目次

加入手続き

Load Balancer商品を使用するには、ネイバーのクラウドプラットフォームで提供されるコンソールとリソースを利用するために、ネイバークラウドプラットフォームのアカウントが必要です。

ネイバークラウドプラットフォームに登録すると、すべてのサービスをご利用でき、使用したサービスにのみ料金が請求されます。 アカウントがある場合は、その手順を省略することができます。

  • ポータルに移動します。 右上に会員登録ボタンをクリックして、会員登録ページに移動します。 サービス利用規約と個人情報の収集利用の案内フレーズを確認し、同意します。 法人と担当者情報を入力します。 支払い方法は、直接入金と口座振替を選択することができます。 登録したID / PWを介してログインして決済手段を選択し、登録を完了します。 コンソールは、ポータルにログインし、 Console ボタンをクリックするか、またはドメイン(https://console.ncloud.com)を直接入力してアクセスした後に使用可能です。
[ポータル](https://www.ncloud.com)で登録したアカウントで、[コンソール](https://console.ncloud.com/)も同様に使用が可能です。

Load Balancerサービスを使用手順

VPC環境で利用可能です。</ p>

コンソール接続する

Load Balancer生成

Load Balancerを作成する

1. 画面中央の Load Balancer生成ボタンをクリックします。

2. アプリケーションのロードバランサの作成ボタンをクリックします。

3. Load Balancerの作成ページが表示されたら使用Load Balancerの名前を入力します。

4. Load Balancerのネットワークタイプを選択します。

  • Private IPタイプはVPC内部プライベートIPを利用して、内部サーバーからの負荷分散を処理しVPC外でのアクセスができません。
  • Public IPタイプはVPCの外部またはインターネットから呼び出すことができるようグローバルIPに設定されます。グローバルIPと一緒に提供される任意のドメインを利用して、顧客の保持のドメインまたはCDNサービスと接続して利用可能です。

5. Load Balancerの性能タイプを選択します。

  • 負荷処理能力に応じてSmall / Medium / Largeの中から選択することができ、それぞれ毎秒の接続数(CPS)の基準最小30,000 / 60,000 / 90,000個の分散処理を実現します。
  • HTTPSはSSL OffloadingによってHTTP比約1/10の性能を予測することができますが、認証キー方式とサイズに応じて多少の違いがある場合があります。

6. Load Balancerを位置させることがVPCとSubnetを選択します。

  • Load Balancerは、専用のSubnetを作成して配置する必要があり、サーバーと同じSubnetに位置されると、そのサーバーにロードバランシングが動作しません。
  • それぞれのLoad Balancerごとに個別のSubnetを生成する必要はないが、なるべくCクラス(255.255.255.0)規模のSubnetを推奨いたします。

7. 画面の下部にをクリックして、リスナーの設定に移動します。

Load Balancerリスナーを設定する

1. Load Balancerの基本リスナーが動作するプロトコルを選択します。(HTTP / HTTPS)

2. Load Balancerの基本リスナーがバインドするポートを設定します。

3. 右側追加をクリックして、リスナーを追加します。

4. 画面の下部にをクリックしてTarget Groupの選択]ページに移動します。

証明書を設定する(リスナーがHTTPSである場合)

1. Certificate Managerに登録された証明書の中からサービスに適切な証明書を選択します。

2. TLS Protocolバージョンを選択します。

  • TLS v1.0、TLS v1.1、TLS v1.2の中から選択することができ、各バージョンごとに、ネイバークラウドプラットフォームで提供されるCiphers suiteが設定されます

Target Groupを設定する

1. 負荷分散の対象となるTarget Groupを選択します。

  • 事前にTarget Groupが作成されている。
  • Application Load Balancerは、プロトコルがHTTPまたはHTTPSで生成されたTarget Groupのみ接続可能です。

2. 適切なTarget Groupを選択しましたら、画面下部のをクリックして設定情報の確認ページに移動します。

3. 設定情報を最終確認し、画面の下部にあるロードバランサの作成をクリックして、ロードバランサの作成を開始します。

ロードバランサの設定

ロードバランサの設定を変更する

1. 設定を変更するロードバランサを選択して、ロードバランサの設定変更をクリックします。

2. ロードバランサ負荷処理能力に応じた評価を調整することができます。

  • 負荷処理能力に応じてSmall / Medium / Largeの中から選択することができ、それぞれ毎秒の接続数(CPS)の基準最小30,000 / 60,000 / 90,000個の分散処理を実現します。
  • HTTPSはSSL OffloadingによってHTTP比約1/10の性能を予測することができますが、認証キー方式とサイズに応じて多少の違いがある場合があります。

サブネットの変更(お早めに提供するようにします)

リスナーの設定を変更する

1. リスナーの設定を変更するロードバランサを選択して、リスナー設定の変更をクリックして、リスナーの設定ページに移動します。

2. ロードバランサの作成時に設定したリスナーがDefaultに照会されます。

リスナーを追加する

1. リスナーの作成をクリックして、リスナーの追加ページに移動します。

① リスナーの動作するプロトコルを選択します。 (HTTP / HTTPS)

② HTTP / 2活性化するかどうかをチェックします。 (オプション)

  • HTTP / 2は、国際インターネット標準化機構(IETF)で開発しているHTTPプロトコルの第二版です。 HTTPヘッダーのデータ圧縮、サーバープッシュ技術、TCP接続で複数の要求を多重化処理するなどの方法を適用して、Webページの読み込み遅延時間を減少させます。

③ リスナーがバインドするポートを設定します。

Certificate Managerに登録された証明書の中からサービスに適切な証明書を選択します。 TLS Protocolバージョンを選択します。

  • TLS v1.0、TLS v1.1、TLS v1.2の中から選択することができ、各バージョンごとに、ネイバークラウドプラットフォームで提供されるCiphers suiteが設定されます。

⑤ そのリスナーのトラフィックが転送されるTarget Groupを選択します。

リスナーを変更する

1. 変更リスナーを選択して、リスナー変更をクリックします。

① リスナーの動作するプロトコルを選択します。 (HTTP / HTTPS)

② HTTP / 2活性化するかどうかをチェックします。 (オプション)

  • HTTP / 2は、国際インターネット標準化機構(IETF)で開発しているHTTPプロトコルの第二版です。 HTTPヘッダーのデータ圧縮、サーバープッシュ技術、TCP接続で複数の要求を多重化処理するなどの方法を適用して、Webページの読み込み遅延時間を減少させます。

③ リスナーがバインドするポートを設定します。

Certificate Managerに登録された証明書の中からサービスに適切な証明書を選択します。 TLS Protocolバージョンを選択します。

  • TLS v1.0、TLS v1.1、TLS v1.2の中から選択することができ、各バージョンごとに、ネイバークラウドプラットフォームで提供されるCiphers suiteが設定されます。

リスナーを削除する

1. 削除リスナーを選択して、リスナーの削除をクリックします。

  • 少なくとも1つのリスナーが残っている必要があります。

ルール照会および変更

1. ルールを照会および変更するリスナーを選択し、ルール照会および変更をクリックして、ルールの変更のページに移動します。ルールは、以下のような特徴を持ちます。

  • 各ルールは、 "条件節」と「アクション」で行われます。
  • Defaultルールは削除されることができません。
  • 各ルールは、優先順位によって順次に適用され、配達されたトラフィックは、Defaultルールによって動作します。

ルールの追加

1. 画面の上部にあるルールの追加をクリックします。

① 優先順位を設定します。 1〜9999までの数字が入力可能です。

② の条件を設定します。条件のタイプで Host Header Path Pattern 選択が可能であり、各条件節はAndに動作します。 Host Header条件節とPath Pattern条件節は、それぞれ多数の条件がOrに動作します。

  • たとえば、Host Header条件節にaaa.comとbbb.comを追加して、Path Pattern条件節に/ ccc、/ dddを設定した場合には、ルールが動作する最終条件は(aaa.com or bbb。 com)and(/ ccc or / ddd)になります。

③ アクションを設定します。アクションのタイプで Target Group Redirection 選択が可能であり、アクションは1つだけ選択することができます。

  • アクションがTarget Groupの場合、多数のTarget Groupを指定して重みを付与することができます。たとえばTestTG01の重みを10、TestTG02の重みを90に付与した場合には、トラフィックはそれぞれ1:9の割合で分散されます。
  • アクションがRedirectionの場合、条件に合致するすべてのRequestを別のURLに転送します。 Status Codeは301/302の両方をサポートします。 ![](./images/alb_5_jp.jpg)

ルールの変更

1. 変更するルールを選択して、ルールの変更をクリックします。

2. ルールを変更する方法は、ルールの追加と同じのでルールを追加内容をご覧ください。

ルールの削除

1. 削除するルールを選択して、ルールの削除をクリックします。

  • ルールを削除してもアクションに設定されたTarget Groupは削除されません。

Load Balancerを削除する

1. 削除Load Balancerを選択し、画面の上部にLoad Balancer削除をクリックします。

2. Load Balancer削除ポップアップウィンドウが表示されたら下段の削除ボタンをクリックしてLoad Balancerを削除します。

※ 注意 Load Balancerを削除すると、設定されていたRoute Tableにルールが一緒に削除され、他の商品で利用されている場合、機能が正常に動作しない場合があります。

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...