目次

紹介

サーバとクライアントで作成されるログをEffective Log Search & Analyticsに伝送し、ウェブUIを用いてそれを簡単に確認して検索できます。たくさんのサーバに個々にアクセスする代わりに、これからはウェブで簡単に検索してください。

  • 簡単なプロジェクト登録と管理

    プロジェクトを作成してメタ情報を入力すると、アプリケーションログ情報を簡単に保存して管理できます。各段階別に必要な情報を入力した後はログ伝送テストもできるため、実際にサービスに適用する前に予め問題点を確認できます。

  • 直観的なダッシュボードを提供

    ダッシュボードを通じてすべてのログに関する情報を提供します。リアルタイムで発生するログの現状を確認でき、探しているログを迅速かつ簡単に検索できるため、サービス中に発生した障害や問題の原因を把握するのに役立ちます。

  • モバイルクラッシュログの分析機能を提供

    Effective Log Search & AnalyticsのモバイルSDKを用いて、伝送されたアプリクラッシュ情報を保存・分析する機能を提供します。アプリクラッシュが発生するプロジェクト情報とログの発生推移をリアルタイムで確認できます。ログについての詳細は、フィルタリング機能を通じて簡単に検索できます。

メリット

Effective Log Search & Analyticsで提供するSDKとAPIで、サービスのすべてのアプリケーションログ履歴を保存して管理できます。Effective Log Search & Analyticsを通じてリアルタイムログ発生状況はもちろん、期間別のログ発生推移を確認でき、効率的なサービス運営が可能になります。

  • プロジェクトの登録と管理

    プロジェクトを簡単に作成し、アプリケーションログを伝送して保存するのに必要な情報を簡単に登録できるUIを提供します。
    これによって、サービスで発生するログを効率的に管理して照会できます。

  • ログ検索ダッシュボード

    サービスで発生するすべてのアプリケーションログを確認できます。
    簡単かつ迅速な検索を手助けする様々なフィルタリング機能を提供し、特定期間に発生したログ履歴を照会したり、探したいログを直接入力して検索できます。また、ログの検索結果を様々な形式のファイルでダウンロードすることもできます。

  • モバイルクラッシュログの照会

    SDKやAPIを通じて伝送されたアプリケーションログの中で、モバイル機器で発生したアプリクラッシュログの現状が把握できるダッシュボードを提供します。
    キーワード検索やフィルタリング機能を通じて、必要なログ結果を簡単に照会できます。

全体プロセス

コンソールにアクセスした後、次の手順によってEffective Log Search & Analyticsを利用できます。

  • コンソールにアクセス
  • Effective Log Search & Analyticsにアクセス
    • コンソールの左のメニューバーで Products & Service > Analytics > Effective Log Search & Analytics をクリックします。
  • 利用申請
    • Subscription メニューの [+ 利用申込み] ボタンをクリックします。

利用申込みが完了するとProjectを作成できます。

  • Projectの作成
    • Projects メニューで[+ プロジェクトを作成する]ボタンをクリックします。
    • プロジェクトの追加 ポップアップにプロジェクト名と説明を入力し、[作成] ボタンをクリックします。
  • Log収集の設定
    • Effective Log Search & Analyticsで提供するSDKを通じて、選択したProjectにログを伝送します。

Log収集の設定が完了すると、Effective Log Search & AnalyticsのWeb Appを通じて収集したLogを確認できます。

  • Web Appにアクセス
    • Projects メニューのProjectリストから、Logを確認するProjectの [Web-APPに移動する] ボタンをクリックします。
    • 新しい画面にEffective Log Search & AnalyticsのWeb Appが表示され、そこでLogを確認できます。

提供するリージョン

リージョン ゾーン 提供機能
全体
Region統合サービス
全体 全体

使用限度

Dataの保管周期

項目 保管周期 説明
Log 30日 30日が過ぎたデータは自動削除されます。

使用量の制限

項目 制限 説明
Project 30個 NAVERクラウドプラットフォームのアカウント一つにつき最大30個までProjectを作成できます。
Symbolication File 200MB アップロードできるSymbolication Fileの容量は200MBに制限されます。

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...