2018年11月13日にMobile Dynamic Map 3.0バージョンが発売される運びとなり、従来の2.0バージョンは、2019年12月31日付けでサービスのご提供を終了させていただく予定です。2020年1月からは、Mobile Dynamic Map 2.0バージョンのご利用の際、マップの初期画面でエラーメッセージが表示され、機能をご利用いただけませんので、ご了承ください。

そのため、2019年12月31日までは、Mobile Dynamic Map 2.0バージョンと3.0バージョンとを一緒にご利用いただけますが、2020年1月1日からは、2.0バージョンは終了となり、新たな3.0バージョンのみのご利用となりますので、2.0バージョンの終了前にバージョンの切り替えをお願いいたします。

Mobile Dynamic Map 2.0バージョンから3.0バージョンに移行するための詳しいガイドは、以下のリンクをご参照ください。 ​

※ サービスの終了日程

  • Mobile Dynamic Map SDK 2.0バージョンの新規ダウンロードの終了日:2019年8月1日
  • Mobile Dynamic Map 2.0バージョンのサービス終了日:2020年1月1日

​ ※ サービス移行(マイグレーション)ガイド

Android用のライブラリ

Android用のNAVER Mapライブラリで提供するクラスに関する情報を提供します。ライブラリでは地図を画面に表示するための地図メインクラスと地図の上にオーバーレイデータを表示するためのオーバーレイクラス、そしてデータクラスを提供します。

SDKおよびサンプルコード >

API呼び出しの例題

Android Maps API開発のために準備することは次の通りです。

  1. Androidスタジオでプロジェクトを作成: この際の‘パッケージ名’は以降アプリケーション登録設定のAndroidパッケージ名と必ず一致するように注意してください。
    (次の例題コードの場合: com.example.okgosu.mynavermap)
  2. NAVER Mapライブラリ設定: Gradel Scriptsのbuild.gradle (Moduel:app) dependencies設定に次のラインを追加します。
dependencies {
    // -- 中略 -- //
    compile 'com.naver.maps.open:naver-map-ncp-api:2.1.5@aar'
    // -- 中略 -- //
}
  1. AndroidManifest.xml設定 : 地図が表示されるために必要なインターネット権限を追加します。
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    package="YOUR_PACKAGE_NAME">
    <!--必ず追加--><uses-permission android:name="android.permission.INTERNET" />
    <!--位置情報活用の際に追加--><uses-permission android:name="android.permission.ACCESS_FINE_LOCATION"/>
    <!--位置情報活用の際に追加--><uses-permission android:name="android.permission.ACCESS_COARSE_LOCATION"/>
    <!--WIFI状態活用の際に追加--><uses-permission android:name="android.permission.ACCESS_WIFI_STATE"/>
    <!--WIFI状態活用の際に追加--><uses-permission android:name="android.permission.CHANGE_WIFI_STATE"/>
    <!-- 中略 -->
</manifest>
地図表示の基本
// NMapActivityを活用して地図を簡単に全体画面に表示する例題
// 本例題は1つのファイルMainActivity.javaで構成されています。
package com.example.okgosu.mynavermap;
// (重要) パッケージ名はアプリケーション設定のAndroidパッケージ名と必ず一致しなければならない
import android.os.Bundle;
import com.nhn.android.maps.NMapActivity;
import com.nhn.android.maps.NMapView;

public class MainActivity extends NMapActivity {

    private NMapView mMapView;// 地図画面View
    private final String CLIENT_ID = "YOUR_CLIENT_ID";// アプリケーションのクライアントアイディの値

    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        mMapView = new NMapView(this);
        setContentView(mMapView);
        mMapView.setNcpClientId(CLIENT_ID); // クライアントアイディの値設定
        mMapView.setClickable(true);
        mMapView.setEnabled(true);
        mMapView.setFocusable(true);
        mMapView.setFocusableInTouchMode(true);
        mMapView.requestFocus();
    }
}
Fragment活用の例題
// Fragmentを活用した例題で、合計4つのファイルで構成されており、ボタンをクリックすると、地図fragmentを画面に追加します。
// 1. FragmentMapActivity.java - メインアクティビティ
// 2. fragment_main.xml - メインレイアウトxml
// 3. Fragement1.java - Fragmentの定義
// 4. fragment1.xml - Fragmentに含まれるUI要素

// 1. FragmentMapActivity.java - メインアクティビティ
package com.example.okgosu.mynavermap;

import android.os.Bundle;
import android.support.annotation.Nullable;
import android.support.v4.app.FragmentActivity;
import android.support.v4.app.FragmentManager;
import android.support.v4.app.FragmentTransaction;
import android.view.View;
import android.widget.Button;

public class FragmentMapActivity extends FragmentActivity {
    @Override
    protected void onCreate(@Nullable Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.fragment_main);
        Button btn1 = (Button)findViewById(R.id.btn1);
        btn1.setOnClickListener(new View.OnClickListener() {
            @Override
            public void onClick(View v) {
                Fragment1 fragment1 = new Fragment1();
                fragment1.setArguments(new Bundle());
                FragmentManager fm = getSupportFragmentManager();
                FragmentTransaction fragmentTransaction = fm.beginTransaction();
                fragmentTransaction.add(R.id.fragmentHere, fragment1);
                fragmentTransaction.commit();
            }
        });
    }
}
// 2. fragment_main.xml - メインレイアウトxml
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:orientation="vertical"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent">
    <LinearLayout
        android:id="@+id/fragmentHere"
        android:orientation="vertical"
        android:layout_width="fill_parent"
        android:layout_height="0dip"
        android:layout_weight="1">
        <TextView
            android:text="ここはNaver Mapが表示される部分"
            android:layout_width="fill_parent"
            android:layout_height="wrap_content"/>
    </LinearLayout>
    <Button
        android:id="@+id/btn1"
        android:text="Show Naver Map Fragment"
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="wrap_content" />
</LinearLayout>
// 3. Fragement1.java - Fragmentの定義
package com.example.okgosu.mynavermap;

import android.os.Bundle;
import android.support.v4.app.Fragment;
import android.view.LayoutInflater;
import android.view.View;
import android.view.ViewGroup;

import com.nhn.android.maps.NMapContext;
import com.nhn.android.maps.NMapView;

public class Fragment1 extends Fragment {
    private NMapContext mMapContext;
    private static final String CLIENT_ID = "YOUR_CLIENT_ID";// アプリケーションのクライアントアイディの値
    @Override
    public View onCreateView(LayoutInflater inflater, ViewGroup container, Bundle savedInstanceState) {
        return inflater.inflate(R.layout.fragment1, container, false);
    }
    @Override
    public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        mMapContext =  new NMapContext(super.getActivity());
        mMapContext.onCreate();
    }
    @Override
    public void onActivityCreated(Bundle savedInstanceState) {
        super.onActivityCreated(savedInstanceState);
        NMapView mapView = (NMapView)getView().findViewById(R.id.mapView);
        mapView.setClientId(CLIENT_ID);// クライアントアイディ設定
        mMapContext.setupMapView(mapView);
    }
    @Override
    public void onStart(){
        super.onStart();
        mMapContext.onStart();
    }
    @Override
    public void onResume() {
        super.onResume();
        mMapContext.onResume();
    }
    @Override
    public void onPause() {
        super.onPause();
        mMapContext.onPause();
    }
    @Override
    public void onStop() {
        mMapContext.onStop();
        super.onStop();
    }
    @Override
    public void onDestroyView() {
        super.onDestroyView();
    }
    @Override
    public void onDestroy() {
        mMapContext.onDestroy();
        super.onDestroy();
    }
}

// 4. fragment1.xml - Fragmentに含まれるUI要素
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:orientation="vertical" android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent">
    <com.nhn.android.maps.NMapView
        android:layout_width="fill_parent"
        android:layout_height="fill_parent"
        android:id="@+id/mapView"/>
</LinearLayout>

Dataクラス

NGeoPoint

  • Description
    地図上の緯度・軽度の座標を表示するクラスです。

  • Constructor

説明
NGeoPoint() 基本コンストラクタ
NGeoPoint(double longitude, double latitude) 緯度・軽度の座標を因子として転送するコンストラクタ
NGeoPoint(int longitudeE6, int latitudeE6) 整数(10^6を掛けた値)に変換された緯度・軽度の座標を因子として転送するコンストラクタ
  • Methods
説明
double getLatitude() 緯度を返す。
double getLongitude() 軽度を返す。
int getLatitudeE6() 緯度を整数に変換した値を返す。
int getLongitudeE6() 軽度を整数に変換した値を返す。
void set(double longitude, double latitude) 緯度・軽度の座標を設定する。
void set(int longitudeE6, int latitudeE6) 整数(10^6を掛けた値)に変換された緯度・軽度の座標を設定する。
static double toLatitude(int latitudeE6) 整数の緯度の値を実数の緯度の値に変換する。
static int toLatitudeE6(double latitude) 実数の緯度の値を整数の緯度の値に変換する。
static toLongitude(int longitudeE6) 整数の軽度の値を実数の軽度の値に変換する。
static int toLongitudeE6(double longitude) 実数の軽度の値を整数の軽度の値に変換する。
static double getDistance(NGeoPoint from, NGeoPoint to) 2つの緯度・軽度の座標の間の距離(メートル)を返す。

NMapError

  • Initializer
    エラーコードとエラーメッセージを表示するクラスです。

  • Constructor

説明
NMapError(int code, String message) 基本コンストラクタ
  • Fields
説明
int code エラーコード
String message エラーメッセージ

NMapPlacemark

  • Description
    緯度・軽度の座標を住所に変換するメソッドのコールバックインターフェースに転送されるクラスです。住所に番地は含まれません。

  • Constructor

説明
NMapPlacemark() 基本コンストラクタ
  • Fields
説明
String doName 住所の広域市/道を表す。
String siName 住所の市/群/区を表す。
String dongName 住所の邑/面/洞を表す。
  • Methods
説明
String toString() 住所を返す。

NMapLocationManager

  • Description
    端末の現在の位置検索機能を使用するためのクラスです。内部的にシステムで提供するGPSおよびネットワークをすべて利用して現在の位置を検索します。

  • Constructor

説明
NMapLocationManager(Context context) 基本コンストラクタ
  • Interface - onLocationChangeListener
    端末の現在の位置の状態が変更した場合に呼び出されるコールバックインターフェースを定義します。
説明
boolean onLocationChanged(NMapLocationManager locationManager, NGeoPoint myLocation) 現在の位置が変更された場合に呼び出される。myLocationオブジェクトに変更された座標が転送される。現在の位置を引き続き検索するためにはtrueを返す。
void onLocationUpdateTimeout(NMapLocationManager locationManager) 定められた時間内に現在の位置の検索に失敗した場合に呼び出される。
void onLocationUnavailableArea(NMapLocationManager locationManager, NGeoPoint myLocation)) 現在の位置が地図の上に表示できる範囲から外れた場合に呼び出される。
  • Methods
説明
boolean enableMyLocation(boolean skipLastLocation) 現在の位置の検索を始める。skipLastLocationとしてtrueを転送すると、最後に検索された位置を使用しない。システム設定により位置検索が不可能な場合はfalseを返す。
void disableMyLocation() 現在の位置の検索を終了する。
NGeoPoint getMyLocation() 現在の位置を返す。
boolean isMyLocationEnabled() 現在の位置を検索中であるかどうかを返す。
boolean isMyLocationFixed() 現在の位置が検索されたのかどうかを返す。
void setOnLocationChangeListner(OnLocationChangeListener listener) 現在の位置が変更された場合に呼び出されるコールバックインターフェースを設定する。

NMapCompassManager

  • Description
    端末の羅針盤機能を利用するためのクラスです。

  • Constants

説明
NMapCompassManager(Activity activity) 基本コンストラクタ
  • Interface - onCompassChangeListener
    端末の羅針盤の状態が変更された場合に呼び出されるコールバックインターフェースを定義します。
説明
boolean onSensorChanged(NMapCompassManager compassManager, float orientation) 羅針盤のモニタリングを引き続き行うためにはtrueを返す。
  • Methods
説明
boolean enableCompass() Singletonオブジェクトを返す。
void disableCompass() 羅針盤のモニタリングを終了する。
float getHeading() 羅針盤の角度を返す。
boolean isCompassEnabled() 羅針盤をモニタリンツ中であるかどうかを返す。
boolean isHeadingValid() 羅針盤の角度が有効なのかどうかを返す。
void setOnCompassChangeListner(OnCompassChangeListener listener) 羅針盤の状態が変更された場合に呼び出されるコールバックインターフェースを設定する。

Map Mainクラス

NMapActivity

  • Description Android Activityクラスを継承したクラスで、NMapViewオブジェクトを表示します。また、Activityのライフサイクルに合わせて内部的に地図データを管理します。NMapActivityを継承したクラスはonCreate()でNMapViewオブジェクトを作成しなければなりません。

  • Constructor

説明
NMapActivity() 基本コンストラクタ
  • Interface - onDataProviderListener
    地図ライブラリで提供するサーバAPI呼び出しの際のレスポンスに対するコールバックインターフェースを定義します。
説明
void onReverseGeocoderResponse(NMapPlacemark placemark, NMapError errorInfo) 座標を住所に変換するAPI呼び出しの際、サーバのレスポンスに対するコールバックインターフェースである。placemarkオブジェクトにはリクエストした座標に対する住所データが含まれる。失敗した場合はerrorInfoオブジェクトにエラーの情報が転送される。
  • Methods
説明
void setMapDataProviderListener(OnDataProviderListener listener) 地図ライブラリで提供するサーバAPI呼び出しの際、レスポンスに対するコールバックインターフェースを設定する。
void findPlacemarkAtLocation(double longitude, double latitude) 座標を住所に変換するサーバAPIを呼び出す。このメソッドを呼び出す前にsetMapDataProviderListener()が先に呼び出されなければならない。
void setHighestZoomLevelEnabled(boolean enable) 地図の最大縮尺レベルである14レベルをサポートするかどうかを設定する。

NMapView

  • Description Android ViewGroupクラスを継承したクラスで、地図データを画面に表示します。本クラスで管理する地図データは地図のイメージ以外に地図の上に表示されるオーバーレイオブジェクトも含まれます。また、内部的にタッチおよびキーボードイベントを処理し、オーバーレイオブジェクトにもイベントが転送されます。本クラスは必ずNMapActivityクラスを継承したActivityクラスで作成されなければなりません。

  • Constructor

説明
NMapView(Context context) ソースコード上でオブジェクトを作成する際に使用する。
NMapView(Context context, AttributeSet attrs) XMLレイアウトによるオブジェクトコンストラクタ
NMapView(Context context, AttributeSet attrs, int defStyle) XMLレイアウトによるオブジェクトコンストラクタ
  • Constants
説明
ANIMATION_STATE_STARTED アニメーション開始
ANIMATION_STATE_FINISHED アニメーション終了
ANIMATION_TYPE_PAN パンニングアニメーション状態
ANIMATION_TYPE_ZOOM (拡大、縮小)アニメーション状態

地図モードの常数の値は次の通りです。

説明
VIEW_MODE_VECTOR 一般地図を見るモード
VIEW_MODE_HYBRID 衛星地図を見るモード
VIEW_MODE_TRAFFIC リアルタイム交通地図を見るモード
VIEW_MODE_BICYCLE 自転車地図を見るモード
VIEW_MODE_PANORAMA パノラマ地図を見るモード
  • Interface - OnMapStateChangeListener
説明
void onMapInitHandler(NMapView mapView, NMapError errorInfo) 地図が初期化された後で呼び出される。正常に初期化されると、errorInfoオブジェクトにnullが転送され、初期化に失敗した場合はerrorInfoオブジェクトにエラーの原因が転送される。
void onZoomLevelChange(NMapView mapview, int level) 地図のレベルが変更された場合に呼び出され、変更された地図のレベルがパラメータとして転送される。
void onMapCenterChange(NMapView mapView, NGeoPoint center) 地図の中心が変更された場合に呼び出され、変更された中心座標がパラメータとして転送される。
void onAnimationStateChange(NMapView mapView, int animType, int animState) 地図のアニメーションの状態が変更された場合に呼び出される。
animType : ANIMATION_TYPE_PAN or ANIMATION_TYPE_ZOOM
animState : ANIMATION_STATE_STARTED or ANIMATION_STATE_FINISHED
  • Interface - OnMapViewTouchEventListener
説明
void onLongPress(NMapView mapView, MotionEvent ev) 地図の上でタッチした後、一定時間が経過すると呼び出される。
void onScroll(NMapView mapView, MotionEvent e1, MotionEvent e2) 地図の上でスクロールイベントが発生した場合に呼び出される。
void onSingleTapUp(NMapView mapView, MotionEvent ev) 地図の上でタブイベントが発生した場合に呼び出される。
void onTouchDown(NMapView mapView, MotionEvent ev) 地図のタッチダウンイベントが発生した場合に呼び出される。
void onTouchUp(NMapView mapView, MotionEvent ev) 地図のタッチアップイベントが発生した場合に呼び出される。
  • Methods
説明
void mMapView.setNcpClientId(clientId); アプリケーション登録の際に発行されたクライアントアイディの値を設定するためのメソッドである。
void setApiKey(String apiKey) // deprecated 従来のAPIキー方式の呼び出しのためのメソッドで、オープン地図ライブラリの使用のために登録されたキーを設定する。正常に登録されたキーを設定しなかった場合はonMapInitHandler()コールバックにエラーが転送される。(deprecatedメソッドで、2016年末まで利用可能)
boolean setScalingFactor(float scalingFactor, boolean mapHD) 地図表示の倍率を指定する。scalingFactor : タイルイメージ拡大倍率。最小の値は1倍(1.0f)であり、地図タイル1ピクセルが画面の1ピクセルに該当することを意味する。1倍の場合、最近の高密度端末では字が小さすぎるので、適切な倍率を指定して視認性を高めることができる。固定の値を使うより画面の密度を基準に適切な値を計算して転送するのが望ましい。
mapHD : HDタイルを使うかどうか
高解像度の地図タイルを使用するためにはtrueに指定する。地図タイルがさらに鮮明になるが、同じ領域を表示するためのデータの量は約2倍増加する。
void setLogoImageOffset(int offsetX, int offsetY) NAVERロゴイメージの位置を調整する。基準は画面の左上であり、画面の左上の端より右の方はoffsetXの値が正数で、下の方はoffsetYの値が正数である。
void setBuiltInZoomControls(boolean on, NMapView.LayoutParams lp) 内蔵されたズームコントロールを有効にするかどうかを設定する。内蔵されたズームコントロールの位置はlpで調整可能であり、nullで転送すると、基本位置に表示される。
void displayZoomControls(boolean takeFocus) 内蔵されたズームコントロールを画面に表示する。内蔵されたズームコントロールを有効にしてから使用できる。
void setAutoRotateEnabled(boolean enabled, boolean suspend) 地図の回転機能を有効にするかどうかを設定する。
enabled : 地図の回転を有効にするかどうか
suspend : 地図の回転を解除する際にアニメーションを使うかどうか
boolean isAutoRotateEnabled() 地図の回転機能が有効になっている状態を持ってくる。
void setRotateAngle(float degree) 地図を転送された角度に回転する。地図の回転機能が有効になっている状態でのみ使用できる。
float getRotateAngle() 地図が回転された角度を持ってくる。地図の回転機能が有効になっている状態でのみ使用できる。
void setOnMapStateChangeListener(OnMapStateChangeListener listener) 地図の状態が変更された場合に呼び出されるコールバックインターフェースを設定する。
void setOnMapViewTouchEventListener(OnMapViewTouchEventListener listener) 地図でタッチイベントを処理した後で呼び出されるコールバックインターフェースを設定する。
static boolean isValidLocation(double longitude, double latitude) 転送された座標を地図に表示できるかどうかを判断する。
NMapController getMapController() 地図コントロールオブジェクトを持ってくる。
NMapProjection getMapProjection() 地図投影オブジェクトを持ってくる。

NMapController

  • Description
    地図の状態を変更してコントロールするためのクラスです。NMapViewクラス作成の際に内部的に作成され、NMapViewクラスのgetMapController()メソッドを使ってアクセスします。地図の中心および縮尺レベルの変更、地図の拡大、縮小、パンニングなど、様々な機能を実行します。

  • Methods

説明
boolean canZoomIn()e 現在の地図縮尺レベルで拡大が可能かどうかを返す。
boolean canZoomOut() 現在の地図縮尺レベルで縮小が可能かどうかを返す。
NGeoPoint getMapCenter() 地図の中心座標を緯度・軽度形式に返す。
boolean getMapViewBicycleMode() 自転車地図を見るモードにするかどうかを返す。
int getMapViewMode() 地図を見るモードを返す。
NMapView.VIEW_MODE_VECTOR : 一般地図
NMapView.VIEW_MODE_HYBRID : 衛星地図
boolean getMapViewPanoramaMode() パノラマ地図を見るモードにするかどうかを返す。
boolean getMapViewTrafficMode() リアルタイム交通地図を見るモードにするかどうかを返す。
int getMaxZoomLevel() 最大の地図縮尺レベルを返す。
int getMinZoomLevel() 最小の地図縮尺レベルを返す。
int getZoomLevel() 現在の地図縮尺レベルを返す。
boolean isAnimationState() マップビューの状態がアニメーションなのかどうかを返す。
void reload() 地図タイルを再びローディングする。
void setBoundsVisible(int left, int top, int right, bottom) 画面に見える地図の領域を設定する。マップビュー全体の領域と画面に見える地図の領域が異なる場合に設定する。
void setMapViewMode(int viewMode) 地図を見るモードを設定する。
NMapView.VIEW_MODE_VECTOR : 一般地図
NMapView.VIEW_MODE_HYBRID : 衛星地図
void setMapViewTrafficMode(boolean void enableTrafficMode) リアルタイム交通地図を見るモードを設定する。
void setMapViewBicycleMode(boolean void enableBicycleMode) 自転車地図を見るモードを設定する。
void setMapViewPanoramaMode(boolean enablePanoramaMode) 最大、最小の地図縮尺レベルを設定する。有効な縮尺レベルの範囲は1~14である。
void setZoomEnabled(boolean enabled) 地図を拡大/縮小できるかどうかを設定する。
void setPanEnabled(boolean enabled) 地図のパンニングが可能かどうかを設定する。
void setMapCenter(NGeoPoint point, int level) 地図の中心座標および縮尺レベルを設定する。縮尺レベルを指定しない場合、中心座標のみ変更される。有効な縮尺レベルの範囲は1~14である。
boolean zoomIn() 地図縮尺レベルを一段階拡大し、成功かどうかを返す。
boolean zoomOut() 地図縮尺レベルを一段階縮小し、成功かどうかを返す。
void animateTo(NGeoPoint point) 地図の中心点を転送された座標に変更する。地図の中心点が移動された場合、パンニングアニメーションが実行される。
void zoomToBoundsE6(Rect boundsE6, int level) 転送された領域が画面に表示されるように地図の中心点および縮尺レベルを自動で変更する。縮尺レベルを指定すると、指定された縮尺レベルで地図の中心座標のみ変更される。boundsE6は緯度・軽度の座標の値を整数の形に変換した値である。
void scrollByDelta(int dx, int dy) 地図の中心を転送された値だけ移動させる。

NMapProjection

  • Description
    地図の座標系と画面の座標系の間の変換機能を提供するクラスです。NMapViewクラス作成の際に内部的に作成され、NMapViewクラスのgetMapProjection()メソッドを使ってアクセスします。
説明
NGeoPoint fromPixels(int px, int py) マップビューの画面の座標に該当する地図の座標を返す。
Rect getScreenBounds(double areaRatio) マップビューの画面の領域に該当する地図の座標の領域を返す。返された地図の座標の領域は緯度・軽度の座標を整数の形に変換した値である。areaRatioをパラメータとして指定すると、画面の領域にareaRatioを掛けた領域に対し、地図の座標の領域を返す。
float metersToPixels(NGeoPoint center, float meters) 転送された座標を中心に実際の距離(meters)を画面上の距離(pixels)に変換する。
oint toPixels(NGeoPoint in, Point out) 地図の座標に該当するマップビューの画面の座標を返す。

Overlayクラス

NMapOverlay

  • Description
    地図の上にオーバーレイオブジェクトを表示するための抽象クラスです。このクラスを継承したクラスでは次のイベント処理およびドローイングメソッドを直接具現しなければなりません。

  • Constructor

説明
NMapOverlay() 基本コンストラクタ
  • Methods
説明
void draw(Canvas canvas, NMapView mapView, boolean shadow) オーバーレイオブジェクトを画面に表示する。
boolean draw(Canvas canvas, NMapView mapView, boolean shadow, long when) オーバーレイオブジェクトを画面に表示する。継承したクラスで具現されなかった場合、内部的にdraw(canvas, mapView, shadow)メソッドを呼び出す。
void drawFocusedItem(Canvas canvas, NMapView mapView, boolean shadow) オーバーレイオブジェクトで選択されたアイテムを画面の最上段に表示するために具現する。内部的にすべてのオーバーレイオブジェクトのdraw(canvas, mapView, shadow, when)メソッドが呼び出された後で実行される。
boolean onKeyDown(int keyCode, KeyEvent event, NMapView mapView オーバーレイオブジェクトでkey downイベントを処理する。該当のキーイベントを処理した後はtrueを返す。
boolean onKeyUp(int keyCode, KeyEvent event, NMapView mapView) オーバーレイオブジェクトでkey upイベントを処理する。該当のキーイベントを処理した後はtrueを返す。
boolean onTap(int px, int py, NMapView mapView) オーバーレイオブジェクトでtapイベントを処理する。該当のキーイベントを処理した後はtrueを返す。
boolean onTouchEvent(MotionEvent ev, NMapView mapView) オーバーレイオブジェクトでタッチイベントを処理する。該当のキーイベントを処理した後はtrueを返す。
boolean onTrackballEvent(MotionEvent ev, NMapView mapView) オーバーレイオブジェクトでトラックボールイベントを処理する。該当のキーイベントを処理した後はtrueを返す。
void setHidden(boolean hidden) オーバーレイオブジェクトを画面に表示するか隠す。
boolean isHidden() オーバーレイオブジェクトを画面に表示するかどうかを返す。

NMapOverlayItem

  • Description
    地図の上に表示されるオーバーレイアイテムクラスであり、NMapPOIdataOverlayクラスで表示する基本オブジェクトとして使われます。地図に表示されるマーカーのイメージはNMapPOIdataOverlayDelegateプロトコルを使って転送します。

  • Initializer
    地図の上に表示されるオーバーレイアイテムクラスです。NMapItemizedOverlayクラスで表示する基本オブジェクトとして使われます。

  • Constants

説明
NMapOverlayItem(NGeoPoint, String title, String snippet, Drawable marker) 基本コンストラクタ
  • Methods
説明
void setMarker(Drawable marker) 地図に表示されるマーカーを設定する。
Drawable getMarker(int stateBitset) マーカーの状態によるアイコンを返す。
void setPoint(NGeoPoint point) マーカーの座標を設定する。
NGeoPoint getPoint() マーカーの座標を返す。
void setTitle(String title) マーカーのタイトルを設定する。タイトルを設定しないと、マーカーを選択した際に吹き出しメッセージが表示されない。
String getTitle() マーカーのタイトルを返す。
void setVisibility(int visibility) マーカーを表示するかどうかを設定する。
NMapOverlayItem.GONE : 画面に表示しない
NMapOverlayItem.INVISIBLE : 画面に表示しないが、領域を占める
NMapOverlayItem.VISIBLE : 画面に表示する
int getVisibility() マーカーを表示するかどうかを返す。
void setAnchorRatio(float xRatio, float yRatio) マーカーの基準位置を設定する。範囲は0.0 1.0であり、マーカーの上段の左側が原点である。
Rect getBoundsInScreen() マーカーが画面に表示される領域を返す。

NMapItemizedOverlay

  • Description
    複数のオーバーレイアイテムを含められるオーバーレイ抽象クラスであり、NMapOverlayクラスを継承します。グループオーバーレイアイテムを効率的に処理するために、本クラスを継承したNMapPOIdataOverlayクラスを提供します。

  • Constructor

説明
NMapItemizedOverlay(Drawable defaultMarker) 基本コンストラクタ
  • Interface - OnFocusChangeListener
    オーバーレイアイテムの選択の状態が変更された場合に呼び出されるコールバックインターフェースを定義します。
説明
void onFocusChanged(NMapItemizedOverlay itemizedOverlay,NMapOverlayItem overlayItem) グループオーバーレイアイテムの選択の状態が変更された場合に呼び出される。
  • Methods
説明
void draw(Canvas canvas, NMapView mapView, boolean shadow) グループオーバーレイアイテムを画面に表示する。
void drawFocusedItem(Canvas canvas, NMapView mapView, Boolean shadow) 選択されたオーバーレイアイテムを画面に表示する。
boolean onTap(int px, int py, NMapView mapView) タブイベントを処理する。選択されたマーカーがある場合はtrueを返す。
boolean onTouchEvent(MotionEvent ev, NMapView mapView) タッチイベントを処理する。選択されたマーカーの状態が変更された場合はtrueを返す。
void setOnFocusChangeListener(OnFocusChangeListener listener) オーバーレイアイテムの選択の状態が変更された場合に呼び出されるコールバックインターフェースを設定する。

NMapPOIitem

  • Description
    地図の上に表示されるPOIアイテムクラスであり、NMapOverlayItemクラスを継承します。NMapPOIdataOverlayクラスで表示する基本オブジェクトとして使われます。

  • Constructor

説明
NMapPOIitem(NGeoPoint point, String title, Drawable marker, Object tag, int id) 基本コンストラクタ
  • Interface - ResourceProvider
    POIアイテムのマーカーを画面に表示するために呼び出されるコールバックインターフェースを定義します。NMapResourceProviderクラスを継承したオブジェクトで具現されます。
説明
Drawable getDrawable(int markerId, int stateBitset, NMapOverlayItem overlayItem) オーバーレイアイテムのマーカーを表示するためのオブジェクトを返す。
  • Methods
説明
void setFloatingMode(int floatingMode) マーカーのフロートモードを設定する。
NMapPOIitem.FLOATING_FIXED : マーカーの位置が固定されたモード
NMapPOIitem.FLOATING_DRAG : ドラッグでマーカーの位置移動が可能なモード
NMapPOIitem.FLOATING_TOUCH : タッチでマーカーの位置移動が可能なモード
NMapPOIitem.FLOATING_DISPATCH : 選択されたマーカーをドラッグすると、画面に表示されるマーカーを直接ドローイングできるモード
int getFloatingMode() マーカーのフロートモードを返す。
void setMarkerId(int markerId) マーカーのIdを設定する。設定されたIdに該当するアイコンはResourceProviderで提供する。
void setRightAccessory(boolean onOff, int markerId) マーカーを選択した際に表示される吹き出しメッセージの右側のアイコンを設定する。設定されたIdに該当するアイコンはResourceProviderで提供する。
int getRightAccessoryId() マーカーを選択した際に表示される吹き出しメッセージの右側のアイコンに対するIdを返す。
boolean hasRightAccessory() マーカーを選択した際に表示される吹き出しメッセージの右側のアイコンを設定するかどうかを返す。
void setRightButton(boolean onOff) マーカーを選択した際に表示される吹き出しメッセージの右側のボタンを設定する。ボタンに該当するアイコンはResourceProviderで提供する。
boolean showRightButton() マーカーを選択した際に表示される吹き出しメッセージの右側のボタンを設定するかどうかを返す。
Object getTag() POIアイテム作成の際に転送されたtagオブジェクトを返す。
int getId() POIアイテム作成の際に転送されたidを返す。

NMapPOIdata

  • Description
    地図の上に表示されるPOIアイテムを管理するクラスです。

  • Constructor

説明
NMapPOIdata(int capacity, NMapPOIitem.ResourceProvider resourceProvider) 全体のPOIアイテムの数とNMapResourceProviderを継承したクラスを因子として転送する。
  • Methods
説明
void beginPOIdata(int count) POIアイテムの追加を始める。
NMapPOIitem addPOIitem(NGeoPoint point, String title, int markerId, Object tag, int id) POIアイテムを追加する。アイテムが表示される座標とマーカーのIdは必須因子であり、titleをnullで転送すると、マーカー選択の際に吹き出しメッセージが表示されない。tagとidはマーカーおよび吹き出しメッセージを選択した際に呼び出されるコールバックインターフェースを使用するために転送する。返されたオブジェクトで追加的な情報を設定できる。
void endPOIdata() POIアイテムの追加を終了する。
int count() POIアイテムの数を返す。
NMapPOIitem getPOIitem(int index) indexに該当するPOIアイテムを返す。
NMapPOIitem findItemWith(int id) Idを持っているPOIアイテムを返す。
NMapPOIitem findItemWith(Object tag) tagを持っているPOIアイテムを返す。
int indexOf(NMapPOIitem item) itemに該当するindexの値を返す。
int indexOfItemWith(int id) Idを持っているPOIアイテムのindexの値を返す。
int indexOfItemWith(Object tag) tagを持っているPOIアイテムのindexの値を返す。

NMapPOIdataOverlay

  • Description
    複数のオーバーレイアイテムを含められるオーバーレイクラスであり、MapItemizedOverlayクラスを継承します。グループオーバーレイアイテムを効果的に処理できる機能を提供します。

  • Constructor

説明
NMapPOIdataOverlay(NMapPOIdata poiData, Drawable defaultMarker, NMapController mapController, NMapOverlayManager mapOverlayManager) NMapOverlayManagerのcreatePOIdataOverlayメソッドによって作成される。
  • Interface - OnStateChangeListener
    POIアイテムの選択の状態が変更された場合に呼び出されるコールバックインターフェースを定義します。
説明
void onFocusChanged(NMapPOIdataOverlay poiDataOverlay, NMapPOIitem poiItem) POIアイテムの選択の状態が変更された場合に呼び出される。以前選択されたアイテムの選択が解除されると、poiItemにnullが転送される。
void onCalloutClick(NMapPOIdataOverlay poiDataOverlay, NMapPOIitem poiItem) POIアイテムの吹き出しメッセージが選択された場合に呼び出される。
  • Interface - OnFloatingItemChangeListener
    フロートアイテムの状態が変更された場合に呼び出されるコールバックインターフェースを定義します。
説明
void onPointChanged(NMapPOIdataOverlay poiDataOverlay, NMapPOIitem poiItem) フロートアイテムの位置が変更された場合に呼び出される
  • Interface - OnFloatingItemDispatchListener
    NMapPOIitem.FLOATING_DISPATCHモードに設定されたフロートアイテムを処理するためのコールバックインターフェースを定義します。
説明
void onDispatchStart(NMapPOIdataOverlay poiDataOverlay, NMapPOIitem poiItem) フロートアイテムのドローイングを直接処理するために呼び出される。
  • Methods
説明
NMapPOIdata getPOIdata() POIデータを返す。
int size() POIデータのアイテムの数を返す。
void selectPOIitem(int index, boolean moveToCenter) POIデータでindexに該当するアイテムを選択する。moveToCenterとして選択されたアイテムが画面の中央に表示されるように地図を移動するかどうかを設定する。
void selectPOIitemBy(int id, boolean moveToCenter) POIデータでIdを持っているアイテムを選択する。moveToCenterとして選択されたアイテムが画面の中央に表示されるように地図を移動するかどうかを設定する。
void selectPOIitemBy(Object tag, boolean moveToCenter) POIデータでtagを持っているアイテムを選択する。moveToCenterとして選択されたアイテムが画面の中央に表示されるように地図を移動するかどうかを設定する。
void showAllPOIdata(int zoomLevel) POIデータがすべて画面に表示されるように地図縮尺レベルおよび地図の中心を変更する。
zoomLevelが0でない場合、指定した地図縮尺レベルで地図の中心のみを変更する。
boolean isFocusedBySelectItem() タッチイベントによって選択されたアイテムの場合はfalseを返し、それ以外はtrueを返す。
void updateMarkerAtIndex(int index) アイテムのイメージをアップデートするために呼び出す。
void setOnStateChangeListener (OnStateChangeListener listener) POIアイテムの選択の状態が変更された場合に呼び出されるコールバックインターフェースを設定する。
void setOnFloatingItemChangeListener (OnFloatingItemChangeListener listener) フロートアイテムの状態が変更された場合に呼び出されるコールバックインターフェースを設定する。
void setOnFloatingItemDispatchListener (OnStateChangeListener listener) NMapPOIitem.FLOATING_DISPATCHモードに設定されたフロートアイテムを処理するためのコールバックインターフェースを設定する。

NMapPathLineStyle

  • Description
    地図の上に表示される経路線のスタイルを定義します。

  • Constructor

説明
NMapPathLineStyle() 基本コンストラクタ
  • Constants
説明
TYPE_SOLID 実線
TYPE_DASH 点線

NMapPathData

  • Description
    地図の上に表示される経路線を管理するクラスです。

  • Constructor

説明
NMapPathData(int capacity) 経路データの数を因子として転送する。
  • Methods
説明
void initPathData() 経路データの追加を始める。
void addPathPoint(double longitude, double latitude, int lineType) 経路データの補間点座標を追加する。lineTypeはNMapPathLineStyleで定義された値で転送する。lineTypeを0で転送すると、以前の補間点をそのまま使う。
void endPathData() 経路データの追加を終了する。

NMapPathDataOverlay

  • Description
    経路データを表示するためのオーバーレイクラスであり、NMapOverlayクラスを継承します。単純な経路データ以外にポリゴンおよび円データも表示できます。
  • Constructor
説明
NMapPathDataOverlay(NMapPathData pathData, NMapController mapController, NMapOverlayManager mapOverlayManager) NMapOverlayManagerのcreatePathDataOverlay(NMapPathData pathData)メソッドによって作成される。
NMapPathDataOverlay(List pathDataList, NMapController mapController, NMapOverlayManager mapOverlayManager) NMapOverlayManagerのcreatePathDataOverlay(List pathDataList)メソッドによって作成される。複数のNMapPathDataで構成された経路データを表示する場合に使う。
NMapPathDataOverlay(NMapController mapController, NMapOverlayManager mapOverlayManager) NMapOverlayManagerのcreatePathDataOverlay()メソッドによって作成される。経路データなしに作成してaddPathData()またはaddCircleData()メソッドでデータを追加する場合に使う。
  • Methods
説明
void draw(Canvas canvas, NMapView mapView, boolean shadow) 経路データを画面に表示する。
void setLineColor(int rgb, int alpha) デフォルト経路線の色の値を設定する。
void setLineWidth(float width) デフォルト経路線の太さの値を設定する。
void showAllPathData(int zoomLevel) 経路データがすべて画面に表示されるように地図縮尺レベルおよび地図の中心を変更する。
zoomLevelが0でない場合は指定した地図縮尺レベルで地図の中心のみを変更する。

NMapCalloutOverlay

  • Description
    地図の上のオーバーレイアイテムを選択すると表示される吹き出しメッセージオーバーレイの抽象クラスです。

  • Constructor

説明
NMapCalloutOverlay(NMapOverlay itemizedOverlay, NMapOverlayItem item, Rect itemBounds) グループオーバーレイオブジェクトと選択されたアイテムおよび表示されるマーカーの領域を因子として転送する。
  • Interface - OnClickListener
    吹き出しメッセージを選択した場合に呼び出されるコールバックインターフェースを定義します。
説明
void onClick(NMapCalloutOverlay calloutOverlay, NMapOverlay itemizedOverlay, NMapOverlayItem overlayItem) 吹き出しメッセージを選択すると呼び出されます。
  • Methods
説明
void draw(Canvas canvas, NMapView mapView, boolean shadow) 吹き出しメッセージを画面に表示する。
boolean onTouchEvent(MotionEvent ev, NMapView mapView) タッチイベントを処理するとtrueを返す。
void setOnClickListener(OnClickListener listener) 吹き出しメッセージを選択した場合に呼び出されるコールバックインターフェースを設定する。

NMapCalloutCustomOverlay

  • Description
    地図の上のオーバーレイアイテムを選択した場合に表示される吹き出しメッセージオーバーレイクラスであり、NMapCalloutOverlayクラスを継承します。

  • Constructor

説明
NMapCalloutCustomOverlay(NMapOverlay itemizedOverlay, NMapOverlayItem item, Rect itemBounds, NMapCalloutCustomOverlay.ResourceProvider resourceProvider) グループオーバーレイオブジェクトと選択されたアイテムおよび表示されるマーカーの領域を因子として転送する。吹き出しメッセージの表示のためにNMapResourceProviderクラスを継承したresourceProviderオブジェクトを転送する。
  • Interface - ResourceProvider
    吹き出しメッセージを画面に表示するために呼び出されるコールバックインターフェースを定義します。NMapResourceProviderクラスを継承したオブジェクトで具現されます。
説明
Drawable getCalloutBackground() 吹き出しメッセージの背景イメージを返す。
Drawable getCalloutRightAccessory(NMapOverlayItem item) 吹き出しメッセージの右側のアイコンのイメージを返す。
Drawable getCalloutRightButton(NMapOverlayItem item) 吹き出しメッセージの右側のボタンの背景イメージを返す。
String getCalloutRightButtonText(NMapOverlayItem item) 吹き出しメッセージの右側のボタンのタイトルを返す。

NMapMyLocationOverlay

  • Description
    地図の上に現在の位置を表示するオーバーレイクラスであり、NMapOverlayクラスを継承します。

  • Constructor

説明
NMapMyLocationOverlay(Context context, NMapView mapView, NMapLocationManager locationManager, NMapCompassManager compassManager, NMapMyLocationOverlay.ResourceProvider resourceProvider) 現在の位置と羅針盤の管理者を因子として転送する。現在の位置および羅針盤の角度の表示のためにNMapResourceProviderクラスを継承したresourceProviderオブジェクトを転送する。羅針盤の管理者を使用しない場合はcompassManagerにnullを転送する。
  • Interface - ResourceProvider
    現在の位置および羅針盤の角度を画面に表示するために呼び出されるコールバックインターフェースを定義します。
    NMapResourceProviderクラスを継承したオブジェクトで具現されます。
説明
Drawable getLocationDot() 現在の位置を表示するためのイメージを返す。
Drawable getDirectionArrow() 羅針盤の角度を表示するためのイメージを返す。
  • Methods
説明
void draw(Canvas canvas, NMapView mapView, boolean shadow) 現在の位置および羅針盤の角度を画面に表示する。
void setCompassHeadingVisible(boolean visible) 羅針盤の角度を表示するかどうかを設定する。
boolean isCompassHeadingVisible() 羅針盤の角度を表示するかどうかを返す。

NMapOverlayManager

  • Description
    地図の上に表示されるオーバーレイオブジェクトを管理します。

  • Constructor

説明
NMapOverlayManager(Context context, NMapView mapView, NMapResourceProvider resourceProvider) オーバーレイオブジェクトを画面に表示するためにNMapResourceProviderクラスを継承したresourceProviderオブジェクトを転送する。
  • Interface - OnCalloutOverlayViewListener
    吹き出しメッセージオーバーレイオブジェクト作成の際に呼び出されるコールバックインターフェースを定義します。
説明
View onCreateCalloutOverlayView(NMapOverlay itemizedOverlay, NMapOverlayItem overlayItem, Rect itemBounds) POIアイテムを選択すると、吹き出しメッセージオーバーレイオブジェクトを作成する前に呼び出される。重なっているアイテムを処理するためにはnullを返す。吹き出しメッセージオーバーレイオブジェクトをカスタムビューで返すために使用し、setOnCalloutOverlayViewListenerでリスナーを登録した場合に呼び出される。
  • Interface - OnCalloutOverlayListener
    吹き出しメッセージオーバーレイオブジェクト作成の際に呼び出されるコールバックインターフェースを定義します。
説明
NMapCalloutOverlay onCreateCalloutOverlay(NMapOverlay itemizedOverlay, NMapOverlayItem overlayItem, Rect itemBounds) POIアイテムを選択すると、吹き出しメッセージオーバーレイオブジェクトを作成する前に呼び出される。重なっているアイテムを処理するためにはnullを返す。
  • Methods
説明
void addOverlay(NMapOverlay overlay) オーバーレイオブジェクトを追加する。
void clearCalloutOverlay() 吹き出しメッセージオーバーレイオブジェクトを削除する。
void clearCalloutOverlayWith(NMapPOIdataOverlay poiDataOverlay) 吹き出しメッセージオーバーレイオブジェクトがpoiDataOverlayに属する場合のみ削除する。
void clearOverlays() NMapMyLocationOverlayオブジェクトを除くすべてのオーバーレイオブジェクトを削除する。
NMapMyLocationOverlay createMyLocationOverlay(NMapLocationManager locationManager, NMapCompassManager compassManager) 現在の位置および羅針盤の管理者を因子として転送し、NMapMyLocationOverlayオブジェクトを作成する。compassManagerをnullで転送すると、現在の位置のみ表示する。
NMapPathDataOverlay createPathDataOverlay(NMapPathData pathData) 経路データを因子として転送し、NMapPathDataOverlayオブジェクトを作成する。
NMapPOIdataOverlay createPOIdataOverlay(NMapPOIdata poiData, Drawable defaultMarker) POIデータを因子として転送し、NMapPOIdataOverlayオブジェクトを作成する。
void deselectFocusedItem() 選択されたオーバーレイアイテムの選択を解除し、吹き出しメッセージオーバーレイオブジェクトを削除する。
boolean hasOverlay(NMapOverlay overlay) 転送されたoverlayオブジェクトが存在するかどうかを返す。
void populate() アップデートされたオーバーレイオブジェクトを地図の上に表示する。
void removeOverlay(NMapOverlay overlay) 転送されたoverlayオブジェクトを削除する。
void removePersistentOverlay() 現在の位置のオーバーレイオブジェクトを削除する。
void setOverlayHidden(NMapOverlay overlay, boolean hidden) 転送されたoverlayオブジェクトの隠し属性を設定する。
void setOnCalloutOverlayListener(OnCalloutOverlayListener listener) 吹き出しメッセージオーバーレイオブジェクト作成の際に呼び出されるコールバックインターフェースを設定する。
boolean canRefreshOverlayData(boolean checkCallout) オーバーレイオブジェクトをアップデートできるかどうかを返す。地図アニメーション中はfalseを返す。checkCalloutがtrueの場合は吹き出しメッセージが表示された状態でもfalseを返す。

NMapResourceProvider

  • Description
    地図の上のオーバーレイオブジェクトドローイングに必要なリソースデータを提供するための抽象クラスです。本クラスを継承したオブジェクトをNMapOverlayManagerオブジェクト作成の際に因子として転送しなければなりません。

  • Constructor

説明
NMapResourceProvider(Context context) 基本コンストラクタ

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...