使用する前に

このガイドはライブメディア映像を簡単に乗ってプラットフォームで同時送出可能なRe-Stream機能を説明します。 YouTube、Twitch、アフリカTVなど多様な放送プラットフォームで同時に映像送出をして送出状態をLive Stationで一度に管理することができます。

Live Station Re-Streamチャンネル生成

同時送出のためのRe-Streamチャンネル生成段階は計2段階です。

Step 1. Live Stationコンソール接続

① コンソール画面でProducts&Services>Media>Live Stationに移動して同時送出チャンネル生成ボタンをクリックします。

Step 2. Re-Stream Generation Settings

① 生成するチェノルミョンを入力します。

② 同時送出商品を選択します。 選択した商品によって料金が異なり、次のように最大同時送出可能チャンネル報酬決定されます。

  • Standard:最大3個まで同時送出可能
  • Professional:最大5個まで同時送出可能

③ 同時送出プラットフォームを設定します。

④ 目的地プラットフォームにRTMP認証が必要な場合'認証情報司令部用'をチェックした後、RTMP認証情報を入力します。

⑤ '追加'ボタンを押して入力した情報が同時送出プラットフォームの一覧に追加されます。

⑥ 設定が完了すれば、'次'ボタンを押します。

Step 2. 最終確認

Step 1で設定した事項を最終確認して、Re-Streamチャンネル生成ボタンをクリックすると、チャンネルが生成されます。

Live Station Re-Streamチャンネル一覧

生成されたチャンネルの目録を通じて、現在運営中のチャンネルの状態、同時送出プラットフォーム数、使用時間などの情報を確認することができ、チェノルミョンをクリックすると、チャンネル内設定された同時送出プラットフォーム情報やイベントログなどを確認することができます。

Live Stationチャンネルの状態は計3つです。 各状態別説明は次のようです。

  • 生成中に:チャンネルが生成中の状態で、まだチャンネルが生成されていない状態です。
  • 準備:映像ソース引込がない準備状態で、チャンネル登録後、または放送が終了した後、確認することができます。
  • 送出中:生成したチャンネルを通じて正常に放送が進行中である状態であり、モニタリングにボタンを押した後、確認することができます。

チャンネルの詳細現況

① ストリームの情報:番組の進行に向けてエンコーダに入力および出国しなければならないRTMP URLです。

② 同時送出プラットフォームTab:選択したチャンネル内の生成された同時送出プラットフォームの現況を確認することができます。

③ Event Tab:選択したチャンネルで発生したEvent項目別の詳細内訳を確認することができます。

④ 同時送出状態:プラットフォーム別同時送出の状態を表示します。

⑤ 同時送出サンシェ統計:同時送出詳細の統計を表示します。

⑥ ターゲットストリーム修正:リストからプラットフォームを選択した後ターゲットストリーム修正ボタンをクリックすると、再送出情報を修正することができます。

修正しようとする情報を入力した後だ修正することボタンをクリックすると、完了されます。

なるべく送出をしていない状態でターゲットストリームを修正することがいいです。 送出中のチャンネルはターゲットストリーム情報を修正しても、変更事項が同時送出にすぐに反映されません。 この時、送出を切ってから再び送出すると、変更された事項が反映されます。

Live Station Re-Streamチャンネル返上

① 返却するチャンネルを選択します。

② チャンネル選択後チャンネル返上ボタンをクリックします。

③ 確認ボタンをクリックすると、当該チャンネルが返却されます。

  • 準備状態のチャンネルのみ削除することができます。放送中イン状態のチャンネルは削除することはできず、削除するために進行中だった放送を中断して返却しなければなりません。

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...