ご利用の前に

該当の商品はNAVERクラウドプラットフォーム商品との連携によって使用可能であり、連携される商品は次の通りです。

  • Object Storage
  • Cloud Log Analytics
  • CDN+(Content Delivery Network)

Image Optimizerサービスのご紹介

Image Optimizer

Image Optimizerはソースイメージをモバイル、タブレット、パソコンなど、様々な機器の解像度に合わせて簡単にリサイジングできる、クラウドベースのリアルタイムイメージ変換サービスです。

ストレージ – イメージ変換 – CDN – ログ分析まで、イメージ変換のための各商品を便利に連携させて利用できる上、予め設定したタイプへの変換のみ許可されるので、意図していなかった料金の発生を減らすことができます。

すべての機能はウェブベースのコンソールを使って手軽に利用できます。

Image Optimizerを始める

Projectの作成

NAVERクラウドプラットフォームのImage Optimizer商品コンソール(https://console.ncloud.com/image-optimizer/management) にアクセスした後、Projectを作成をクリックします。

Step 1. Projectの作成

① Object Storageにバケットがない場合は"Object Storage使用ガイド"を参照し、バケットを作成します。

① Project名を入力します。
② 連携させるバケットを選択します。
③ 次のステップに移動します。

Step 2. CDN設定

① サービスプロトコルを選択します。
② サービスドメインを選択します。
③ キャッシュ満了時間を選択します。
④ ユーザーレスポンスを設定します。
⑤ 次のステップに移動します。

証明書を登録する方法は"CDN使用ガイド"をご参考ください。

Step 3. Log収集設定

Cloud Log Analyticsサービス利用のお申込みを選択します。
② 次のステップに移動します。

Step 4. 最終確認

① すべての設定を確認してからプロジェクトを作成します。

変換Rule設定

変換Ruleに登録したイメージ変換のリクエストのみ許可し、意図していない、あるいは悪意のある多量のイメージ変換のリクエストを制限します。
追加/削除された変換Ruleが実際適用されるまではしばらくの時間がかかります。

① 簡単な入力で変換ルールを追加します。変換Rule Query Stringを作成するために"Query String作成ガイド"をご参考ください。
② 作成した変換規則クエリ文字列を保存します。
③ 保存された変換Ruleをエクセルファイルでダウンロードします。
④ 選択された変換Ruleを削除します。

変換Ruleのインポート

変換Ruleインポートをクリックします。
② 他のプロジェクトに保存された変換Ruleをインポートしたり、ダウンロードしたエクセルファイルから変換Ruleをインポートすることができます。

変換されたイメージを削除をクリックします。
② バケット内のソースイメージを選択したり、パスを含むファイル名を直接入力して、該当のファイルから変換されたイメージファイルを削除します。

変換イメージのプレビュー

① プレビューしたいRuleのプレビューをクリックします。
② Object Storageにあるイメージファイルを選択してプレビューをクリックします。
③ イメージ変換リンクをコピーするためにイメージ変換リンクをコピーをクリックします。

イメージ変換履歴の照会

NAVERクラウドプラットフォームのImage Optimizer商品コンソールにアクセスした後、Usage Statistics メニューに移動します。

① 全体または照会するProjectを選択します。
② 照会期間を選択します。
③ 照会条件による変換履歴を照会します。
④ グラフはイメージファイルでダウンロードできます。

関連情報を確認する

次のガイドで関連情報を確認できます。

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...