当該コンテンツは、ローカリゼーションサービスを準備しております。早急にローカライズサービスをご提供できるよう、努めております。

目次

ログの検索

Effective Log Search & Analyticsは、ログを検索できる別途のWeb App画面を提供します。

Web Appにアクセスする

1.コンソールにアクセスして Products & Service > Analytics > Effective Log Search & Analytics メニューに移動します。

2.Projects メニューを選択し、プロジェクトリストからログを確認するプロジェクトの [Web-APPに移動する] ボタンをクリックします。

3.新しい画面でEffective Log Search & Analytics Web Appが表示されます。

ログの検索方法

Effective Log Search & Analytics Web Appの 検索 メニューでは、基本値として直近24時間のログが時間帯別のログ収集数グラフと詳細ログの形で表示されます。

① クエリのフィールド検索部分です。Lucene Syntaxを用いて検索条件を定義できます。

② 検索期間を設定でき、設定された期間中に収集されたログを照会できます。

③ ログの検索結果を棒グラフで表示します。横軸の日時の間に収集されたログの数が表示されます。棒をクリックすると当該期間中のログのみを見ることができ、棒をダブルクリックすると時間帯別のログをより詳しく確認できます。

④ Effective Log Search & Analyticsでは、高速フィルタ を用いてログを簡単にフィルタリングできます。

  • 高速フィルタは、各項目に該当するデータを持つログが検索結果に一つ以上ある場合にのみ、フィルタ項目に表示されます。
    • 例) logLevel、logSource、projectVersion値を持つログだけがあり、logType値を持つログが現在の検索結果に一つもない場合、logTypeは高速フィルタ項目に表示されない

⑤ 検索されたログの詳細が表示される部分です。表示されたログの各項目をクリックして、①のクエリを入力できます。

ログの可視化

Effective Log Search & Analyticsは、ログを視覚化してダッシュボードを構成する機能を提供します。 Effective Log Search & Analyticsには、Kibanaが内蔵されており、これによりLog DataをQueryしてダッシュボードを構成できます。

ディスカバー

Kibana > ディスカバーメニューでQueryを作成し、可視化するLog Dataを検索することができます。ディスカバーメニューで作成されたQueryを保存してダッシュボードを作成する時に、ダッシュボードを構成する個々のWidgetに含まれるData範囲で呼び出すことができます。

  • Lucene Queryを作成して、収集するLog Dataを検索することができます。Lucene Query入力と期間を選択した後、[Refresh] ボタンをクリックすると、当該Queryで検索されたLoのヒストグラムとLog Dataの詳細を確認することができます。

  • ディスカバーメニューでは、検索されたLog Dataを表形式で確認することもできます。左側のサイドメニューから表に追加するフィールドを選択すると、Log Dataが表形式で表示され、選択したフィールドが表の列として表示されます。

  • Log Dataを確認した後、上段の [Save] ボタンをクリックして、現在設定されている条件を保存することができます。保存されたQueryは、Kibana > クエリリストメニューで確認でき、ダッシュボード > ビジュアライズ作成*メニューから、新しいWidgetを追加する時にデータソースとして活用できます。

  • [Inspect]ボタンをクリックして、現在の検索結果に関する概要情報とリクエスト、および受信情報を確認することができます。

クエリリスト

Kibana > クエリリストメニューから、ディスカバーメニューで保存したクエリのリストを確認することができます。

  • クエリリストメニューでは、**ディスカバーメニューで保存したクエリのリストを確認し、これを削除、修正することができます。
  • [検索追加]ボタンをクリックして、新しいクエリを作成できます。また、作成したクエリを、ダッシュボード > ビジュアライズ作成 メニューで、新しいWidgetを追加する時にデータソースとして活用できます。

ビジュアライズ作成

ダッシュボード > ビジュアライズ作成メニューで、Log Dataを選択して可視化することができます。

  • Area/Line Chart, Heat Mapなど、さまざまな方法の可視化をサポートします。

  • 可視化する方法を選択した後、データソースを指定することができます。Index Patternまたはディスカバーメニューから、保存したクエリリストを選択して、データソースを選択することができます。

  • Metric Aggregation, Bucket Aggregationを介して、集計方法やソート順序などを指定して、Log Dataをさまざまな方法で可視化することができます。

  • Metric & axesメニューで、各軸の表示方法、Labelの表示設定や位置などを指定することができます。

  • Panel settingsメニューで、該当するビジュアライズの凡例、グリッドの表示方法などを詳しく設定することができます。

  • 任意の方法でビジュアライズを構成した後、上段の [Save] ボタンをクリックして、画像上の結果を保存することができます。保存したビジュアライズは、ビジュアライズ管理メニューからリストで確認でき、いつでも編集することができます。

ダッシュボードの構成

ダッシュボード > 新規作成メニューで、新規のダッシュボードを構成できます。

  • [Create New]ボタンをクリックし、新規のビジュアライズを作成することができます。さらに、[Add]ボタンをクリックして、既に作成したビジュアライズをダッシュボードに追加することができます。

  • ダッシュボードで、各ビジュアライズのサイズや位置を自由に修正できます。

  • ダッシュボードの設定が完了したら、[Save] ボタンをクリックして、ダッシュボードを保存します。保存したダッシュボードは、ダッシュボードメニューの下位に新しいメニューとして追加され、追加したダッシュボードはクリックしてすぐに確認することができます。

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...