使う前に

Q. NAT Gatewayとは何でしょうか?

  • NATはネットワークアドレス変換(Network Address Translation)の略で、非公認ネットワークに属する複数のホストが一つの公認IPアドレスを使用してインターネットに接続する方法です。
  • NATを処理してくれる装置をNAT Gatewayと呼びます。

Q. NAVERクラウドプラットフォームのNAT Gatewayサービスは何でしょうか?

  • クラウドプラットフォーム内部にあるお客様のサーバーがインターネット上のお客様のホストあるいはお客様とつながりのある公認IPアドレスを持つホストと接続できるようにNATサービスを提供するゲートウェイです。 非公認IPアドレスを持つ多数のサーバーが一つのNAT Gatewayを共有することもできれば、複数のNAT Gatewayを作り、サーバーグループごとにそれぞれのNAT Gatewayを使用することもできます。 接続可能な外部の公認IP アドレスを持つホストは、お客様が事前に登録したものだけ可能ですので、内部サーバーが意図しない外部サーバーに接続できないように強力なセキュリティ機能を提供します。
  • Auto Scalingサービスと接続し、新たに増設されるサーバーが自動的にNAT Gatewayを利用するようにできます。

Q. NAT Gateway サービスはどのような場合に使いますか。

NAT Gateway 使用方法

NAT Gateway サービス使用手順

コンソールに接続した後、次のステップで簡単に申請した後、すぐに使用することができます。

  1. コンソール接続:NAVERクラウドプラットフォームコンソールに接続した後、Networking商品リストの中からNAT Gateway商品をクリックします。

  2. NAT Gateway生成: NAT Gateway名を決めて、簡単なメモを入力します。

  3. Peer Host生成:Peer Hostとは、NAT Gatewayを通じて接続しようとする公認IPアドレスを持つ外部のホストに対する別称です。 以前の段階で生成したNAT Gatewayを選択し、Peer Host名を入力します。 Peer IPには外部ホストの公認IP アドレスを入力します。 その後、下のウィンドウに表示される顧客のサーバーリストから、このNAT Gatewayを通じてPeer IPに接続しようとするサーバーを選択 >ボタンをクリックして追加し、右側のサーバーリストから除外しようとするサーバーを選択<ボタンをクリックして除外します。 選択が完了したら、確認ボタンを押します。

  4. Peer 向の非公認IP アドレス確認: Peer Host リスト表示画面で、先ほど登録した Peer Host に対して、自動で生成された Peer 向け非公認IP アドレスを確認します。

  5. 顧客サーバからPeerへの接続:顧客サーバにログインし、Peer 向の非公認IP アドレスへの接続をリクエストします。 NAT Gatewayを通じて実際の Peer IP アドレスに接続するようになります。 便利に使用するために/etc/hostsファイルに 「Peer_向_非公認_IP Peer_Host_名前」 のように追加します。 以降、Peer_Host_名前からPeer IPアドレスにアクセスすることができます。

NAT Gateway サーバ変更方法

  1. 設定を変更しようとするNAT Gatewayを選択した後、適用サーバーの変更ボタンをクリックします。

  2. 適用サーバーの変更画面で、真ん中の>ボタンをクリックして追加し、<ボタンをクリックして除外します。 下段の ボタンを押すと変更が完了します。

注意:適用サーバーを変更した場合、従来通信されているセッションはそのまま維持されます。 既存のセッション終了後から新規セッションに対して変更事項が適用されます。

NAT Gateway 削除方法

  1. NAT Gatewayを削除するためには、当該NAT Gatewayに適用されたサーバーがなければなりません。 このため、Peer Hostリスト表示画面から該当NAT Gatewayに属するすべてのPeer Hostリストを先に削除します。

  2. 以降、NAT Gatewayの表示画面からNAT Gatewayを削除することができます。

注意:Peer HostリストのないNAT Gatewayは、何の機能もしません。 この時、NAT Gatewayを削除しないとNAT Gateway保有料金が引き続き請求されますのでご注意ください。

Auto Scaling 連携方法

  1. Auto Scaling Group生成画面でNAT Gateway利用を選択します(Auto Scaling情報の表示)。
  2. サーバーを生成する時に自動的に適用するNAT Gateway名を選択します。 適用したい Peer Host のリストだけを選択します。

注意:Auto Scaling適用時、NAT Gatewayは一つだけ指定できます。

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...