App Safer Android SDKの適用ガイド

App Safer Androidは、NAVERクラウドプラットフォームが提供するモバイルセキュリティソリューションとして、モバイル機器やサービスへの脅威になる行為からモバイルアプリケーションの安全な実行環境を維持するために、アプリケーションの変造有無やモバイルセキュリティ侵害の試みを検知し、その結果を分析して提供するモバイルセキュリティソリューションです。

App Safer Androidの特徴

  • Rooting検知
  • Emulator検知
  • Debugging検知
  • Memory Tampered検知
  • Speedhack検知
  • App Integrity Tampered検知
  • Unauthorized Signature検知

App Safer Androidのサポート環境

ファイル名 OSバージョン アーキテクチャ
appsafer-${version}-sdk.aar Android 10(API 29)以上 armeabi-v7a, arm64-v8a, x86, x86_64

App Safer Android SDKの適用ガイド

  1. プロジェクトの下にlibsディレクトリを作成します。

  2. build.gradleファイルにrepositoriesを追加します。

    repositories {
     flatDir {
         dirs 'libs'
     }
    }
    
  3. build.gradleファイルのdependenciesにaarを追加します。

    • タイプ1. 特定のバージョンを追加
dependencies {
    implementation name:'appsafer-${vesion}-sdk', ext:'aar'
}
  • タイプ2. バージョンを問わず追加
dependencies {
    implementation fileTree(dir: 'libs', include: 'appsafer-*-sdk.aar')
}

App Safer AndroidのAPIリスト

クラス名 名前 説明
com.nbp.appsafer.AppSafer int start(Context context) App Safer Androidの実行
com.nbp.appsafer.AppSafer void setUserId(String userId) ユーザー識別子の設定
com.nbp.appsafer.AppSafer String getUserId() 設定されたユーザー識別子の照会
com.nbp.appsafer.AppSafer void setFlag(int flag) App Safer Androidの動作制御

権限とApp Safer Keyの設定

App Safer Androidを適用するには、AndroidManifest.xmlにmeta-dataタグを利用してApp Safer Keyを追加し、次の権限を適用する必要があります。 meta-data内のandroid:nameプロパティ値は、必ずcom.ncp.appsafer.keyにする必要があります。

  • 必須権限
    • android.permission.INTERNET
    • android.permission.WRITE_EXTERNAL_STORAGE
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<manifest>
    <uses-permission android:name="android.permission.INTERNET"/>
    <uses-permission android:name="android.permission.WRITE_EXTERNAL_STORAGE"/>
    ...
    <application>
        <meta-data android:name="com.ncp.appsafer.key" android:value="APPSAFER_KEY" />
    ...
    </application>
</manifest>

App Safer Android APIの説明

int start(Context context)

App Safer Androidを開始します。

パラメータ
パラメータ 説明
context App Safer Androidで使用するためのContext
戻り値
戻り値 説明
0 実行成功
1 実行失敗
@OnClick(R.id.buttonStart)
void clickStartButton() {
    if (AppSafer.INSTANCE.start(getApplicationContext()) == 0) {
        // success logic
    }
}


void setUserId(String userId)

初期化及び検知イベントの発生時に、App Saferサーバに伝送されるログにユーザーIDを含む場合に呼び出します。

パラメータ
パラメータ 説明
userId ユーザー識別子
void changeUserId(String userId) {
    AppSafer.INSTANCE.setUserId(userId);
}


String getUserId()

設定したユーザー識別子を取得します。

戻り値
戻り値 説明
String 設定したユーザー識別子
String userId = AppSafer.INSTANCE.getUserId();


void setFlag(int flag)

特定のApp Safer Android SDKを使用する際に動作を制御します。

パラメータ
パラメータ 説明
APPSAFER_FLAG_CHECK_ROOTING(1) Rooting検知
APPSAFER_FLAG_CHECK_EMULATOR(2) Emulator検知
APPSAFER_FLAG_CHECK_DEBUGGING(4) Debugging検知
APPSAFER_FLAG_CHECK_MEMORY_TAMPERED(8) Memory Tampered検知
APPSAFER_FLAG_CHECK_SPEEDHACK(16) Speedhack検知
APPSAFER_FLAG_CHECK_APP_INTEGRITY_TAMPERED(32) App Integrity Tampered検知
// Check Rooting, Emulator and Speedhack
AppSafer.INSTANCE.setFlag(
  AppSafer.APPSAFER_FLAG_CHECK_ROOTING | 
  AppSafer.APPSAFER_FLAG_CHECK_EMULATOR | 
  AppSafer.APPSAFER_FLAG_CHECK_SPEEDHACK);

// Check Rooting, Debugging and Memory Tampered
AppSafer.INSTANCE.setFlag(
  AppSafer.APPSAFER_FLAG_CHECK_ROOTING | 
  AppSafer.APPSAFER_FLAG_CHECK_DEBUGGING | 
  AppSafer.APPSAFER_FLAG_CHECK_MEMORY_TAMPERED);

参考事項

本商品は、グローバルリージョンサービスとしても提供されています。

関連情報に移動する

下記のガイドから関連情報を確認できます。

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...