使用する前に

  • ライブストリーミングサービスのためのチャンネルを生成にはどのような制約もなく、必要なだけ使用して簡単に返上することができます。
  • Live Stationを通じて変換された映像は、ネイバークラウドプラットフォームのCDNを通じて、視聴者に転送されます。 この時使用されたCDNの料金は別途請求されます。
  • Live Stationでレコーディングした映像をネイバークラウドプラットフォームのObject Storageに保管することができます。 この時使用したObject Storageの料金は別途請求されます。 レコーディングファイルを保管しなければObject Storageの費用は賦課されません。

Live Stationチャンネル管理

Live Stationチャンネル生成

ネイバークラウドプラットフォームのLive Stationを活用して放送を進行するため、必ずチャンネル(Channel)を生成しなければなりません。

チャンネル生成段階は計4段階であり、下Step 1でStep 4までを参考にしてチャンネルを生成することができます。

Step 1. Live Stationコンソール接続

① コンソール画面でProducts&Services>Media>Live Stationに移動してチャンネル生成ボタンをクリックしてチャンネルを生成します。

Step 2. Channel Generation Settings

① 生成するチェノルミョンを入力します。

② Output Protocolは基本HLS&DASHプロトコルに指定されます。 Live Stationは常に二つのプロトコルの出力を提供します。

③ CDN連動方式を選択します。 Live Stationは必ずCDNと共に使用しなければならず、以下のいずれかの方法を選択します。

  • ③-1:チャンネルの生成と共に新たなCDN生成
  • ③-2:従来に保有しているCDNを選択して連動

Live StationではCDNこの生成完了された後、チャンネルの再生URLを獲得することができます。 新規Global CDNを生成する場合、すべてのグローバル拠点に構成されるまで2時間以上所要されるため、相対的にURLの獲得に必要な待機時間が長くなることができます。

Step 3. 画質設定

① 生成するチャンネルの画質(トランスコーディング)設定選択(System画質/Custom画質設定中択一)

  • System画質設定:あらかじめ提供される基本画質設定です。
  • Custom画質設定:Systemの設定で提供しない画質設定で、Quality Management>Quality Settingページから直接生成することができます。

② 適用する画質設定を選択すると、画質構成の現況と画質設定内の含まれたセグメント(Segment)の現状を確認することができます。

Step 4. DVR設定

① DVR設定:DVR設定時Live Stationオリジナルの映像を別途ファイルでNAVER Cloud Platform Storageに保存して保管することができます。 また、現在ライブ中の映像を最大の六時間前まで戻して見ることができる機能を使用することができます。

② 直ちに録画設定:送出と同時にオリジナルの映像録画が行われます。 ただし、録画終了は'レコーディング終了'ボタンを通じて進行しなければならず、送出が不安定な場合多数の録画ファイルが生成されることがあります。

Step 5. 最終確認

Step 1でStep 4まで設定した事項を最終確認して、チャンネル生成ボタンをクリックすると、チャンネルが生成されます。

Live Stationチャンネル一覧

生成されたチャンネルの目録を通じて、現在使用中の画質設定、チャンネル使用時間、チャンネルの状態などの情報を確認することができ、各チャンネルの名前をクリックすると、チャンネルの詳細情報を照会することができます。

Live Stationチャンネルの状態は計3つです。 各状態別説明は次のようです。

  • 生成中に:チャンネルが生成中の状態で、まだチャンネルが生成されていない状態です。
  • 準備:映像ソース引込がない準備状態で、チャンネル登録後、または放送が終了した後、確認することができます。
  • 送出中:生成したチャンネルを通じて正常に放送が進行中である状態であり、モニタリングにボタンを押した後、確認することができます。

チャンネルの詳細現況

① ストリームの情報:番組の進行に向けてエンコーダに入力および出国しなければならないRTMP URLです。

② CDN情報:選択したチャンネルのCDNの適用可否と選択したチャンネルに適用されたCDNサービス名を確認することができます。

③ 画質設定:選択したチャンネルに適用されたトランスコーディングの詳細設定を確認することができます。

④ Service URL:ライブ映像の再生URLを確認することができます。

  • ④-1 General URL:ライブ再生URL
  • ④-2 TimeMachine URL:巻き戻しが可能なライブ再生URLとしてDVR設定になっているチャンネルのみ使用可能です。

⑤ Thumbnail URL:サムネイルURLを確認することができます。

⑥ Event Tab:選択したチャンネルで発生したEvent項目別の詳細内訳を確認することができます。

⑦ Recording:Live Stationのオリジナルの映像を保管及び確認できるタブです。

  • DVR設定になっているチャンネルのみRecording機能を使用することができます。
  • 映像の保管は、ネイバークラウドプラットフォームのObject Storageを保有したユーザに提供される付加機能です。

ストリームの情報確認

映像送出に必要なストリーム(Stream)情報を獲得することができます。

① URL確認

  • 映像送出に必要なRTMP URLです。

② ストゥリムキ

  • 映像送出に必要なストゥリムキ(Stream Key)です。

Live Stationチャンネル返上

返却するチャンネルを選択します。

② チャンネル選択後チャンネル削除ボタンをクリックします。

③ 確認ボタンをクリックすると、当該チャンネルが返却されます。

  • 準備状態のチャンネルのみ削除することができます。放送中イン状態のチャンネルは削除することはできず、削除するために進行中だった放送を中断して返却しなければなりません。
  • Live Stationチャンネルを返上しても連動したCDNは削除されず、維持されます。 CDNの削除が必要な場合、CDN商品のコンソールから削除することができます。

送出イベントログ確認

すべてのチャンネルで発生した送出イベントログを確認することができます。 ただし、最近7日以内のログを確認可能です。

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...