Classic環境で利用できます。

ご使用にあたって

Q. Gitlab CE商品は何ですか?

  • Gitlab CE商品は、"Linux + Gitlab CE"Stackインストールプロセスをワンクリックで起動できる設置型サービス商品です。
  • Gitlab CE商品は、Linuxをオペレーティングシステムとして使用しつつ、Gitlab CEを活用したCollaboration Codeサービスプラットフォームです。
  • Gitlab CE商品は、安定性に優れたNAVERクラウドプラットフォームのComputeインフラサービスに自動的に構成され、いくつかのステップの設定を通じて即時にサービスに投入することができます。

Q. Gitlab CE 商品を使用するとどのようなメリットがありますか?

  • NAVERクラウドプラットフォームのインフラを活用して、安定的にGitlab CE Collaboration Codeサービスを提供することができます。
  • サーバのイメージとスペックを選択して、Gitlab CEサーバを自動でインストールし、Gitlab CEサービスをスタートすることができます。

Q. Gitlab CE サーバはどのように生成しますか?

  • コンソールのCompute > Server メニューからGitlab CEサーバイメージを選択して生成することができます。

  • 希望する仕様のサーバを生成し、必要に応じてストレージを追加します。

  • 月料金制と時間料金制があり、サーバを生成した後、接続環境を設定して利用することができます。

  • Gitlab CE Webサービスを利用するためにグロバールIPアドレスを申込み、ACG設定でServer Portポートを追加する必要があります。( Portは、変更可能です。)

  • コンソールに接続した後、以下のステップを通じて簡単にサーバを生成することができます。

Q. Gitlab CE 商品にインストールされるオープンソースはどのようなものがありますか?

  • Gitlab CE 商品のオープンソースは次のように提供されます。
    • Gitlab Community Edition

Q. Gitlab CE Web サービスに接続することができません。

  • Gitlab CE Web サービスを使うためにはグロバール IPアドレスを申込んでサーバに割当てるべきであり、ACGにWeb Server Port ポートが追加されていなければなりません。
  • グローバルIPアドレスとACGを確認した後も接続されていない場合は、Webサーバプロセスが停止された状態なので、ターミナルで再起動コマンドを実行してプロセスを再スタートします。

Q. Gitlab CE 商品はどのディレクトリにインストールされますか?

  • Gitlab CE 商品のファイルの位置は、/root/gitlabです。
  • データの損失を防ぐために、インストール経路をバックアップしておくことをお勧めします。

Gitlab CE サーバの生成

Gitlab CEサーバの生成及びサービス接続のプロセスは、NAVERクラウドプラットフォームのApplication設置型商品と同じです。設置型商品のサーバの生成過程を参考にしてGitlab CEサーバを生成し、サービスにアクセスすることができます。

Step 1. コンソール接続

コンソールに接続してCompute > Serverメニューを選択します。

① サーバを生成するためには、サーバの生成ボタンをクリックします。

Step 2. サーバイメージの選択

Gitlab CEサーバイメージを選択してサーバを生成します。

① Gitlab CEイメージを選択します。

② ポップアップ画面の案内(グロバールIPアドレスを確認し、ACGの申込み、初期パスワードの確認)を確認します。

確認ボタンをクリックすると、ポップアップ画面が閉じてサーバ情報入力画面に移動します。

Step 3. サーバの設定

ストレージの種類、サーバタイプ、料金プラン、Zoneを選択して、サーバ名を入力します。

① Zoneを選択します。

  • Gitlab CEサービスは、すべてのRegionで対応します。

② 起動ストレージとして使用するストレージの種類を選択します。

③ 希望するサーバタイプを選択します。

  • 一部サーバの仕様は、ブートディスクのタイプに応じて、サポートされないことがあります。
  • 使用容量に応じて、サーバタイプの中から一つを選択してください。

④ 料金制は月料金制や時間料金制から選択できます。

⑤ サーバ名を入力します。

  • お客様がサーバを区別するための名称で、重複して使用することができません。

次へのボタンをクリックします。

Step 4. 認証キーの設定

保有している認証キーがある場合保有している認証キーの利用を選択し、ない場合は、下記の手順に従って、新しい認証キーを生成します。

新しい認証キーの生成を選択します。

② 認証キー名を入力します。

認証キーの生成及び保存ボタンをクリックして、ローカルPCに認証キーファイルを保存します。

  • 新しい認証キーを発行します。
  • 保存した後、認証キーは、お客様のPCの安全な位置に保管してください。
  • 認証キーは、最初の管理者パスワードをインポートするときに利用されます。

次へのボタンをクリックします。

Step 5. ACGの設定

保有しているACGを利用したり、新規のACGを生成して、ファイアウォールを設定することができます。

保有しているACGの利用

保有しているACGを利用して、ファイアウォールを設定する方法は次の通りです。

① ACGは必ず、選択する必要があり、基本的に提供する‘ncloud-default-acg’を含んで保有しているACGの中から一つを選択します。

  • 保有しているACGは、最大5個まで選択できます。
  • 必ずACGを選択することで、へのボタンが有効になり、設定を行うことができます。

② 保有しているACGのほか、新規のACGを生成して設定したい場合は、新規のACGを生成を選択します。

次へのボタンをクリックします。

新しくACGの生成

新たにACGを生成してファイアウォールを設定する方法は次のとおりです。

① 新規のACG生成でACG生成 ボタンをクリックします。

② ACG名を入力します。

③ ACG設定でプロトコル、アクセスソース、許可ポートを入力して生成します。

  • プロトコル: TCP, UDP, ICMPから選択
  • アクセスソース: IPアドレスまたはACG名を入力
  • 許可ポート: 単一ポートまたは範囲を指定
  • ターミナルアクセスのためには接続しようとするサーバのACGに、SSH 'TCP/22'に対するルールが設定されていなければなりません。ルールを追加するには、プロトコル、アクセスソース、許可ポートを記載して追加ボタンをクリックします。

④ サービスポートが追加された場合、生成ボタンをクリックします。

Step 6. 最終確認

設定した内容を最終確認します。

① サーバイメージ、サーバ、認証キー、ACGが正常に設定されているかを確認します。

② 最終確認後は、サーバの生成のボタンをクリックします。

  • サーバが生成されるまでは、数分から数十分がかかります。

サーバリストで確認

生成したサーバリストで確認します。

① 生成したサーバがリストに表示されます。

② サーバが生成され、Gitlab CEパッケージがインストール終了し、サーバの状態が運営中になるまで待ちます。

グロバールIPアドレス使用の申し込み

Gitlab CE商品を使用するためには必ずグロバールIP アドレスを用いて接続します。この時、グロバールIPアドレス使用については有料になります。

① 左側のメニューからPUBLIC IP メニューを選択します。グローバルIPアドレスを取得するためには、グローバルIP申込みボタンをクリックします。

適用サーバの選択でグローバルIPアドレスを割り当てるGitlab CEサーバを選択します。

次へボタンをクリックします。適用サーバ名を確認して、もう一度生成ボタンをクリックします。

ポートフォワーディングの設定

ターミナルプログラム(PuTTYなど)でサーバに接続するためには、ポートフォワーディングを設定する必要があります。

① 左側のメニューからServerメニューを選択します。サーバに接続するには、ポートフォワーディングの設定ボタンをクリックします。

② ポートフォワーディングの設定画面で、外部ポート番号を設定します。外部ポート番号の入力範囲は1024~65,534で、サーバ接続のための機能の他にサービスの目的で使用することができません。
(内部ポート番号は22で定められています。)

追加ボタンをクリックすると、設定内容が下部に追加され、修正削除ボタンをクリックして設定内容を修正、削除することができます。

適用ボタンをクリックすると、設定した外部ポートにターミナルプログラムを利用して、SSH接続をすることができます。

ACG の生成

ACGのターミナルアクセスSSH('TCP/22')及びGitlab CEサービス('TCP/UDP' 設定)ルールを追加します。サーバの生成時にルールを既に追加した場合は、このステップのACG設定作業を行う必要がありません。

① 左側のメニューからACGメニューを選択し、上部のACGの生成ボタンをクリックします。

② ACG名を入力します。

③ 設定が終了すると、生成ボタンをクリックします。

ACG の設定

① 生成したACGを選択します。

② 上部のACG の設定ボタンをクリックします。

③ ACGルールの設定でプロトコル、アクセスソース、許可ポートを入力して生成します。

  • プロトコル: TCP, UDP, ICMPから選択
  • アクセスソース: IP アドレスまたはACG名を入力
  • 許可ポート: 単一ポートまたは範囲を指定

ターミナルアクセスのために接続しようとするサーバのACGに、SSH 'TCP/22'に対するルールが設定されていなければなりません。ルールを追加するには、プロトコル、アクセスソース、許可ポートを記載して追加ボタンをクリックします。

④ 設定が終了されたら、適用ボタンをクリックします。

サーバ管理者パスワードの確認

ターミナルプログラム(PuTTYなど)でサーバに接続するためには、管理者パスワードが必要です。

① 左側のメニューからServerメニューを選択します。

② 該当のサーバを選択し、サーバの管理と設定の変更から管理者パスワードの確認を選択します。

Drop files here or click to uploadボタンをクリックしてサーバの生成時に個人のPCに保存した認証キーファイル(.pem)を添付します。

④ 添付後、パスワードの確認ボタンをクリックすると、ターミナルプログラムで最初のサーバ接続時に使用するパスワードを取得することができます。

  • サーバに接続した後、管理者が覚えられるパスワードに変更して使用することをお勧めします。

ターミナル接続

ターミナルプログラム(PuTTYなど)でサーバに接続してサービスプロセスを管理することができます。

ターミナルプログラムでサーバに接続

① ターミナルプログラム(PuTTYなど)を実行します。

② サーバリストまたはコンテンツビューで確認した’サーバ接続用のグローバルIP’と’外部ポート’の値を入力して、Openボタンをクリックすると、サーバに接続されます。

  • サーバ接続用のグローバルIPの確認:コンソールの Server > Serverメニューからサーバを選択した後、詳細情報からポートフォワーディング情報サーバ接続用のグローバルIPの値を確認
  • 外部ポート番号を確認:コンソールのServer > Server メニューからサーバを選択した後、詳細情報からポートフォワーディング情報外部ポートの値を確認

③ ユーザー情報及びパスワードを入力してログインします。

  • login as: root
  • password: 上で確認した管理者のパスワード

④ ログイン後は、rootアカウントのパスワードを覚えられるパスワードに変更することをお勧めします。 passwd rootコマンドを入力した後、新しいパスワードを入力します。

Gitlab CE サーバの設定

Gitlab CEサーバイメージの生成時にGitlab CE Packageがインストールされるので、簡単に使用することができます。
以下のようにPublic IPの設定後、すぐにサービスを利用することができます。

NAVERクラウドプラットフォームサーバのPublic IP機能を通じてGitlab Service IPを設定した後、
下記のように、該当の設定ファイルにGitlab IPGitlab Portを設定します。

vi /etc/gitlab/gitlab.rb

下記のようにexternal_url変数を設定したグロバールIPと使用するPortに設定します。

(...) 
external_url 'http://{Your_Public_IP}:{Your_Gitlab_Service_Port}'
(...)
  • Gitlab Configuration 実行

下記のコマンドを使って、上記の設定ファイルを修正する部分に対するre-configuraionを実行します。

gitlab-ctl reconfigure

Gitlab CE サービスの使用

Gitlab CE サーバの設定が完了したら、下記のように、Webブラウザ接続を通じてサービスにアクセスすることが可能です。

  • Gitlab CE サービスに接続
http://{Your_Public_IP}:{Your_Gitlab_Service_Port}

{Your_Gitlab_Service_Port}で設定したポートは、 ACG 設定を参考にして該当のサーバのポートをOpen しなければなりません。

このマニュアルの ACG の設定を参考にして、該当のサーバのポートをOpenすることができます。

  • Gitlab CE 最初のパスワードの設定

Gitlab CEサービスに最初の接続時、以下のようにパスワードを設定することができます。

  • Gitlab CE ログイン

Gitlab CE 初期のパスワード設定を終了した後、以下のようにサービスにアクセスすることができます。

  • Password : your gitlab ce password

  • Gitlab CE 接続画面

Gitlab CE ログインすると、下記のように設定画面が実行されます。

  • Gitlab CE Profile 設定

Gitlab CE アカウントボタンを押してから Profileを選択すると、Profile設定が可能になります。

下記のようにProfile設定画面を確認することができます。

以下のようにAdmin Areaを実行すると、Dashboardを確認でき、いくつかの設定機能を活用することができます。

その他の詳細なGitlab CE機能を活用するためには、ユーザーマニュアルをクリックして確認することができます。

関連情報のショートカット

NAVERクラウドプラットフォームGitlab CE商品で使用されているソフトウェアの詳細については、次のWebページを確認してください。

下記のマニュアル(旧、ユーザーガイド)で関連情報を確認することができます。

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...