本文書は機械翻訳された文書で、語彙、構文、文法に誤りが生じます。 専門家の翻訳が完了したら修正される予定です。

気になる点は、お問い合わせでお問い合わせください。

便利なサービスの提供に最善を尽くします。

VOD Stationストリーミングガイド

VOD StationはCDNの商品と連動して再生します。

チャンネルの作成時にCDNを一緒に作成した場合、再生情報はVOD Stationチャンネル詳細のCDN再生パスで確認が可能です。

別途CDNを作成した場合、次の別途作成CDN再生URLを参照してお願いします。

メディアファイルのアクセス権の設定

VOD Stationからストリーミングするメディアファイルの完全な開示設定は公開に設定する必要があります。再生前のファイルのアクセス権を確認お願いいたします。

bucket-1

① Objcet Storage商品>連動したBucket>再生するメディアファイルを選択して、編集クリック

② ファイルのアクセス権を設定するために権限の管理クリック

bucket-2

公開管理>全体公開公開に設定して確認クリック

オリジナルのメディアファイル交換時の注意事項

playback-1

サービス中のオリジナルのメディアファイル(例:vod-5100k.mp4)の更新には注意が必要です。

  • オリジナルのメディアファイル交換時、可能であれば同一のファイル名は使用しません。(例:vod-5100k.mp4→vod-5100k-1.mp4)

  • 同一のファイル名を使用する場合は、ファイル交換の10分後にCDNパージを実行してキャッシュされた既存のコンテンツを削除してサービスします。

    purge

VOD Station再生URL

再生URL構造
Scheme CDN Domain Streaming protocol Media file name Manifest
https://
example.cdn.ntruss.com
/hls
/dash
/example.mp4
/index.m3u8
/manifest.mpd
url scheme 再生CDNドメイン 生成されたチャンネルのストリーミングプロトコル Object storageバケット内のフォルダを含む再生するメディアファイルのファイル名 Streamingを提供するためのManifest

1. VOD Station CDN再生URL

VOD Stationチャンネルを作成するときに一緒にCDNを作成した場合は、チャネルDetail]タブのCDN再生URLを参考にして再生することができます。

channel-1

  • URL Template: https://example.cdn.ntruss.com/[protocol]/[path]/[video filename]/[manifest]

2.別途作成CDN再生URL

VOD Stationチャンネルを作成する際にCDNを生成せずに、別途作成した場合は、チャネルDetail]タブのCDN再生URLが公開されていません。

channel-1

  • URL Template: https://[cdnDomain]/[protocol]/[path]/[video filename]/[manifest]

cdnDomainを代替し、別途作成したCDNのドメインに要求します。

VOD Station再生する

シングルビットレートの再生

playback-1

① guide bucket内vod-5100k.mp4再生

bucket下の別のフォルダず存在するファイルを再生するためpathの部分は省略します。

  • URL Template: https://[cdnDomain]/[protocol]/[path]/[video filename]/[manifest]
    • HLS: https://example.cdn.ntruss.com/hls/vod-5100k.mp4/index.m3u8
    • DASH: https://example.cdn.ntruss.com/dash/vod-5100k.mp4/manifest.mpd

playback-2

② guide bucket内1-depthフォルダ内のvod-5100k.mp4再生

URL Templateの[Path]の部分にbucketのフォルダ名を追加します。

  • URL Template: https://[cdnDomain]/[protocol]/[path]/[video filename]/[manifest]
    • HLS再生: https://example.cdn.ntruss.com/hls/1-depth/vod-5100k.mp4/index.m3u8
    • DASH再生: https://example.cdn.ntruss.com/dash/1-depth/vod-5100k.mp4/manifest.mpd

Adaptiveビットレートの再生

Adaptiveビットレートの再生のためのメディアファイルはすべて同じフォルダに配置する必要があり、すべてのファイルが公開に設定する必要があります。

playback-2

① vod-5400k.mp4、vod-2400k.mp4、vod-1200k.mp4、vod-0900k.mp4、vod-0600k.mp4、vod-0300k.mp4再生

prefix、suffixは、各ファイルの区切り文字としてコンマ(、)を使用します。suffix後abr要求であること区別する.smilを追加します。

  • メディアファイルのprefix:vod-
  • メディアファイルのsuffix:k.mp4

  • URL Template: https://[cdnDomain]/[protocol]/[path]/[prefix],[video filenames],[suffix].smil/[manifest]

    • HLS 再生: https://example.cdn.ntruss.com/hls/abr/vod-,5400,2400,1200,0900,0600,0300,k.mp4.smil/master.m3u8 (HLSリクエストシエンmanifestにindex.m3u8ではなく、master.m3u8を使用します。)
    • DASH 再生: https://example.cdn.ntruss.com/dash/abr/vod-,5400,2400,1200,0900,0600,0300,k.mp4.smil/manifest.mpd

playback-2

② vod-0600k.mp4、vod-0300k.mp4、svod-360p.mp4再生

ファイル名が異なる場合には、prefixとsuffixは空白のままに"、"を追加します。

  • メディアファイルのprefix:なし
  • メディアファイルのsuffix:なし

  • URL Template: https://[cdnDomain]/[protocol]/[path]/[prefix],[video filenames],[suffix].smil/[manifest]

    • HLS再生: https://example.cdn.ntruss.com/hls/abr/,vod-0600k.mp4,vod-0300k.mp4,svod-360p.mp4,.smil/master.m3u8
    • DASH再生: https://example.cdn.ntruss.com/dash/abr/,vod-0600k.mp4,vod-0300k.mp4,svod-360p.mp4,.smil/manifest.mpd

メディアファイルのトリミング(Cropping VOD)

VOD Stationは、メディアファイルのCroppingをサポートします。

① VODの10秒位置から再生(vodStart)

時間の単位はミリ秒です(1秒=1000ミリ秒)。Croppingオプションは、[protocol]の後に位置します。

  1. 単一のビットレート

    • URL Template: https://[cdnDomain]/[protocol]/vodStart/[time]/[path]/[video filename]/[manifest]
      • HLS再生: https://example.cdn.ntruss.com/hls/vodStart/10000/1-depth/vod-5100k.mp4/index.m3u8
      • DASH再生: https://example.cdn.ntruss.com/dash/vodStart/10000/1-depth/vod-5100k.mp4/manifest.mpd
  2. Adaptiveビットレート

    • URL Template: https://[cdnDomain]/[protocol]/vodStart/[time]/[path]/[prefix],[video filenames],[suffix].smil/[manifest]
      • HLS再生: https://example.cdn.ntruss.com/hls/vodStart/10000/abr/vod-,5400,2400,k.mp4.smil/master.m3u8
      • DASH再生: https://example.cdn.ntruss.com/dash/vodStart/10000/abr/vod-,5400,2400,k.mp4.smil/manifest.mpd

② VODの開始から10秒まで再生(vodEnd)

時間の単位はミリ秒です(1秒=1000ミリ秒)。Croppingオプションは、[protocol]の後に位置します。

  1. 単一のビットレート

    • URL Template: https://[cdnDomain]/[protocol]/vodEnd/[time]/[path]/[video filename]/[manifest]
      • HLS再生: https://example.cdn.ntruss.com/hls/vodEnd/10000/1-depth/vod-5100k.mp4/index.m3u8
      • DASH再生: https://example.cdn.ntruss.com/dash/vodEnd/10000/1-depth/vod-5100k.mp4/manifest.mpd
  2. Adaptiveビットレート

    • URL Template: https://[cdnDomain]/[protocol]/vodEnd/[time]/[path]/[prefix],[video filenames],[suffix].smil/[manifest]
      • HLS再生: https://example.cdn.ntruss.com/hls/vodEnd/10000/abr/vod-,5400,2400,k.mp4.smil/master.m3u8
      • DASH再生: https://example.cdn.ntruss.com/dash/vodEnd/10000/abr/vod-,5400,2400,k.mp4.smil/manifest.mpd

③ VODの1分地点から2分のポイントまで再生(vodStart、vodEnd)

時間の単位はミリ秒です(1秒=1000ミリ秒)。Croppingオプションは、[protocol]の後に位置します。

  1. 単一のビットレート

    • URL Template: https://[cdnDomain]/[protocol]/vodStart/[time]/vodEnd/[time]/[path]/[video filename]/[manifest]
      • HLS再生: https://example.cdn.ntruss.com/hls/vodStart/60000/vodEnd/120000/1-depth/vod-5100k.mp4/index.m3u8
      • DASH再生: https://example.cdn.ntruss.com/dash/vodStart/60000/vodEnd/120000/1-depth/vod-5100k.mp4/manifest.mpd
  2. Adaptiveビットレート

    • URL Template: https://[cdnDomain]/[protocol]/vodEnd/[time]/[path]/[prefix],[video filenames],[suffix].smil/[manifest]
      • HLS再生: https://example.cdn.ntruss.com/hls//vodStart/60000/vodEnd/120000/abr/vod-,5400,2400,k.mp4.smil/master.m3u8
      • DASH再生: https://example.cdn.ntruss.com/dash//vodStart/60000/vodEnd/120000/abr/vod-,5400,2400,k.mp4.smil/manifest.mpd

字幕設定

入力字幕フォーマット 出力字幕フォーマット
VTT, SRT, DFXP, TTML, CAP VTT

① 映像、字幕ファイルの位置

  • 映像、字幕ファイルの位置は、ABR URLが始まるコンマ(「,」)の前のPathを基準にします。
  • https://example.cdn.ntruss.com/[protocol]/[path]/,[video files],lang/[lang code]/[subtitle filename],.smil/master.m3u8
  • /[path]の下に映像、字幕が位置します。

② 字幕言語の設定

  • 言語の区分はURL内のlang codeで分類されます。

③ 字幕の使用

subtitle

  1. シングルビットレート、単一字幕

  2. シングルビットレート、多言語字幕

  3. マルチビットレート、多言語字幕

メディア·セキュリティ

CDN+ Security Token使用

secure

メディアファイルのセキュリティ強化のためにCDN+のSecurity Token設定を使用します。

① CDN+ Viewerの伝送設定にSecurity Token使用を選択します。

② 認証例外対象の拡張子とソースにTokenを伝達する拡張子を設定します。

  • HLS

    • 認証例外対象の拡張子:なし
    • ソースにToken伝達する拡張子: m3u8
  • DASH

    • 認証例外対象の拡張子:mp4
    • ソースにToken伝達する拡張子: mpd

③ Security Token値を確認してTokenを作成及び再生します。

secure

Token作成ガイドやソースの詳細は、CDN+使用ガイドをご参照ください。以下はHLS及びDASH Java tokenの作成例です。

Global CDN Security Token使用

secure

メディアファイルのセキュリティ強化のためにGlobal CDNのSecurity Token設定を使用します。

① Global CDN Viewerの伝送設定にSecurity Token使用を選択します。

② 認証例外対象の拡張子とソースにTokenを伝達する拡張子を設定します。

  • HLS

    • 認証例外対象の拡張子:なし
  • DASH

    • 認証例外対象の拡張子:mp4

③ Security Token値を確認してTokenを作成及び再生します。

secure

Token作成ガイドやソースの詳細は、Global CDN使用ガイドをご参照ください。以下はHLS及びDASH Java tokenの作成例です。

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...