ご利用ガイド

NAVERクラウドプラットフォームのKubernetes Serviceは、Kubernetes v1.12.7バージョンを提供します。Kubernetes Serviceは、コンテナーデプロイの自動化、スケール、コンテナー化されたアプリケーションの管理のためのオープンソースであるKubernetesを利用しています。

提供のリージョン

以下のリージョンでご利用いただけます。提供可能なリージョンは、今後拡大していく予定です。

リージョン ゾーン
韓国 KR-1, KR-2
シンガポール SGN-1

現在、KR-1とSGN-1とは、法人のお客様のみご利用いただけます。

クラスターを作成する

NAVERクラウドプラットフォームのKubernetes Serviceを利用いただくためには、クラスターを作成する必要があります。クラスターは、色んなVMを管理する単位です。

  • 製品の上段の作成するをクリックします。

  • クラスター名を入力します。クラスター名は、英文小文字、数字、"-(ハイフン)"を使うことができ、3~30文字以内の長さで作成しなければなりません。なお、英文小文字から始まる必要があり、"-"で終わることができません。

  • クラスターに作成されるワーカーノード(Worker Node)のサーバスペック及び数を指定します。指定したワーカーノードに応じて、全クラスターのCPUとMemoryとの容量を確認することができます。

  • クラスターにインストールするモジュールを選択します。DashboardとCSI for Block Storageとは基本的にインストールされ、Weave Scope、Ingress Nginxを選択することができます。 Ingress Nginxは、インストールの際にロードバランサーが一緒に作られ、ロードバランサーのご利用料金が発生します。

  • ワーカーノードの役割として作成されるVMに接続するための従来のログインキーを選択又は新しいログインキーを作ります。

  • クラスター作成の第1段階と第2段階の情報を確認した後、[作る]をクリックしてクラスターを作成します。

クラスターリストをみる

クラスターリストでは、クラスター名 、ノード数、クラスター容量、Kubernetesバージョン、クラスターステータス、クラスターのDashboard、ノードステータス及び説明情報を確認することができます。

  • クラスターステータス:クラスター APIのステータス情報
  • ノードステータス:ノードの追加/削除によるステータス情報
  • Dashboard: クラスターのDashboard Web UIを新しいウィンドウで確認することができます。

クラスターの詳細情報をみる

クラスターの詳細情報では、リスト情報だけでなく、Endpoint、ACG及び作成日情報を追加で確認することができます。サーバをみるをクリックすると、現在のクラスターのノード情報を確認することができます。

クラスターノードを修正する

クラスターの詳細情報で、ノード数に関する情報の[修正する]をクリックすると、クラスターのノード数を修正することができます。

但し、ユーザーによってワーカーノードのスペックが修正された場合、当該サーバ数を除外した分だけ選択することができます。 例えば、最大の作成ノード数が10である場合、2台のサーバスペックを修正した場合、修正時に最大8まで選択が可能です。

クラスターノード情報をみる

クラスターの詳細情報で、ノード数に関する情報のサーバをみるをクリックすると、クラスターのノードを照会することができます。

ノードステータス値は、Ready、Not Readyの2つがあり、ワーカーノードのkubeletが動作しないか、正常でない場合にNot Readyで表示されます。

設定ファイルを再設定する

クラスターの詳細情報で再設定ボタンをクリックします。

ポップアップでクラスター名を入力した後、再設定ボタンをクリックすると再設定が完了します。

再設定の後は、従来の設定ファイルは認証されず、再設定したファイルを新たにダウンロードして利用する必要があります。

クラスターを削除する

削除するをクリックすると、削除のためのポップアップが表示され、クラスター名を正確に入力した後削除することができます。

クラスターに接続する

クラスターリストのガイドをみるをクリックすると、ユーザーのローカルマシンからクラスターをコントロールできるガイド情報を確認することができます。

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...