DNSリソースレコードの案内書

Global DNSを利用する

NAVERクラウドプラットフォームのGlobal DNSを構成するDNSリソースレコードは、以下の項目で詳しく説明します。

SOAレコード

  • SOAレコードは当該ドメイン(zone)ごとに必ず記述する必要があり、authorityを示します。

  • Global DNSでは基本的にSOAレコードが登録され、追加及び修正はできません。

Aレコード(Address)

  • AレコードはドメインNameをIPv4アドレスにマッピングします。

  • 一つのドメインNameに複数のIPをマッピングでき、クエリリクエストによってRound-Robin順に複数のIPに応答します。

  • AAAAレコードはIPv6アドレスにマッピングします。

  • Global DNSでAレコードのTTLは300秒がDefaultです。

    • TTL値の設定が大きすぎる場合、レコード値を変更する際にTTL値どおり反映できないことがあります。

NSレコード(Name Server)

  • NSレコードは、ドメインに対するAuthoritativeネームサーバを意味します。
  • Global DNSでドメインを構成する際、基本的に以下のNSレコードで設定され、修正はできません。
    • ns1-1.ns-ncloud.com
    • ns1-2.ns-ncloud.com
  • Global DNSでNSレコードのTTLは86,400秒で設定されます。

PTRレコード(Pointer)

  • PTRレコードはIPアドレスをドメインにマッピングします。

  • Reverseドメインに対するレコードタイプで、IPに対して区切り文字「.」で逆順に表記されます。

  • (例) www.ncloud.com A 49.236.142.51のPTRレコードは?

    • 51.142.236.49.in-addr.arpa PTR www.ncloud.com

CNAMEレコード(Canonical Name)

  • CNAMEレコードはRdataのDomain NameのAliasを作成します。
  • ただし、一つのhostにCNAMEレコードと違うレコードは共存できません。
  • BaseドメインにCNAMEレコードの追加はできず、Global DNSが提供するAlias機能を用いてCNAMEのようにドメインを手軽にマッピングできます。

MXレコード(Mail eXchanger)

  • MXレコードは、当該Zoneに対するメールのルーティングドメインを設定します。

  • preferenceは小さいほど高い優先順位になります。

  • Global DNSでMXレコードを追加する際、preferenceとFQDNを入力します。

  • (例) ncloudtest.com MX 10 mx1.ncloudtest.com

                                          MX    20 mx2.ncloudtest.com
    

SPFレコード(Send Policy Framework)

  • SPFレコードは、一般的にメール送信において「送信者のメールサーバ情報」と「メールサーバ情報」が一致してるか確認する際に用いられます。
  • 送信サーバから送信したメールがスパム処理されないようにするためには、SPFレコードの登録が必要です。
  • (例) "v=spf1 incloude:_spfblocka.ncloudtest.com include:_spfblockb.ncloudtest.com ~all"

TXTレコード(TeXT)

  • TXTレコードは、ドメインに対する役割(SPF、DKIM認証)などに関するテキストを記入するレコードです。
  • SPFレコードを登録する際に主に用いられますが、Global DNSではSPFレコードを別途提供しています。

SRVレコード

  • SRVレコードはサービスの位置(ホスト名とポート番号)を保存するために用いられるレコードです。
  • priority:優先順位。数字が小さいほど優先順位が高い
  • weight:優先順位が同一である場合に比較する加重値
  • port: サービスport
  • target: サービスに割り当てられたhostname
  • (例) 10 60 5060 kerberos.ncloudtest.com

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...