目次

VPC詳細コンポーネント> VPC Peering

はじめに

VPC間の通信は、基本的にグローバルIPを利用して行われます。プライベートIPベースの通信を提供するVPC Peeringを利用すれば、専用のネットワークの拡大効果とインターネット通信を経ないで、安全な通信をサポートします。 VPC Peeringは同じリージョン内でのみ可能であり、Ncloudの内部ネットワークを利用して通信をするので、個別のVPNなく簡単に実装できます。 VPC Peeringは一方向通信のみ可能なので、TCPなどの双方向通信が要求される場合には、要求VPCと受け入れVPCを引き換え2つを生成する必要があります。

VPC環境で利用可能です。</ p>

VPC Peering生成する

コンソール接続する

  • コンソールに接続してコンソール> Products&Services> Networking> VPC> VPC Peering メニューに移動します。

VPC Peeringを設定する

  1. VPC Peering画面中央の青い VPC Peering生成ボタンをクリックします。

  2. VPC Peering を生成するためのポップアップウィンドウが表示されたら、対応する情報を入力します。
    ①VPC Peering名前:リクエストVPCと受け入れVPCを一覧表示して識別に役立つように設定します。
    ②要請VPC:Sourceに該当するVPCです。
    ③受け入れVPC:Destinationに該当するVPCです。

    • マイアカウントのVPCとの接続を希望する場合マイアカウントを、
    • 他のアカウントのVPCとの接続を希望する場合別のアカウントを選択します。
    • 他のアカウントのVPCと接続時、受諾者ログインID(メールアドレス)、VPC ID、VPCの名前を正確に入力する必要があります。 3.下部の生成ボタンをクリックして、VPC Peeringの作成を完了します。 *他のアカウントとVPC Peering生成時、別の受け入れ過程を経なければならいます。

VPC Peering受け入れる

  • 他のアカウント間のVPC Peering接続時、受諾者アカウントで承諾をしなければなら接続が完了します。
  • 受け入れボタンはVPC Peeringの詳細にあります。
  • VPC Peeringを拒否する拒絶ボタンを押してください。

VPC Peering制限

接続しようとするVPCは、相互のIPアドレス帯域が異なるします。一致したり、入れ子になった領域がある場合、設定されていません。

  • VPC Peeringは一方向です。 TCPを利用した接続時には、要求/承認VPCを引き換え追加作成してください。
  • VPC Peeringは推移接続関係をサポートしていません。つまり、PeeringされたVPCを介して、他のVPCもしくは外部に通信することはできません。
  • VPC Peeringはリージョン内VPC接続に限ります。

VPC Peering削除する

  1. 削除を希望するVPC Peering項目を選択し、画面の上部に VPC Peering削除ボタンをクリックします。

  2. 削除ポップアップウィンドウが表示されたら下段の削除ボタンをクリックしてVPC Peering削除を終了します。

    • Route TableからTargetで指定されたRoute Tableの情報を先に削除する必要がVPC Peeringを削除することができます。

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...