Security Monitoring Basicサービスのご紹介

NAVERクラウドプラットフォームのSecurity Monitoring Basicサービスの概念と基本構造について説明します。

Security Monitoringの使用

Security MonitoringにはSecurity Monitoring BasicとSecurity Monitoring Managedがあります。

Security Monitoring BasicはNAVERクラウドプラットフォームを利用中のすべての顧客に基本提供されるセキュリティサービスであり、Security Monitoring Managedはセキュリティ専門家がNAVERクラウドプラットフォームの顧客のサービスを24時間365日保護するセキュリティ管制サービスです。

Security Monitoringサービスの詳しい利用方法については次の内容をご参考ください。

Security Monitoring Basicサービスとは?

NAVERクラウドプラットフォームを使用するすべての顧客に基本提供される無料セキュリティサービスです。IDS(Intrusion Detection System、侵入検知システム)をベースにリアルタイムで攻撃を検知し、顧客のサービスを安全に保護します。

WindowsサーバはAnti-Virusサービスを提供し(Classic環境で利用可能です)、顧客のサーバが悪意のあるコードに感染するのをリアルタイムで検知/遮断します。

提供するサービス

IDS(Intrusion Detection System)

顧客のサービスに入り込まれる攻撃を検知するセキュリティソリューションです。24時間365日モニタリングし、顧客のサービスが安全に運用されるようにサポートします。

Anti-Virus

Classic環境で利用可能です(Windowsサーバ)。

悪意のあるコードを検知/防御するセキュリティソリューションです。顧客が運用しているサーバで悪意のあるコードをリアルタイムで検知して隔離/削除し、顧客のサービスが安定的に運用されるようにサポートするサービスです。

Security Monitoring Basicの使用

コンソールにアクセス

  1. ポータルにアクセスした後、ログインします。
  2. ポータル画面の右上のConsoleボタンをクリックします。

商品利用の申込み

  1. Products&Service > Security > Security Monitoringにアクセスします。
    • 商品名の前の星印をクリックすると、左側のメニューのお気に入りに登録されます。
  2. Subscription > 商品利用のお申込みボタンをクリックして商品利用の申込みを完了します。
  3. サービスの利用規約を読んでから、同意するという内容のチェックボックスをクリックします。
  4. 確認ボタンをクリックします。

IDS (侵入検知サービス)の利用

  1. Security Monitoring > Dashboard > IDSをクリックします。
  2. 対象の期間を選択して照会ボタンをクリックします。
  3. 提供されるサービスは次の通りです。
    • 基本IDS検知Ruleの適用
    • セキュリティ攻撃の試みおよび侵害に対する監視/分析/対応
    • 最新の攻撃の脅威に対する検知Ruleの作成
    • セキュリティ事故のように見られるイベントが発生した際、分析レポートを送信

Anti-Virus (サーバワクチンサービス)の利用

Classic環境で利用可能です。

  1. Security Monitoring > Dashboard > Anti-Virusをクリックします。
  2. 対象の期間を選択して照会ボタンをクリックします。
  3. 提供されるサービスは次の通りです。
    • Windows OSに限って基本のサーバワクチンを提供
    • スケジューリングによる悪性コードの監視.
    • ウイルス/スパイウェアの隔離および削除
    • 悪意のあるコードのように見られるイベントが発生した際、検知レポートおよび分析情報を送信
    • 最新の検知パターンの自動アップデート

ご参考

Security Monitoring Basic商品はすべてのグローバルリージョンで提供されます。

関連情報のご確認

次のガイドで関連情報を確認できます。

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...