リンク一覧

ご利用方法

Cloud Outbound Mailerのご利用お申し込み

Cloud Outbound Mailerは、パーソナライズドコンテンツメールを素早くかつ安定的に送信できるサービスです。
GUIを利用し、お知らせ、情報、マーケティングの大量メールを手軽に送信したり、運用しているサービスに連携して送信することができます。

Cloud Outbound Mailerを利用するためには、ご利用をお申し込みいただく必要があります。

コンソールからProducts & Servicesを選択した後、右下のAI-Application Service > Cloud Outbound Mailerを選択し、Cloud Outbound Mailerサービスに移動します。

サービス利用をお申し込みいただいていない場合には、サービスのお申し込みの後サービスがご利用になれます。

① Cloud Outbound Mailerのサービス利用をお申し込みいただいていない場合には、Cloud Outbound Mailer > Subscriptionメニューをクリックし、サービスのご利用お申し込み画面に移動します。
② 下段のご利用のお申し込みをクリックすると、ご利用のお申し込みが完了します。

サービス利用規約を読んで同意します。
個人情報の処理及び保護に関する合意を併せて行うことを希望される場合には、同意してください。

  • 個人情報の処理及び保護に関する合意は選択事項として、申し込みが完了した後も合意することが可能です。

確認をクリックします。
確認をクリックします。

個人情報の処理及び保護に関する合意

Cloud Outbound Mailerは、お客様にご入力いただいた顧客情報を利用してメールを送信しています。
そのため、お客様にご入力いただいた個人情報を利用することに対する個人情報の処理及び保護に関する合意を行うことができます。

① Cloud Outbound Mailerのご利用お申し込みの後、Cloud Outbound Mailer > Subscriptionメニューをクリックし、サービスのご利用お申し込みの画面に移動します。
② 下段の個人情報の合意契約をクリックします。
個人情報の処理及び保護に関する合意に以前合意されていない場合には、個人情報の処理及び保護に関する合意書が表示されます。

        

        ① 個人情報の処理及び保護に関する合意書を読んで同意します。
        ② 確認をクリックします。

個人情報の処理及び保護に関する合意に以前合意されている場合には、個人情報の処理及び保護に関する合意の日時及び情報が表示されます。

        

        ① 確認をクリックします。

Mailing listの照会及びメールの送信

メール送信のリクエスト履歴をいつでも検索することができます。

リクエスト別のメールリスト

Mailing listメニューを選択して利用することができます。
送信するをクリックすると、メール送信画面に移動します。
リクエスト別リストタブをクリックし、リクエスト別リストを照会します。
④ リクエスト日時、送信状況、リクエストID、メールID、受信者/送信者アドレス、メールの件名、テンプレート、送信のリクエストツールなどの条件を使って、リクエストされたメール履歴を検索します。
 検索されたリストから、テンプレート名、送信者、リクエスト日時、受信者数、予約送信日時、送信終了日時、送信状況を確認することができます。
ダウンロードのリクエスト/リストをクリックすると、検索結果をExcelファイルでダウンロードをリクエストし、リクエストの結果を確認できるウィンドウが表示されます。
⑥ リクエストの送信状況別に送信取消即時送信を行うことができます。

  • 送信取消送信準備中送信準備送信中の状態にあるリクエストを、送信取消をクリックして送信を取り消すことができます。

メール状況別送信取消の詳細動作
送信準備中:送信準備中とは、お客様のリクエストした情報をCloud Outbound Mailerに保存している状況です。
                    よって、送信を取り消した際は、既に保存された情報は送信取消にステータスを変更し、まだ登録されていない情報は登録を取り消して保存されません。
送信準備:送信準備とは、お客様のリクエストした情報をCloud Outbound Mailerに保存を完了した状況です。
                    よって、送信を取り消した際、保存された全てのメール情報を送信取消にステータスを変更します。
送信中:送信中とは、お客様のリクエストした情報をCloud Outbound Mailerに保存を完了し、メール送信を始めた状況です。
                    よって、送信を取り消した際、既に送信が完了したメールは送信完了にステータスを維持し、送信前のメールは送信取消にステータスを変更します。

※ Cloud Outbound Mailerは、メール送信サービスとして、宛先のメールサービスで送信が完了したメールを取り消す方法は提供されておりません。

  • 即時送信送信準備の状態にあるリクエストを、即時送信をクリックすることで即時送信することができます。(予約メールの場合は、予約された時刻でない現在時刻で即時送信されます。)

⑦ 受信者数をクリックし、当該リクエストに対するメール別のメールリスト画面に移動します。

リクエスト内容の詳細をみる

① リクエスト別のメールリストから項目をクリックすると、詳細情報が表示されます。
② 送信所要時間、リクエストIP、送信のリクエストツール(API、CONSOLE)を確認することができます。

  • 送信のリクエストツールのAPI:APIを利用してメールの送信がリクエストされました。
  • 送信のリクエストツールのCONSOLE:NAVERクラウドプラットフォームのコンソール画面を利用してメールの送信がリクエストされました。
  • 送信所要時間:送信のリクエストが登録された後、実際に送信が完了するまでかかる時間をhh:mm:ss.SSS形式の文字列で表示します。
  • 取消日時:送信取消の際に取り消された日時
  • リクエスト数:メールが分けられて送信された数を意味します。個別送信でない場合、総受信者数よりリクエスト数が小さい場合があります。
  • 受信者数:カーボン・コピー(CC)/ブラインド・カーボン・コピー(BCC)を含む受信者数の合計です。
    メール別リストをみるをクリックし、当該リクエストに対するメール別のメールリスト画面に移動します。

メール送信状況

  • 送信準備中:送信履歴テーブルに保存している状態です。送信準備中に送信を取り消すと、リクエスト別のメールリストに表示される受信者数と受信者別メールリストの数が相互異なることがあります。
  • 送信準備:送信履歴テーブルに保存が完了した状態です。予約送信確認後送信がリクエストされたメールの状態です。この状況で、送信取消又は即時送信が可能です。
  • 送信中:送信中の状態です。この状態で送信取消が可能であり、その際にまだ送信されていない一部のメールに対してのみ送信が取り消されます。
  • 送信成功:送信がリクエストされたメールの中で、送信失敗のメール存在しない状態です。(全てのメールが送信に成功したか、又は一部のメールに受信拒否が存在することがあります。)
  • 一部失敗:送信がリクエストされたメールの中の一部は成功し、一部は送信に失敗した状態です。各メールの送信状況は、受信者数をクリックして受信者別のメールリスト画面に移動して確認しなければなりません。
  • 送信失敗:送信がリクエストされたメールの全てが送信に失敗した状態です。(全てのメールの送信に失敗したか、又は一部のメールに受信拒否が存在することがあります。)
  • 受信拒否:送信がリクエストされた広告メールが全て受信拒否で送信されていない状況です。(一部のみが受信拒否された場合には、別のステータスになります。)
  • 送信取消:送信が取り消された状態です。

受信者別リスト

受信者別リストタブをクリックし、受信者別リストを照会します。
② リクエスト日時、受信者アドレス、受信者アドレスドメイン、送信結果コード照会条件を利用し、受信者別リストを照会することができます。
③ 検索されたリストからMail ID、件名、テンプレート名、受信者、タイプ、送信者、登録日、送信状況を確認することができます。

送信結果コード

メール送信結果をコード化させた値です。各コードの意味は、以下の通りです。

  • CANCELED_MAIL:送信取消結果コードです。
  • CONNECTION_ABNORMAL:コネクション異常による一時的送信失敗結果コードです。
  • CONTENT_HAS_TAG_FORM:コンテンツ(件名及び本文)内の置換タグの存在による送信失敗結果コードです。
  • EMPTY_BODY_CONTENT:システムエラーによりメール本文を設定できなかったために発生した送信失敗結果コードです。
  • MAILBOX_ABNORMAL:宛先メールの受信トレイの異常による一時的な送信失敗結果コードです。
  • MAILBOX_ERROR:メール受信トレイのエラーによる送信失敗結果コードです。
  • MAIL_CONTENTS_ERROR:メールコンテンツエラーによる送信失敗結果コードです。
  • MAIL_SENT:送信成功結果コードです。
  • MIME_MESSAGE_CREATE_FAIL:システムエラーによりMIME MESSAGEの作成に失敗して発生した送信失敗結果コードです。
  • NETWORK_ABNORMAL:ネットワーク異常による一時的な送信失敗結果コードです。
  • NETWORK_ERROR:ネットワークエラーによる送信失敗結果コードです。
  • NONEXISTENT_DOMAIN_ADDRESS:存在しないドメインアドレスに送信をリクエストして発生した送信失敗結果コードです。
  • RECEIVE_MAIL_SERVICE_ABNORMAL:宛先メールサービスの異常による一時的送信失敗結果コードです。
  • RECEIVE_MAIL_SERVICE_ERROR:宛先メールサービスエラーによる送信失敗結果コードです。
  • RECIPIENT_ADDRESS_ERROR:宛先アドレスエラーによる送信失敗結果コードです。
  • RESENDING_MAIL:再送中の送信結果コードです。
  • RESEND_MAIL_FAIL:再送試行の超過による送信失敗結果コードです。
  • SECURITY_AND_POLICY_ABNORMAL:セキュリティ及びポリシー異常による一時的送信失敗結果コードです。
  • SECURITY_AND_POLICY_ERROR:セキュリティ及びポリシーエラーによる送信失敗結果コードです。
  • SEND_BLOCK_ADDRESS:送信遮断されたアドレスに送信をリクエストして遮断した結果コードです。
  • SMTP_ABNORMAL:宛先とのSMTP異常による一時的送信失敗結果コードです。
  • SMTP_ERROR:宛先とのSMTPエラーによる送信失敗結果コードです。
  • TEST_MAIL_SEND:システムのテストメール送信結果コードです。
  • UNDEFINED_ERROR:定義されていないエラーによるメール送信失敗結果コードです。
  • UNKNOWN_CAUSE_FAIL:システム内外で発生した不明なエラーによる送信失敗結果コードです。
  • UNKNOWN_DOMAIN_ADDRESS:不明なドメイン或いは遮断されたドメインの含まれたアドレスへの送信のリクエストによる送信失敗結果コードです。
  • UNSUBSCRIBE_ADDRESS:受信拒否をリクエストしたアドレスにメール送信をリクエストして送信遮断された送信結果コードです。
  • UNSUPPORTED_ENCODING_ADDRESS:宛先アドレスのエンコード失敗によるメール送信失敗結果コードです。

メール別リスト

リクエスト別のメールリストで受信者数又はリクエスト内容の詳細画面でメール別リストをみるをクリックすると移動する画面として、1つの送信リクエストによって送信がリクエストされたメールリストを表示します。

① リクエスト別メールリスト画面に戻ります。(件名の右の数字は、メール送信リクエストIDです。)
② 送信状況、メールID、宛先アドレス、メール件名の条件を利用し、送信がリクエストされたメール履歴を検索します。
ダウンロードのリクエスト/リストをクリックすると、検索結果をExcelファイルでダウンロードをリクエストし、リクエストの結果を確認できるウィンドウが表示されます。

Mailing list Excelファイルのダウンロード

"リクエスト別のメールリスト"又は"メール別メールリスト"の検索された結果からダウンロードのリクエスト/リストをクリックすると、次のExcelのダウンロードリスト画面が表示されます。

ファイル作成をリクエストするをクリックすると、Mailing listから検索された結果をExcelファイルで作成をリクエストします。
再読み込みをクリックすると、Excelファイルの作成状況の再読み込みが行われます。(ボタンをクリックしないと、10秒おきに自動で再読み込みが行われます。)
③ Excelファイルの作成が完了すると、ステータスが完了に変更され、ダウンロードするをクリックすると、Excelファイルをダウンロードすることができます。
パラメータをみるをクリックすると、Excelのダウンロードリクエストのパラメータ情報をポップアップウィンドウを介して確認することができます。

作成のリクエストから1週間が経過したファイルは、ステータスが満了に変更され、それ以上ダウンロードすることができません。

Mail内容の詳細をみる

① メール別リストから項目をクリックすると、詳細情報が表示されます。リクエスト日時、送信日時、予約送信日時、送信状況、受信情報などを確認することができます。
② 予約送信をリクエストした後、まだ送信が行われていない場合、予約送信を取り消すことができます。予約送信を取り消すと、そのメールのみの送信が取り消されます。(全てのリクエストを取り消すためには、リクエスト別メールリストから送信を取り消す必要があります。)
内容をみるをクリックすると、メール件名、内容などを確認することができます。

一般メールの送信

Mailing list画面から送信するをクリックすると、 メール送信画面が表示されます。作成されたテンプレートを利用し、メールを送信したり一般メール、広告メールを大量で送信することができます。

  • UI画面で宛先アドレスは、最大で1,000人まで入力することができます。
  • ファイルのアップロードを通じて大量メールを送信する場合、一度に100,000人に送信が可能です。
  • グループ組み合わせ大量メール送信画面を利用して送信する場合、受信者数の制限なしに送信が可能です。
  • 送信するメールアドレスは、可能であれば送信者所有のドメインのEmailアカウントを利用することをお勧めいたします。
    DMARCの適用された'id@naver.com'のようなポータルサイトのWebメールアカウントを利用する場合、DMARC検査に失敗し、宛先ポリシーによってスパム処理される可能性が高いです。

① テンプレートを利用するには、テンプレートを利用するを選択します。
② 自動完成機能とツリー構造の選択画面が提供され、手軽にテンプレートを選択することができます。
③ メールを作成し、プレビューを表示するをクリックします。

  • 添付ファイルの条件は、次の通りです。
    • 次のような拡張子のファイルは添付できません。
      • bat、cmd、com、cpl、exe、scr、js、vbs、ocx、pif、msi、efi、fon、drv、dll、sys、app、dmg、ipa、apk、jar、wsh、reg、hlp、lnk、wsf、scf、swf、cab
    • 上記の拡張子のファイルの含まれた圧縮ファイルは(zip、rarなど)は、送信に失敗することがあります。
    • 添付ファイルは、1つあたり最大で10MBの制限があり、計20MBに制限されます。メール本文に含まれたイメージファイルも、添付ファイルサイズの制限である20MBに含まれます。

④ 件名、内容に${TAG_NAME}形式の置換タグがある場合、置換タグ値の入力画面が表示されます。置換タグ値を入力し、確認をクリックすると、プレビュー画面が表示されます。
プレビュー画面で件名、内容に入力された置換タグ値の置き換えられたされたメールを確認することができます。確認の後、送信するをクリックします。
確認をクリックします。

  • ③でプレビューの代わりに、確認後送信する又は送信するをクリックすると、④から⑥に進みます。

広告メールの送信

広告メールは、営利目的の広告性の情報を送信する際に利用します。受信拒否に登録されたメールの受信者にはメールが送信されません。

① テンプレートを利用するためには、テンプレートを利用するを選択します。
②自動完成機能とツリー構造の選択画面が提供され、手軽にテンプレートを選択することができます。
メール区分において広告メールを選択します。送信の際の注意事項をクリックし、広告メールの送信の際の注意事項を確認することができます。広告メールは、次のような内容が追加されます。

  • (3a):件名の冒頭に"(広告)"キーワードが自動追加されます。(ユーザーのLanguageが英語である場合、"(Ad)"キーワードの自動追加)
  • (3b):基本受信拒否のフレーズを利用したり、修正するをクリックして直接定義した受信拒否のフレーズ を利用することができます。修正するボタンを選択した後、空にするをクリックする際に、受信拒否のフレーズの内容を削除することができます。 その受信拒否のフレーズ の位置は、基本的に本文の下段に追加されます。それを変更したい場合は、#{UNSUBSCRIBE_MESSAGE}タグを本文の希望する位置に入力すると、受信拒否のフレーズの位置が#{UNSUBSCRIBE_MESSAGE}タグの位置に変更されます。

④ メールを作成し、プレビューを表示するをクリックします。

  • 添付ファイルの条件は、次の通りです。
    • 次のような拡張子のファイルは添付できません。
      • bat、cmd、com、cpl、exe、scr、js、vbs、ocx、pif、msi、efi、fon、drv、dll、sys、app、dmg、ipa、apk、jar、wsh、reg、hlp、lnk、wsf、scf、swf、cab
    • 上記の拡張子のファイルの含まれた圧縮ファイルは(zip、rarなど)は、送信に失敗することがあります。
    • 添付ファイルは、1つあたり最大で10MBの制限があり、計20MBに制限されます。メール本文に含まれたイメージファイルも、添付ファイルサイズの制限である20MBに含まれます。

⑤ 件名、内容に${TAG_NAME}形式の置換タグがある場合、置換タグ値の入力ウィンドウが表示されます。置換タグ値を入力し、確認をクリックすると、プレビューウィンドウが表示されます。
プレビュー画面で件名、内容に入力された置換タグ値の置き換えられたされたメールを確認することができます。確認の後、送信するをクリックします。
確認をクリックします。

  • ④でプレビューの代わりに、確認後送信する又は送信するをクリックすると、⑤から⑦に進みます。

大量送信区分別送信

大量送信区分で、一般個別送信ファイルのアップロードを通じた大量メール送信グループ組み合わせ多量メール送信の中から選択してメールを送信します。

  • 同じ内容のメールの意図しない重複送信を予防するために、宛先アドレスに重複するメールアドレスを入力することができません。
  • 同じ内容を送信しつつ宛先アドレスに複数名の受信者が表示されてもよい場合は、一般を選択します。
    • 一般の場合、メタタグを使うことができません。
    • 広告メールの場合、一般を選択することができません。
  • 受信者が複数でも、個別に送ったかようにメールを送りたい場合には、個別送信を選択します。
  • 1,000人超過の受信者にメールを送ったりユーザー置換タグを通じて受信者別のパーソナライズドメッセージを送りたい場合には、ファイルのアップロードを通じた大量メール送信を利用します。
  • 既に管理している受信者グループを使うか、10万人超過の受信者にメールを送りたい場合には、グループ組み合わせ大量メール送信を利用します。

一般メールを送信する際に、宛先、CC、BCC アドレスを入力してメールを送信することができます。

  • 宛先アドレス:宛先アドレスは、1,000人まで入力することができ、30人ずつ分けてメールが送信されます。
  • CCアドレス:CCアドレスは、30人まで入力することができます。
  • BCCアドレス:BCCアドレスは、30人まで入力することができます。
  • 大量入力:名前<aaa@aaa.com>又はaaa@aaa.com形式のメールアドレスを多重入力することができ、空白、コンマ(,)、改行(newline)を区分子として使うことができます。

個別送信の際には、宛先アドレスのみを入力することができます。

  • 宛先アドレス:宛先アドレスは、1,000人まで入力することができ、各個別に分けてメールが送信されます。
  • 大量入力大量入力をクリックすると、名前aaa@aaa.com>又はaaa@aaa.com形式のメールアドレスを多重入力することができ、空白、コンマ(,)、改行(newline)を区分子として使うことができます。

ファイルアップロードを通じた大量メール送信の際には、様式をダウンロードして受信者アドレスを入力して大量に送信することができます。

  • 大量受信者送信用の入力様式をダウンロードするをクリックし、様式をダウンロードします。
  • ⑤ ダウンロードしたファイルに受信者アドレス、置換タグ値を入力します。最大で100,000件の受信者アドレスを入力することができます。
  • 大量送信用のファイルを選択するをクリックし、作成した様式ファイルを選択します。

⑦ 予約送信を行う場合、予約送信日時を入力します。

  • 予約送信でメール送信を予約した後、Mailing listから詳細内容を確認します。
  • メール内容を修正したい場合は、予約メール送信を取り消した後、メールを再送することができます。
  • 予約送信日時は、現在時刻から最大で30日後まで指定することができます。

グループ組み合わせ大量メール送信

アドレスグループを1つ選択し、含まれた全受信者にメールを送信するか、2つ以上を選択し、AND/ORの組み合わせフィルターを利用し、組み合わせられた結果の受信者に個別メールを送信します。(このとき、受信者数の制限はありません。)

  • アドレスグループ:組み合わせるアドレスグループを選択します。アドレスが1つ以上登録されたアドレスグループのみを選択することができます。最大5つのアドレスグループを選択することができます。
  • 組み合わせフィルター:選択されたアドレスグループに含まれたアドレスが組み合わせられる方式を指定します。(アドレスグループが1つのみ選択されている場合、フィルターの種類に関係なく、そのグループのアドレスが全て選択されます。)
    • AND:複数のアドレスグループに共通して含まれた受信者アドレスのみが選択されます。
    • OR:複数のアドレスグループに1つでも含まれた受信者アドレスは全て選択されます。
  • 組み合わせ結果ダウンロードのリクエスト/リスト:アドレスグループに組み合わせフィルターが適用された結果リストをExcelファイルダウンロードのリクエストを通じて予め確認することができます。

確認後送信

各受信者に送信されるメール内容を確認した後、メールを送信するために、確認後送信機能を利用することができます。 確認後送信機能は、予約日が指定されない予約送信と同じです。

確認後送信機能を使ってメール送信をリクエストすると、予約送信と同様に実際にメール送信が行われず、送信準備でリクエスト別リストに表示されます。

① 受信者別メールリストで実際送信されるメールの件名/内容を確認した後、メールを取り消すためには、 送信を取り消すをクリックします。
② 実際にメールを送信するには、即時送信するをクリックします。 (30日以上前に登録したリクエストに対しては、即時送信の機能を利用することができません。)

置換タグを通じたコンテンツのパーソナライゼーション

メールの件名と内容に置換タグを入力し、パーソナライズドコンテンツを送信することができます。

置換タグは、置換値をユーザーが直接入力するユーザー定義の置換タグ ${TAG_NAME}と、メール別のMeta情報を通じて値が自動的に置き換えられるMeta情報の置換タグ #{TAG_NAME}の2種類に区分されます。

ユーザー定義の置換タグ

${TAG_NAME}形式で数の制限なしに置換タグを入力することができます。

メールの送信の際、メールを送信するためには、置換タグに置き換えられる値を全てユーザーが入力して転送する必要があります。 件名/内容に入力された置換タグの値が1つでも転送されなければメールを送信することができません。

Meta情報の置換タグ

#{TAG_NAME}形式でTAG_NAMEには、次のような指定された値のみを使うことができます。

  • RECIPIENT_NAME:受信者名
  • RECIPIENT_ADDRESS:受信者メールアドレス
  • SENDER_NAME:送信者名
  • SENDER_ADDRESS:送信者メールアドレス
  • UNSUBSCRIBE_URL:受信拒否リンクURL

メールを送信する際、置換タグに置き換えられる値は、リクエスト情報で自動的に収集した後、置き換えられてメールが送信されます。(RECIPIENT_NAME, SENDER_NAMEの場合、値が指定されていないことがあり、この場合空値に置き換えられる)

ユーザー定義の置換タグのように利用することができます。

一般大量送信の区分としては、Meta情報の置換タグの入力されたメールを送信することができません。

置換タグを利用してパーソナライズド内容のメール送信(APIの使用例)

1. 全受信者にユーザー定義の置換タグの値を共通して適用する場合

次のようなJSONをメール送信のリクエストの際、requestBodyに送信します。

{
  "senderAddress":"no_reply@company.com",
  "senderName":"管理者",
  "title":"第${SEQ}次のイベントのお知らせです。",
  "body":"こんにちは #{RECIPIENT_NAME}様! 第${SEQ}次のお客様感謝イベントを実施します... <br /> <a href='#{UNSUBSCRIBE_URL}' target='_blank'>受信拒否</a>",
  "parameters":{
     "SEQ":"3"
  },
  "recipients":[
    {
      "address":"hongildong@naver_.com",
      "name":"ホン・キルドン",
      "type":"R"
    },
    {
      "address":"chulsoo@daum_.net",
      "name":"キム・チョルス",
      "type":"R"
    }
  ],
  "individual":true
}

このコードは、次のようなプロパティを含んでいます。

  • senderAddress:送信者メールアドレス。#{SENDER_ADDRESS}置換タグの代わりに自動的に置き換えられる値です。
  • senderName:送信者名。#{SENDER_NAME}の置換タグの代わりに自動的に置き換えられる値です。
  • title${SEQ}ユーザー定義の置換タグを利用した件名
  • body:受信者名、受信拒否リンクのMeta情報の置換タグと、${SEQ}のユーザー定義の置換タグを含むメールテキスト本文
  • parameters:全受信者に適用される置換パラメータ。'置換タグ'をkeyで、'置換タグにマッピングされる値'をvalueとしてもつJSONオブジェクト
  • recipients:1つ以上の受信者を含むリストです。
    • address:受信者アドレスです。#{RECIPIENT_ADDRESS}の置換タグの代わりに自動的に置き換えられる値です。
    • name:受信者名です。#{RECIPIENT_NAME}の置換タグの代わりに自動的に置き換えられる値です。
    • type:受信者タイプです。individual値がtrueであれば、"R"(受信者)、individual値がfalseであれば、"R"(受信者)、"C"(CC)、"B"(BCC)を指定することができます。
  • individual:個別送信結果です。個別送信である場合、各個別にメールの件名と内容とがレンダリングされ、唯一の受信者に指定されて送信されます。(CC、BCCは無視される)

件名は、ユーザー定義の置換タグを通じて一度レンダリングされ、全受信者に同様に送信され、内容は受信者名のMeta情報の置換タグと、ユーザー定義の置換タグを通じてパーソナライズドされ、相互異なる内容が送信されます。

コンソールを利用した送信方法は、次の通りです。

  1. 件名又は内容にユーザー定義の置換タグを入力します。
  2. 大量送信区分を個別送信又はグループ組み合わせ大量メール送信に選択し、送信又は確認後送信するをクリックします。
  3. 置換タグ値を入力するのポップアップウィンドウが開くと、ユーザーの入力した置換タグに値を入力した後、確認をクリックするとメールが送信されます。
2. 複数の受信者にユーザー定義の置換タグの値をそれぞれ適用する場合

次のようなJSONをメール送信のリクエストの際、requestBodyに送信します。

{
  "senderAddress":"no_reply@company.com",
  "senderName":"管理者",
  "title":"#{RECIPIENT_NAME}様、こんにちは。貴殿のレベル変更をお知らせいたします。",
  "body":"貴殿のレベルが${BEFORE_GRADE}から${AFTER_GRADE}に変更されました。<br /> <a href='#{UNSUBSCRIBE_URL}' target='_blank'>受信拒否</a>",
  "recipients":[
    {
      "address":"hongildong@naver_.com",
      "name":"ホン・キルドン",
      "type":"R",
      "parameters":{
        "BEFORE_GRADE":"SILVER",
        "AFTER_GRADE":"GOLD"
      }
    },
    {
      "address":"chulsoo@daum_.net",
      "name":"キム・チョルス",
      "type":"R",
      "parameters":{
        "BEFORE_GRADE":"BRONZE",
        "AFTER_GRADE":"SILVER"
      }
    }
  ],
  "individual":true
}

このコードは、次のようなプロパティを含んでいます。

  • senderAddress:送信者メールアドレス。#{SENDER_ADDRESS}置換タグの代わりに自動的に置き換えられる値です。
  • senderName:送信者名。#{SENDER_NAME}の置換タグの代わりに自動的に置き換えられる値です。
  • title:受信者名のMeta情報の置換タグを利用した件名
  • body:受信拒否リンクのMeta情報の置換タグと、${BEFORE_GRADE}${AFTER_GRADE}の2つのユーザー定義の置換タグを含むメールテキスト本文
  • recipients:1つ以上の受信者を含むリストです。
    • address:受信者アドレスです。#{RECIPIENT_ADDRESS}の置換タグの代わりに自動的に置き換えられる値です。
    • name:受信者名です。#{RECIPIENT_NAME}の置換タグの代わりに自動的に置き換えられる値です。
    • type:受信者タイプです。individual値がtrueであれば、"R"(受信者)、individual値がfalseであれば、"R"(受信者)、"C"(CC)、"B"(BCC)を指定することができます。
    • parameters:受信者別に適用される置換パラメータ。'置換タグ'をkeyで、'置換タグにマッピングされる値'をvalueとしてもつJSONオブジェクト。
  • individual:個別送信結果です。個別送信である場合、各個別にメールの件名と内容とがレンダリングされ、唯一の受信者に指定されて送信されます。(CC、BCCは無視される)

件名は、Meta情報の置換タグを通じて自動的に置き換えられ、内容はユーザー定義の置換タグを通じて受信者別に転送された値でそれぞれ置き換えられてレンダリングされます。

コンソールを利用した送信方法は、次の通りです

  • 件名又は内容にユーザー定義の置換タグを入力します。
  • 大量送信区分をファイルのアップロードを通じた大量メール送信に選択し、大量受信者送信用の入力様式のダウンロードをクリックしてExcel様式をダウンロードします。
  • Excel様式に受信者情報(アドレス又は名前<アドレス>形式)と各置換タグの値を入力します。
  • このように準備されたExcelファイルをアップロードしてメールを送信します。

受信者グループの管理

Address bookを選択し、受信者グループの管理画面に移動することができます。ここで、管理された受信者グループは、メールの送信の際、AND又はOR条件で組み合わせて大量の受信者を選択するのに利用することができます。

受信者グループリスト

  • 作成されたグループ名とグループに含まれたメールアドレス数が一緒に表示されます。(例:グループ名(個数))
  • リストの最上位の全アドレスは、登録された全アドレスのリストを意味します。
  • アドレスは、0個又はN個以上の複数のグループに含まれることがあります。
  • 各受信者グループ名のの右のcontextメニューを通じて、次の追加作業を行います。(受信者グループがアドレスを有していない場合、メールを送るメニューは表示されません。)

    • メールを送る:当該受信者グループが選択されたまま、メールを送る>グループ組み合わせ大量メール送信画面に移動します。
    • 名前を修正する:受信者グループの名前を修正します。
    • 空にする:受信者グループを空にする。受信者グループに属する全てのメールアドレスとの相関関係を削除します。当該グループとの相関関係だけが削除されるだけで、アドレスそのものが削除されるわけではありません。
    • 削除する:受信者グループを削除します。
  • 全アドレス又は各受信者グループ名をクリックすると、右に当該グループに含まれたアドレスリストが表示されます。

受信者グループの登録

  • グループ名の入力ウィンドウにグループ名を入力した後、作るをクリックし、新しいグループを作ることができます。その際、グループ名は重複してはなりません。
  • グループ名は次の文字のみが入力可能であり、最大で100文字まで入力することができます。
    • ハングル
    • 英文大文字・小文字
    • 数字
    • . (ドット)
    • _ (アンダースコア)
    • - (ハイフン)

受信者グループアドレスリスト

  • 全アドレス又は各受信者グループ名をクリックすると、右に当該グループに含まれたアドレスリストが表示されます。
  • メールアドレスの検索を通じて当該アドレスが存在するか否かを確認することができます。
  • ダウンロードのリクエスト/リストメニューを通じ、メールアドレスをExcelファイルでリクエストした後、ダウンロードすることができます。
  • メールアドレスの左のチェックボックスをチェックし、次のような作業を行います。
    • 削除する:メールアドレスを削除します。アドレスそのものが削除されるわけではなく、当該グループだけでなく、含まれた全てのグループでも一緒に削除されます。
    • グループから削除する:(全アドレスリストでは表示されない)当該グループとの相関関係だけが削除されるだけで、アドレスそのものが削除されるわけではありません。
    • グループを修正する:選択されたアドレスが共通して含まれた受信者グループリストがチェックされたままグループリスト選択ウィンドウがポップアップされます。追加しようとする受信者グループをチェックし、削除しようとする受信者グループは選択解除した後、適用するをクリックすると、選択されたアドレスが当該グループに追加/削除されます。 このとき、新しい受信者グループを作った後、すぐに適用することもできます。
    • メールを送信する:選択されたアドレスが入力されたままでメールを送信する>個別送信画面に移動します。
  • 各メールアドレスの右のcontextメニューを通じて次の追加作業を行います。
    • メールを送信する:アドレスが入力されたまま、メールを送信する>個別送信画面に移動します。
    • 削除する:メールアドレスを削除します。アドレスそのものが削除されるわけではなく、当該グループだけでなく、含まれた全てのグループでも一緒に削除されます。

アドレスの登録

  • アドレスを登録するをクリックすることで、大量のメールアドレスを一括登録することができます。
  • このとき、選択された受信者グループメニューが全アドレスであれば、受信者グループを指定することなく、アドレスのみが登録され、特定の受信者グループであれば当該受信者グループに0アドレスが登録されます。
  • 次の2つの方法を利用し、アドレスを大量登録することができます。
    • 多重入力:tab、space、コンマ(,)、セミコロン(;)、又は改行文字を区分子として、メールアドレスを大量に入力することができます。一度に最大1,000のアドレスを登録することができます。
    • 大量ファイルアップロード:メールアドレスの入力されたcsvファイル又はExcelファイルをアップロードしてください。一度に最大10MBサイズ以下のファイルをアップロードすることができます。アドレスの登録は非同期として処理され、ファイルのサイズによって完了するまで数秒から数分かかります。登録の完了やエラー発生時に、コンソールの右上のNotificationを通じて結果をお知らせいたします。

初期化

全てのメールアドレス及び受信者グループを削除し、アドレス帳を初期化します。

テンプレートの登録

メール送信に使うテンプレートを登録します。カテゴリーを登録してテンプレートを分類することができます。

1. カテゴリーを作る

Manage templatesメニューを選択します。
② 作るカテゴリー名を入力します。
作るをクリックすると、カテゴリーが作られます。
④、⑤下位カテゴリーを作るためには、ツリーから上位カテゴリーを選択した後、カテゴリーを作ります。

2. テンプレートを作成する

① ツリーからカテゴリーを選択します。
テンプレートを登録するをクリックすると、テンプレート登録の詳細画面が表示されます。
③ テンプレート名、送信者、件名、内容を入力します。

  • 件名、内容には、${置換タグ名}形式の置換タグを利用することができます。

登録するをクリックし、テンプレートを登録します。
⑤、⑥登録されたテンプレートは、ツリーからマウスでドラッグアンドドロップすることでカテゴリーを移動することができます。

3. テンプレート内容を確認する

登録されたテンプレートの内容を確認することができます。

① テンプレートの詳細画面で内容を確認するをクリックすると、内容の確認画面が表示されます。
② 宛先アドレス、置換タグ値を入力します。
プレビューを表示するをクリックすると、 件名、内容に入力された置換タグ値が置き換えられたメールを確認することができます。
④ プレビューを確認した後、確認をクリックします。

  • 送信するをクリックすると、選択したテンプレートを利用したメール送信画面に移動します。
  • 修正するをクリックすると、テンプレートの修正画面に切り替わります。

Template Jsonダウンロード

"Manage template"でJson Download生成のリクエスト/リストをクリックすると、Jsonダウンロードのリスト画面が表示されます。

Manage templatesメニューを選択します。
Json Download生成要請/一覧をクリックします。
ファイル作成要求をクリックすると、現在使用中のカテゴリとテンプレートをJsonファイルとして生成要求します。
更新をクリックすると、Jsonファイルの生成状況が更新されます。(ボタンをクリックしない場合、10秒に1回ずつ自動的に更新されます。)
⑤ Json ファイルの作成が完了すると、ステータスが完了に変更され、ダウンロードをクリックすると、Json ファイルをダウンロードできます。

作成のリクエストから1週間が経過したファイルは、ステータスが満了に変更され、それ以上ダウンロードすることができません。

Template Jsonアップロード(Import)

"Manage template"でインポートをクリックすると、Jsonファイルをアップロードできる画面が表示されます。

Manage templatesメニューを選択します。
インポートをクリックします。
③ アップロードするJsonファイルを選択し、確認をクリックします。
④ ツリーからJsonファイルで追加したカテゴリとテンプレートを確認できます。

カテゴリおよびテンプレート追加のためのJson文法例

{
  "contents": [
    {
      "name": "test_1",
      "type": "CATEGORY",
      "childList": [
        {
          "name": "test1",
          "type": "TEMPLATE",
          "senderAddress": "test@test.com",
          "title": "test",
          "body": "<p>test</p>",
          "description": ""
        },
        {
          "name": "test2",
          "type": "TEMPLATE",
          "senderAddress": "test@test.com",
          "title": "test2",
          "body": "<p>test2</p>",
          "description": ""
        }
      ]
    }
  ]
}

統計の確認

製品のご利用をお申し込みいただいた後から、送信がリクエストされた情報が表示されます。
製品を解除した後、再度製品の利用を申し込んだ場合には、再度申し込んだ後から送信のリクエストされた情報が表示されます。
Statisticsメニューで確認することができます。

1. リクエスト日基準の統計

リクエスト日基準の統計は、メール送信をリクエストしたリクエスト日を基準にメール送信結果に対する統計を提供します。

リクエスト日基準タブからリクエスト日基準の統計を確認することができます。

区分日別を選択した場合、リクエスト日統計の照会結果を日別で表示します。

区分時間帯別を選択した場合、リクエスト日統計の照会結果を時間帯別に表示します。

テンプレートの照会条件を入力する際に入力したテンプレートで送信されたメールの統計結果を照会することができます。削除するをチェックした場合、削除したテンプレートも統計照会に利用することができます。

  • requestCount:メール送信がリクエストされた件数です。
  • sentCount:メール送信のリクエストされた件のうち、送信された件数です。送信成功とbounce件数とを含みます。
  • openedCount:メール送信に成功した件数のうち、既読の件数です。
  • unsubscribeCount:広告メールを受けた受信者がメール内容に含まれた受信拒否リンクをクリックした件数です。
  • 送信率:メール送信がリクエストされた件のうち、送信された件数の割合です。送信された件数をリクエストされた件数で割り算した値です。
  • オープン率:メール送信に成功した件数のうち、既読件数の割合です。既読件数を送信された件数で割り算した値です。
  • 受信拒否率:既読件数のうち、受信拒否リンクをクリックした件数の割合です。受信拒否件数を既読件数で割り算した値です。

2. 送信日基準の統計

送信日基準の統計は、メールが送信された送信日を基準にメール送信結果に対する統計を提供します。

送信日基準タブで送信日基準の統計を確認することができます。

区分日別を選択した場合、送信日統計の照会結果を日別で表示します。

区分時間帯別を選択した場合、送信日統計の照会結果を日別に表示します。

テンプレートの照会条件を入力した際、入力したテンプレートで送信されたメールの統計結果を照会することができます。削除するをチェックした場合、削除したテンプレートも統計照会に利用することができます。

  • sentCount:メールが送信された件数です。送信成功とbounce件数とを含みます。
  • openedCount:メールが送信された件数のうち、既読の件数です。
  • unsubscribeCount:メールが送信された件数のち、メール内容に含まれた受信拒否リンクをクリックした件数です。
  • オープン率:メール送信に成功した件数のうち、既読件数の割合です。既読件数を送信された件数で割り算した値です。
  • 受信拒否率:メールを読んだ件数のうち、受信拒否リンクをクリックした件数の割合です。受信拒否件数を既読件数で割り算した値です。

3. ドメイン名基準

ドメイン名基準の統計は、ドメイン名を基準にメール送信結果に対する統計を提供します。

ドメイン名基準タブからドメイン名基準の統計を確認することができます。

送信結果コードの照会条件を選択し、送信結果コードをフィルタリングして照会することができます。

ドメイン名の照会条件を入力した際、入力したドメインアドレスに送信された受信者の統計照会結果を確認することができます。

ドメイン名基準の統計は日単位の統計として、リアルタイムの統計を提供しません。

4. 送信結果コード基準

送信結果コード基準の統計は、送信結果コードを基準にメール送信結果に対する統計を提供します。

送信結果コード基準タブから送信結果コード基準の統計を確認することができます。

送信結果コードの照会条件を選択し、送信結果コードをフィルタリングして照会することができます。

ドメイン名の照会条件を入力した際、入力したドメインアドレスに送信された受信者の統計照会結果を確認することができます。

送信結果コード基準の統計は日単位の統計として、リアルタイムの統計を提供しません。

受信拒否の管理

広告メールを送信する際、受信拒否に登録されたメールアドレスは、メールアドレスに含まれていても、メールが送信されません。

メール受信者は、広告メール内容にある受信拒否リンクを利用して受信拒否登録が可能です。

メール送信管理者は、広告メールが送信されないように、アドレスを直接登録及び管理することができます。

Unsubscribe mail listメニューを選択します。
広告メール受信拒否登録をクリックすると、受信拒否メールアドレス大量登録ウィンドウが表示されます。

  • メールアドレスは、多重入力することができ、タブ、空白、コンマ(,)、改行(newline)を区分子として使うことができます。

受信拒否を解除するをクリックすると、大量入力画面が表示されます。

  • (3a) 受信拒否リストでチェックボックスを多重選択し、受信拒否を解除することができます。
  • メールアドレスは、多重入力することができ、タブ、空白、コンマ(,)、改行(newline)を区分子として使うことができます。

送信遮断リストの管理

Send block listメニューから送信遮断されたアドレスを検索することができます。

検索したアドレスが履歴に存在しない場合、データがありません。というメッセージが表示されます。
検索したアドレスが履歴に存在する場合、アドレスの遮断状況及び遮断履歴を確認することができます。

検索したアドレスが遮断中なら、作成履歴及び削除履歴、遮断リスト削除予定時刻、送信遮断リストから削除するボタンが表示されます。
検索したアドレスが遮断されていない状態なら、作成履歴及び削除履歴が表示されます。

送信遮断リストの登録

送信遮断リストは、リクエストされたメールを送信する際、ハードバウンス結果を受け取った場合、システムによって受信メールアドレスが送信遮断リストに登録されます。

ハードバウンスとは?

恒久的な事由によりメールを送信することができない結果コードのことであり、再送をトライしてもいつも送信に失敗します。
例)存在しないアドレスにメールを送信するなど

Cloud Outbound Mailerの送信結果コードのうち、ハードバウンスに属する結果コードは、次の通りです。

  • RECIPIENT_ADDRESS_ERROR:受信アドレスのエラーによる送信失敗結果コードです。
  • MAILBOX_ERROR:メール受信トレイのエラーによる送信失敗結果コードです。
  • RECEIVE_MAIL_SERVICE_ERROR:宛先メールサービスのエラーによる送信失敗結果コードです。
  • NETWORK_ERROR:ネットワークエラーによる送信失敗結果コードです。
  • SMTP_ERROR:宛先とのSMTPエラーによる送信失敗結果コードです。
  • MAIL_CONTENTS_ERROR:メールコンテンツのエラーによる送信失敗結果コードです。
  • SECURITY_AND_POLICY_ERROR:セキュリティ及びポリシーのエラーによる送信失敗結果コードです。

送信遮断リストは、顧客別に管理され、送信遮断リストに登録されたアドレスにメールを送信する際、SEND_BLOCK_ADDRESSの結果コードでメール送信が遮断されます。

送信遮断リストに登録されたアドレスは、7日(168時間)間維持され、維持期間は、Send block list>送信遮断基本維持時間を設定するで修正することができます。

遮断維持時間を修正する際、従来に登録されているアドレスの維持時間は変更されません。

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...