Object Detection API参照書にショートカット >>
Object Detectionマニュアルにショートカット >>

Object Detection APIの概要

ご紹介

Object Detection APIはイメージデータの入力を受けた後、オブジェクトディテクションの結果をJSONの形で返します。Object Detection APIはイメージにあるオブジェクトのクラス名、バウンディングボックスの座標などの結果を提供するAPIを提供します。Object Detection APIはHTTPベースのREST APIであり、ユーザー認証(ログイン)が不要な非ログインのOpen APIです。

メリット

Object Detectionは直接具現あるいはインストールするのが面倒なだけでなく、Dedicatedされた高価のGPUサーバまたは高仕様のサーバが必要です。それに比べ、NAVERクラウドプラットフォームObject Detection APIはサーバのための別途のコストをかけずに簡単にRESTful APIを使用でき、ウェブベースのコンソールを使って使用クォータを制限および使用統計を確認することができます。

アーキテクチャ

Object Detection APIサーバアプリケーションはKubernetesパッドにドッカーコンテナでローディングされ、スケールアウト(Scale-Out)が可能であり、より安定的なアーキテクチャで構成されています。

Object Detection API v1別途の開発ガイドのサイトを提供します。
Object Detection API v1参照書のサイトにショートカット >>

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...