまたはGitHubの中から一つを選択します。

devtools-5-1-05

①設定するジョブ名を作成します。 (タスクの名前は、現在のパイプライン内で唯一の名前である必要があります。)

②作業のタイプを設定します。(SourceBuild、SourceDeploy選択)

devtools-5-1-05

①SourceBuildを選択した場合、次のプロジェクトの選択ウィンドウが表示されます。

②保有SourceBuildプロジェクトのリストが表示され、選択時の接続情報が出力されます。

③選択されたSourceBuildプロジェクトの接続リポジトリ情報が出力されます。

④接続されたリポジトリのブランチリストが表示され、選択可能です。

devtools-5-1-05

①SourceDeployを選択した場合、以下にプロジェクト/スタで/シナリオの選択ウィンドウが表示されます。

②保有SourceDeployプロジェクトのリストが表示され、選択時スタでリストが表示されます。

③保有スタでリストが表示され、選択時のシナリオのリストが表示されます。

④保有シナリオのリストが表示され、選択時の接続情報が表示されます。

⑤選択したシナリオに接続されたSourceBuildまたはObjectStorage情報が表示されます。

devtools-5-1-26

①タスクの追加で設定した作業は、左の未設定領域に存在し、先行タスクの接続を介して右の設定領域に移動します。

②先行タスクの接続を終えた作業が存在する設定領域です。

③先行タスクを設定することができるポップアップが表示されます。

devtools-5-1-05

devtools-5-1-28

①先行タスクなし選択時の最初の仕事に設定されます。

devtools-5-1-05

devtools-5-1-30

①先行タスクを選択した場合、その操作の次に位置します。

devtools-5-1-05

①Trigger設定をOn / Offすることができます。 設定したTriggerリポジトリ/ブランチ(SourceCommit)にpushイベントが発生したときは、パイプラインが自動的に実行されます。 (Triggerリストにあるリポジトリ/ブランチの1つ以上pushイベント発生時に実行します。 ただし、SourceCommit商品のコンソール上でのcommitイベント(Web編集)発生時には実行されません。)

②保有SourceCommitリポジトリリストが表示され、選択時のブランチのリストが表示されます。

③保有ブランチのリストが表示されます。

④[追加]ボタンをクリックして、Triggerリストに追加します。

⑤[削除]ボタンをクリックして、Triggerリストから削除します。

devtools-5-1-10

パイプラインの作成ボタンをクリックして作成を完了します。

パイプラインの設定を変更

生成されたパイプラインネイバークラウドプラットフォームコンソールで設定を変更することができます。

Step 1.パイプラインの選択

devtools-5-1-11

①設定を変更するパイプラインを選択します。

設定の変更ボタンをクリックします。

  • パイプラインの設定を変更するには、ログインしているアカウントが顧客アカウントまたはNCP_INFRA_MANAGER権限を持っているサブアカウント、またはパイプラインのユーザーアカウント(サブアカウント)が選択されたパイプラインのパイプラインの詳細権限のchangeProject権限を持っている必要があります。

Step 2.パイプラインの設定を変更

devtools-5-1-12

①パイプラインの説明を変更します。

  • Source Phaseを変更した場合は、Build / Deploy Phaseが初期化されます。

②パイプラインに接続されたジョブを変更します。

*作成と同じようにタスクを追加/削除が可能です。

③Triggerの設定を変更します。

  • 生成と同じようにリポジトリ/ブランチを追加/削除が可能です。

④変更を適用します。

パイプラインの削除

NAVERクラウドプラットフォームコンソールでパイプラインを削除できます。

Step 1. パイプラインを選択

devtools-5-1-14

① 削除するパイプラインを選択します。

[削除] ボタンをリクックします。

  • パイプラインを削除するためにはログインしたアカウントが顧客アカウント、もしくはNCP_INFRA_MANAGER 権限を有するサブアカウント、もしくはパイプラインユーザーアカウント(サブアカウント)が選択したパイプラインのADMIN権限を有していなければなりません。

Step 2. パイプラインの削除

devtools-5-1-15

[削除] ボタンをクリックするとパイプラインが削除されます。

  • 削除されたパイプラインは再度リカバリーできません。

パイプラインの実行

Step 1. パイプラインの実行ページへ移動

devtools-5-1-16

① パイプラインを選択します。

パイプラインへ移動 ボタンまたは パイプライン名(リンク)をクリックします。

Step 2. パイプラインを実行

devtools-5-1-17

①SourceBuildプロジェクトのビルド対象リポジトリのブランチを選択します。

②SourceDeployプロジェクトの展開シナリオを選択します。

パイプライン実行するボタンをクリックして、パイプラインを実行します。

Step 3. パイプライン実行中

devtools-5-1-19

①パイプラインが実行されると、操作の結果]タブに移動し、作業が進行中表示されます。

②[キャンセル]ボタンが表示され、クリックすると、パイプラインをキャンセルすることができます。

Step 4. パイプラインの完了

パイプラインが完了すると各Phaseの状態を確認できます。

devtools-5-1-20

① Build / Deploy Phaseで ログを詳しくみる をクリックすると各商品のログを確認できるようにSourceBuild, SourceDeployの作業結果に移動します。この際、SourceBuild, SourceDeploy 商品の権限がない場合はログの確認が制限されます。

パイプラインの作業結果

パイプラインを実行した結果を 作業結果 タブで確認できます。

devtools-5-1-111

作業の結果]タブをクリックします。

②確認のパイプライン処理の結果の行を選択します。

ログの表示をクリックすると、SourceBuild / SourceDeploy作業結果画面に移動します。

  • Build / Deployの操作でログクリックすると、各商品のログを確認できるようにSourceBuild、SourceDeployの作業結果に移動します。このときSourceBuild、SourceDeploy商品の権限がない場合は、ログの確認が制限されることがあります。

関連情報へショートカット

以下のガイドから関連情報を確認できます。

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...