本文書は機械翻訳された文書で、語彙、構文、文法に誤りが生じます。 専門家の翻訳が完了したら修正される予定です。

気になる点は、お問い合わせでお問い合わせください。

便利なサービスの提供に最善を尽くします。

タイルマップAPIは2020年6月1日に終了します。 それ以降は電話できないので、こちらをご参照ください。
詳細は、NAVER Maps API Ends 2019 Promotion and Service Planning Guide 2020)を参照してください。

Tile Map API参照書にショートカット >>
Tile Mapマニュアルにショートカット >>

APIのご紹介

Tile Map APIは様々な地図のイメージタイルを提供するREST APIです。一般地図、衛星地図、地形図のような地図タイプのみならず、公共交通機関、自転車道路、リアルタイム交通情報などの詳細情報を含む地図をイメージタイルで提供します。 Tile Map APIは次のようなメリットを提供します。

  • イメージの解像度を指定できます。
  • SDKで提供していない様々な組み合わせの地図をリクエストできます。
  • 様々なルートから入手したデータと簡単にマッシュアップできるため、地図をより専門的に応用できます。
  • OpenLayers, QGIS, ArcGIS, Mapboxなど、多様なGISツールで統合および応用できます。

メルカトル図法(Mercator projection)

Tile Map APIは正規化されたメルカトル図法を使い、円型の地球の上の一点を平面にある点にマッピングして得た地図タイルを提供します。 Google Maps, Bing Mapsのようなタイルシステムを使用しており、詳しい内容はMercator projectionをご参考ください。

  • 基本的に全世界の領域を表現できますが、提供ポリシーによって表現可能な領域が制限される可能性があります。
  • 緯度・軽度座標とタイルインデックス間の変換が必要な場合は多言語で作成された変換コードをご確認ください。

Tile Map API v1別途の開発ガイドのサイトを提供します。
Tile Map API v1参照書サイトにショートカット >

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...