Classic環境で利用できます。

ご使用にあたって

Q. Node.js 商品は何ですか?

  • Node.js商品は、"Linux + Node.js"Stackインストールプロセスをワンクリックで起動できる設置型サービス商品です。
  • Node.jsの商品は、Linuxをオペレーティングシステムとして使用しつつ、Node.jsを活用したJavascript Development Stackサービスプラットフォームです。
  • Node.js商品は、安定性に優れたNAVEクラウドプラットフォームのComputeインフラサービスに自動的に構成され、いくつかのステップの設定を通じて即時にサービスに投入することができます。

Q. Node.js 商品を使用するとどのようなメリットがありますか?

  • NAVEクラウドプラットフォームのインフラを活用して、安定的にNode.js Development Stackサービスを提供することができます。
  • サーバのイメージとスペックを選択して、Node.jsサーバを自動でインストールし、Node.jsサービスをスタートすることができます。

Q. Node.js サーバはどのように生成しますか?

  • コンソールのCompute > Server メニューからNode.jsサーバイメージを選択して生成することができます。
  • 希望する仕様のサーバを生成し、必要に応じてストレージを追加します。
  • 月料金制と時間料金制があり、サーバを生成した後、接続環境を設定して利用することができます。
  • Node.js Webサービスを利用するためにグロバールIPアドレスを申込み、ACG設定でServer Portポートを追加しなければなりません。(Portは、変更可能です。)
  • コンソールに接続した後、以下のステップを通じて簡単にサーバを生成することができます。

Q. Node.js 商品にインストールされるオープンソースはどのようなものがありますか?

  • Node.js 商品のオープンソースは下記のように提供されます。
    • nvm(node version manager)

Q. Node.js Web サービスに接続することができません。

  • Node.js Webサービスを使用するためにはグロバールIPアドレスを申込んでサーバに割り当てるべきであり、ACGにWeb Server Portポートが追加されなければなりません。
  • グローバルIPアドレスとACGを確認した後も接続されない場合は、Webサーバプロセスが停止された状態なので、ターミナルで再起動コマンドを実行してプロセスを再スタートします。

Q. Node.js 商品はどのディレクトリにインストールされますか?

  • Node.js商品のファイルの位置は、 /root/nodejs , /root/.nvmです。
  • データの損失を防ぐために、インストール経路をバックアップしておくことをお勧めします。

Node.js サーバの生成

Node.jsサーバの生成及びサービス接続のプロセスは、NAVEクラウドプラットフォームのApplication設置型商品と同じです。設置型商品のサーバの生成過程を参考にしてNode.jsサーバを生成し、サービスにアクセスすることができます。

Step 1. コンソール接続

コンソールに接続して Compute > Server メニューを選択します。

① サーバを生成するためには、サーバの生成ボタンをクリックします。

Step 2. サーバイメージの選択

Node.js サーバイメージを選択してサーバを生成します。

① Node.jsイメージを選択します。

② ポップアップ画面の案内(グロバールIPアドレスを確認、ACGの申し込み、初期パスワードの確認)を確認します。

確認ボタンをクリックすると、ポップアップ画面が閉じて、サーバ情報入力画面に移動します。

Step 3. サーバの設定

ストレージの種類、サーバタイプ、料金プラン、Zoneを選択して、サーバ名を入力します。

① Zoneを選択します。

  • Node.jsサービスは、すべてのRegionで対応します。

② 起動ストレージとして使用するストレージの種類を選択します。

③ 希望するサーバタイプを選択します。

  • 一部サーバの仕様は、ブートディスクのタイプに応じて、サポートされないことがあります。
  • 使用容量に応じて、サーバタイプの中から一つを選択してください。

④ 料金制は月料金制や時間料金制から選択できます。

⑤ サーバ名を入力します

  • お客様がサーバを区別するための名称で、重複して使用することができません。

次へのボタンをクリックします。

Step 4. 認証キーの設定

保有している認証キーがある場合、保有している認証キーの利用を選択し、ない場合は、以下の手順に従って、新しい認証キーを生成します。

新しい認証キーの生成を選択します。

② 認証キー名を入力します。

認証キーの生成及び保存ボタンをクリックして、ローカルPCに認証キーファイルを保存します。

  • 新しい認証キーを発行します。
  • 保存して認証キーは、お客様のPCの安全なところに保管してください。
  • 認証キーは、最初の管理者パスワードをインポートするときに利用されます。

次へのボタンをクリックします。

Step 5. ACGの設定

保有しているACGを利用したり、新規のACGを生成して、ファイアウォールを設定することができます。

保有しているACGの利用

保有しているACGを利用して、ファイアウォールを設定する方法は次のとおりです。

① ACGは必ず選択する必要があり、基本的に提供する‘ncloud-default-acg’を含んで保有しているACGの中から一つを選択します。

  • 保有しているACGは、最大5個まで選択できます。
  • 必ず、ACGを選択することで、次へボタンが有効になり、設定を行うことができます。

② 保有しているACGほか、新規のACGを生成して設定したい場合は、新規のACGの作成を選択します。

次へのボタンをクリックします。

新しくACGの生成

新たにACGを生成して、ファイアウォールを設定する方法は次のとおりです。

① 新規のACG生成でACG の生成ボタンをクリックします。

② ACG名を入力します。

③ ACG設定でプロトコル、アクセスソース、許可ポートを入力して生成します。

  • プロトコル: TCP, UDP, ICMPから選択
  • アクセスソース: IPアドレスまたはACG名を入力
  • 許可ポート: 単一ポートまたは範囲を指定
  • ターミナルアクセスのために接続するサーバのACGに、SSH’TCP /22’に対するルールが設定されていなければなりません。。ルールを追加するためには、プロトコル、アクセスソース、許可ポートを記載して追加ボタンをクリックします。

④ サービスポートが追加された場合、生成ボタンをクリックします。

Step 6. 最終確認

設定した内容を最終確認します。

① サーバイメージ、サーバ、認証キー、ACGが正常に設定されているかを確認します。

② 最終確認後は、サーバの生成ボタンをクリックします。

  • サーバが生成されるまでは、数分から数十分がかかります。

サーバリストで確認

生成されたサーバをリストから確認します。

① 生成したサーバがリストに表示されます。

② サーバが生成され、Node.jsのパッケージがインストールを終了し、サーバの状態が運営中になるまで待ちます。

接続環境の設定

グロバールIPアドレス使用の申し込み

Node.js商品を使用するには、グローバルIPのアドレスを利用して接続しなければなりません。この時、グロバールIPのアドレス使用については有料になります。

① 左側のメニューからPUBLIC IPメニューを選択します。グローバルIPのアドレスを取得するためには、グローバルIPの申し込みボタンをクリックします。

適用サーバの選択でグローバルIPのアドレスを割り当てるNode.jsサーバを選択します。

次へボタンをクリックします。適用サーバ名を確認して、もう一度生成ボタンをクリックします。

ポートフォワーディングの設定

ターミナルプログラム(PuTTYなど)でサーバに接続するためには、ポートフォワーディングを設定する必要があります。

① 左側のメニューからServerメニューを選択します。サーバに接続するためには、ポートフォワーディングの設定ボタンをクリックします。

② ポートフォワーディングの設定画面で、外部ポート番号を設定します。外部ポート番号の入力範囲は1024~65,534で、サーバ接続のための機能のほかにサービスの目的で使用することができません。
(内部ポート番号は22で定められています。)

追加ボタンをクリックすると、設定内容が下部に追加されるので、修正削除ボタンをクリックして設定内容を修正、削除することができます。

適用ボタンをクリックすると、設定した外部ポートにターミナルプログラムを利用して、SSH接続をすることができます。

ACGの生成

ACGのターミナルアクセスSSH(’TCP /22’)とNode.jsサービス(’TCP/ UDP’の設定)ルールを追加します。サーバの生成時にルールを既に追加した場合は、このステップのACG設定作業を行う必要がありません。

① 左側のメニューからACGメニューを選択し、上部のACGの生成ボタンをクリックします。

② ACG名を入力します。

③ 設定が終了すると、生成ボタンをクリックします。

ACGの設定

① 生成したACGを選択します。

② 上部のACGの設定ボタンをクリックします。

③ ACGルール設定でプロトコル、アクセスソース、許可ポートを入力して生成します。

  • プロトコル: TCP, UDP, ICMPから選択
  • アクセスソース: IPアドレスまたはACG名を入力
  • 許可ポート: 単一ポートまたは範囲を指定

ターミナルアクセスのために接続するサーバのACGに、SSH’TCP /22’に対するルールが設定されていなければなりません。ルールを追加するためには、プロトコル、アクセスソース、許可ポートを記載して追加ボタンをクリックします。

④ 設定が完了すると、適用ボタンをクリックします。

サーバ管理者パスワードの確認

ターミナルプログラム(PuTTYなど)でサーバに接続するためには、管理者のパスワードが必要です。

① 左側のメニューからServerメニューを選択します。

② 該当のサーバを選択して、サーバの管理と設定の変更から管理者パスワードの確認を選択します。

Drop files here or click to uploadボタンをクリックしてサーバの生成時に個人のPCに保存された認証キーファイル(.pem)を添付します。

④ 添付後、パスワードの確認ボタンをクリックすると、ターミナルプログラムで最初のサーバ接続時に使用するパスワードを取得することができます。

  • サーバに接続した後、管理者が覚えられるパスワードに変更して使用することをお勧めします。

ターミナル接続

ターミナルプログラム(PuTTYなど)でサーバに接続してサービスプロセスを管理することができます。

ターミナルプログラムでサーバに接続

① ターミナルプログラム(PuTTYなど)を実行します。

② サーバリストまたはコンテンツビューで確認した’サーバ接続用のグローバルIP’と’外部ポート’の値を入力して、Open ボタンをクリックすると、サーバに接続されます。

  • サーバ接続用のグローバルIPの確認:コンソールのServer > Server メニューからサーバを選択した後、詳細情報からポートフォワーディングの情報サーバ接続用のグローバルIPの値を確認
  • 外部ポート番号を確認:コンソールのServer > Serverメニューからサーバを選択した後、詳細情報からポートフォワーディングの情報外部ポートの値を確認

③ ユーザー情報とパスワードを入力してログインします。

  • login as: root
  • password: 上で確認した管理者のパスワード

④ ログイン後は、rootアカウントのパスワードを覚えられるパスワードに変更することをお勧めします。 passwd rootコマンドを入力した後、新しいパスワードを入力します。

Node.js サーバの使用

Node.js サーバイメージを生成時、Node.js Development Packageが設置されているため容易に使用することができます。
下記のように nvm(node version manager)を通じてインストールされた情報を確認することができます。

  • nvm リモートバージョンを確認

      nvm list-remote
    
      ...
      v11.5.0
      v11.6.0
      v11.7.0
      v11.8.0
      v11.9.0
      v11.10.0
      v11.10.1
      v11.11.0
      v11.12.0
      v11.13.0
      v11.14.0
      v11.15.0
      v12.0.0
      v12.1.0
      v12.2.0
      v12.3.0
      -> v12.3.1
      v12.4.0
    
  • nvm 希望するバージョンのインストール

      nvm install v12.3.1
    
  • nvm 現在有効なバージョンを確認

      nvm current
    
      v12.3.1
    
  • nvm インストール済みのバージョンを確認

      nvm ls
    
      ->   v12.3.1
        system
    
  • nvm Alias 設定

      nvm alias default v12.3.1
    
      default -> v12.3.1
    
  • nvm ヘルプを利用

      nvm --help
    
      Node Version Manager
    
      Usage:
          nvm help                    Show this message
          nvm --version               Print out the latest released version of nvm
          nvm install [-s] <version>  Download and install a <version>, [-s] from source. Uses .nvmrc if available
          nvm uninstall <version>     Uninstall a version
          nvm use <version>           Modify PATH to use <version>. Uses .nvmrc if available
          nvm run <version> [<args>]  Run <version> with <args> as arguments. Uses .nvmrc if available for <version>
          nvm current                 Display currently activated version
          nvm ls                      List installed versions
          nvm ls <version>            List versions matching a given description
          nvm ls-remote               List remote versions available for install
          nvm deactivate              Undo effects of NVM on current shell
          nvm alias [<pattern>]       Show all aliases beginning with <pattern>
          nvm alias <name> <version>  Set an alias named <name> pointing to <version>
          nvm unalias <name>          Deletes the alias named <name>
          nvm copy-packages <version> Install global NPM packages contained in <version> to current version
          nvm unload                  Unload NVM from shell
    
      Example:
          nvm install v0.10.24        Install a specific version number
          nvm use 0.10                Use the latest available 0.10.x release
          nvm run 0.10.24 myApp.js    Run myApp.js using node v0.10.24
          nvm alias default 0.10.24   Set default node version on a shell
    
      Note:
          to remove, delete, or uninstall nvm - just remove ~/.nvm, ~/.npm, and ~/.bower folders
    

Node.js Express 活用の例示

以下のようにExpress Moduleのサンプルファイルを作成してWeb Serverを活用することができます。

vi hello.js
var express = require('express');
var app = express();

app.get('/', function (req, res) {
  res.send('Hello Express Server!');
});

app.listen(3000, function () {
  console.log('Express App Server : Listening on port 3000!');
});

node バージョンを変更した場合は、上記の例を実行するためには、以下のように npm
expresspm2モジュールをインストールしなければなりません。

  • インストールが必要なモジュール : express, pm2
# nvm 現在有効なバージョンを確認
nvm current

# nvm バージョンを変更するコマンド(希望するバージョンに変更)
nvm use v12.3.1

# npmを用いてexpress モジュールをインストールするコマンド
npm install -p --save express

# npmを用いてpm2 モジュールをインストールするコマンド
npm install -g --save pm2

下記のように Express Moduleのサンプルファイルを実行します。

node hello.js
...

Express App Server : Listening on port 3000!

上記のExpress Serverサンプルの実行後、ブラウザにアクセスするためには、3000ポートに対してACG設定をする必要があります。

このACG設定を参考にして、該当のサーバのポートをOpenすることができます。

リモートターミナルから以下のように実行すれば、Express Web Serverの実行結果を確認することができます。

curl http://{Your Public IP}:3000
...

Hello Express Server!

pm2 モニタリングの活用

以下のようにNode.jsの商品と一緒にインストールされたpm2モジュールを活用すれば、簡単なモニタリングを行うことができます。

pm2 start -f hello.js

以下のようにpm2モジュールを活用して、実行されたNode Applicationを確認することができます。

関連情報のショートカット

NAVERクラウドプラットフォームNode.js商品で使用さるソフトウェアの詳細については、次のWebページを確認してください。

下記のマニュアル(旧、ユーザーガイド)で関連情報を確認することができます。

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...