2019年1月10日からNcloudのOPEN API説明書がリニューアルされました。
リニューアルされた説明書は以下のリンクをご参照ください。

SMS API v2 API 参照書へショートカット >>
SMS API v1 API 参照書へショートカット >>
Simple & Easy Notification Service SMS 説明書へショートカット >>

ショートカット

SMS

発信番号を登録/照会する

SMSを発送するためにはまず発信番号を登録する必要があります。

電気通信事業法により2015年10月16日から 発信番号の事前登録制が施行されています。発信番号の事前登録制は電気通信事業法第84条に依拠して偽りの電話番号によるユーザーの被害を予防するために利用顧客が事前に登録された発信番号でのみSMSメッセージを発送できるようにする制度です。

発信番号は必ず企業または本人が所有した番号で登録しなければならず、KISAが発信番号の捏造の疑いで疎明資料を要求した場合は3日以内に提出しなければなりません。

また、発信番号は会員ID当たり最大10個まで登録でき、超過して登録が必要な場合はお客様サポートへご連絡ください。

発信番号を登録する

コンソールへアクセスして SMS > Calling Number メニューへ移動します。

(1) 書類の認証

ページ真ん中の 発信番号を登録 のタブから発信番号の事前登録制施行に関するご案内を受けられ、 書類の認証リクエスト (1:1 お問い合わせ) ボタンをクリックすると認証をリクエストできます。

リクエスト様式の作成例

以下の例を参考に書類認証リクエストを作成してください。

① 登録リクエストに対する回答を受信できるメールアドレスです。
② 登録リクエストに対する回答を受信できる携帯電話番号です(登録しようとする発信番号を入力するスペースではありません)。
③ お問い合わせのタイプを Application Service > Simple & Easy Notification Serviceに選択してください。
④ 'SMS 発信番号の事前登録リクエスト'と記入します。
⑤ リクエスト内容を入力します。

  • 会員ID: ログインする際に使用する会員IDです。
  • 登録しようとする SMS サービスIDまたはプロジェクト名: 発信番号を登録しようとするサービス/プロジェクトを記載します。コンソールのProjectメニューから確認できます。
  • 発信番号: 登録しようとする発信番号です。
  • SMS の使用目的: SMSメッセージを転送しようとする目的を簡単に記入してください。
  • 予想使用量: 1日平均予想使用量をおおまかに記入してください。

⑥ 通信サービス利用証明願のファイルを添付します。

認証リクエストはNAVERクラウドプラットフォーム管理者が確認してから承認するため、営業日基準で約1~2日間所要されます。登録完了した発信番号はSMS発送の際にすぐ使用できます。

(2) 携帯電話での本人認証

ページ真ん中の 発信番号を登録 のタブから発信番号の事前登録制施行に関するご案内を受けられ、携帯電話での本人認証 (SMS) ボタンをクリックすると認証をリクエストできます。

会員名義になっている携帯電話でのみ認証できます。

発信番号を照会する

SMS > Calling Number メニューから 発信番号を照会 タブへ移動します。

① 登録された発信番号です。
② 発信番号の認証方法です。

  • SMS: 携帯電話での本人認証を通じた認証
  • DOCUMENT: 1:1 お問い合わせを通じた書類認証

③ 登録リクエストの処理状態です。

状態 説明
READY 処理待機中
IN-PROGRESS 処理進行中
REJECTED 承認拒否
APPROVED 承認完了

メッセージを発送する(コンソール)

プロジェクトの生成とSMSサービス使用の選択を完了したらメッセージを発送できます。(プロジェクトを生成する を参照).

Message メニューへ移動する

コンソールにアクセスして SMS > Message メニューへ移動します。

プロジェクトの選択及びメッセージ発送画面をポップアップする

登録されたプロジェクトリストの中からメッセージを発送するプロジェクトを選択します。

① 検索ウィンドウを利用していつでもプロジェクトを転換できます。
② プロジェクト選択後 発送する ボタンをクリックします。

SMS メッセージを発送する

① SMSを選択します。
② '一般用', '広告用'で発送内容を区別できます。'広告用'で発送の際は情報通信網法(第50条)が適用されるため、発送条件を必ず満たさなければなりません。

  • 080 受信拒否サービスが登録されていない状態では'広告用' メッセージを発送できません。
  • '広告用' メッセージ発送の際、受信拒否処理された番号については自動で発送失敗になります。

③ 国番号を選択します。
④ 発信番号は事前に登録された番号のみ使用できます。ドロップダウンリストボックスから選択できます。

  • 登録された発信番号がなければ案内メッセージ及びボタンが表示されます。

⑤ 受信番号を入力後 単件追加 ボタンをクリックすると追加できます。
⑥ メッセージ内容を入力します。最大80バイトのメッセージを送信できます。
⑦ 今すぐ発送, 予約発送、スケジュール発送の中から1つを選択して送信できます。
⑧ 改項単位で大量入力できるtextareaウィンドウがポップアップされます。
⑨ CSV ファイルで大量入力できるウィンドウがポップアップされます。

LMS メッセージを発送する

① LMSを選択します。
② ’一般用', '広告用'で発送内容を区別できます。'広告用'で発送の際は情報通信網法(第50条)が適用されるため、発送条件を必ず満たさなければなりません。

  • 080 受信拒否サービスが登録されていない状態では'広告用' メッセージを発送できません。
  • '広告用' メッセージ発送の際、受信拒否処理された番号については自動で発送失敗になります。

③ 国番号を選択します。
④ 発信番号は事前に登録された番号のみ使用できます。ドロップダウンリストボックスから選択できます。

  • 登録された発信番号がなければ案内メッセージ及びボタンが表示されます。

⑤ 受信番号を入力後 単件追加 ボタンをクリックすると追加できます。
⑥ LMSはメッセージタイトルを入力できます。最大40バイトのタイトルを送信できます。
⑦ メッセージの内容を入力します。最大 2000バイトのメッセージを送信できます。
⑧ 今すぐ発送, 予約発送、スケジュール発送の中から1つを選択して送信できます。

MMS メッセージを発送する

① MMSを選択します。

② ’一般用', '広告用'で発送内容を区別できます。'広告用'で発送の際は情報通信網法(第50条)が適用されるため、発送条件を必ず満たさなければなりません。

  • 080 受信拒否サービスが登録されていない状態では'広告用' メッセージを発送できません。
  • '広告用' メッセージ発送の際、受信拒否処理された番号については自動で発送失敗になります。

③ 国番号を選択します。

④ 発信番号は事前に登録された番号のみ使用できます。ドロップダウンリストボックスから選択できます。

  • 登録された発信番号がなければ案内メッセージ及びボタンが表示されます。

⑤ 受信番号を入力後 単件追加 ボタンをクリックすると追加できます。

⑥ ファイルを選択します。最大300キロバイトのファイルを3枚まで添付できます。

  • MMSを選択後ファイルを転送しないとLMSで発送されます。
  • ファイル名は 40字に制限されます。
  • 解像度は1500*1500に制限されます。

⑦ MMSはメッセージタイトルを入力できます。最大40バイトのタイトルを送信できます。
⑧ メッセージ内容を入力します。最大2000バイトのメッセージを送信できます。

⑨ 今すぐ発送, 予約発送、スケジュール発送の中から1つを選択して送信できます。

メッセージを大量発送する

改項単位で受信番号を入力するとリストに追加されます。

テンプレートCSVをダウンロードした後、形式に合わせて作成後importするとリストに追加されます。

メッセージを発送する(Open API)

API 説明書で詳細な情報を確認できます。 OPEN API 使用ガイドへショートカット

メッセージ発送の結果を照会する(コンソール)

メッセージ発送の結果を数秒以内にリアルタイムで照会できます。結果を照会しようとするメッセージ履歴の右端ボタンをクリックして More ボタンをクリックします。

① メッセージ発送に関する結果データが JSON形式で出力されます。

項目名 説明
status メッセージングサーバへの発送リクエスト状態
messages > requestTime メッセージ発送リクエスト時間(yyyy-MM-dd HH:mm:ss)
messages > from 発信番号
messages > to 受信番号
messages > contentType メッセージの区別
(COMM: 一般用, AD: 広告用)
messages > contents メッセージ内容
messages > status メッセージサーバでの発送処理状態
(READY: 待機中, PROCESSING: 処理中, COMPLETED: 処理完了)
messages > telcoCode 通信会社
messages > countryCode 国コード
messages > statusName 端末受信状態の結果名
messages > statusMessage 端末受信状態の結果メッセージ
messages > statusCode 端末受信状態の結果コード
messages > files > name 添付したファイル名

メッセージ発送の結果を照会する(Open API)

API 説明書で詳細な情報を確認できます。 OPEN API 使用ガイドへショートカット

メッセージ発送の履歴を照会する

メッセージ発送の履歴を照会できます。最大30日まで保管できます。

① リクエスト時間で検索できます。
② メッセージ Type, 状態, 発信番号, 受信番号で検索できます。
③ メッセージングサーバへのリクエスト状態を意味します。実際の端末への受信結果はメッセージ発送結果の照会を通じて確認できます。
④ メッセージリクエストIDです。
⑤ クリックするとメッセージ発送の結果を照会できるウィンドウがポップアップされます。

予約メッセージの結果を照会/キャンセルする

Reservation メニューへ移動する

コンソールにアクセスして SMS > Reservation メニューから予約内訳 タブへ移動します。

予約内訳を照会する

① 予約時間で検索できます。
② 状態で検索できます。
③ 予約時間帯に該当する予約時間です。
④ 予約状態を意味します。READY, PROCESSING, CANCELED, FAIL, DONE, STALE, SKIPで区別します。
⑤ メッセージ予約IDです。
⑥ 詳細をみるをクリックするとメッセージ発送内容を照会できるウィンドウがポップアップされます。
⑦ 結果をみるをクリックするとメッセージ発送結果を照会できるウィンドウがポップアップされます。

予約をキャンセルする

① キャンセルしたい予約をクリックします。
② 上段の 予約をキャンセル ボタンをクリックします。 (予約をキャンセルする場合 Ready状態の予約のみキャンセルできます。)
③ キャンセルしようとする予約の内訳が間違っていないか確認後キャンセルします。

スケジュールを生成/修正/削除する

Reservation メニューへ移動する

コンソールにアクセスして SMS > Reservation メニューから スケジュール タブへ移動します。

プロジェクトを選択及びメッセージ発送画面をポップアップする

登録されたプロジェクトリストの中からスケジュールを生成するプロジェクトを選択します。

① 検索ウィンドウを利用していつでもプロジェクトを転換できます。
② プロジェクトを選択して 生成する ボタンをクリックします。

スケジュールを生成する

① スケジュール発送に使用するスケジュールコードを入力します。
② 繰り返す曜日を選択します。毎日をクリックすると全ての曜日が選択されます。
③ メッセージを発送する時間を入力します。 [HH:mm] の形で入力でき、選択されたTimeZoneに合わせて発送されます。
④ スケジュールが作動する期間を選択します。最大6か月後まで選択できます。
⑤ スケジュールに関する説明を自由に入力します。

スケジュールを修正/削除する

① 修正または削除するスケジュールを選択します。
[修正] ボタンをクリックして必要な情報に修正後アップデートします。
[削除] ボタンをクリックしてスケジュールコードを入力後削除します。

スケジュールメッセージを照会する

スケジュールをクリックするとスケジュールの下からスケジュールメッセージを確認できます。
② スケジュールに MappingされたメッセージIDです。
詳細をみるをクリックするとメッセージに関する情報を照会できます。
結果をみるをクリックするとメッセージに関する発送履歴を照会できます

国際SMSの発送国別発信番号ポリシーに関するご案内

国番号 国家名 発信番号ポリシー 備考
1 アメリカ/カナダ ランダム番号に変更
65 シンガポール 入力したとおり転送
81 日本 Simple & Easy Notification Service SMS 固定
852 香港 ランダム番号に変更
86 中国 ランダム番号に変更 メッセージ内容に 【Verify】 署名が自動で挿入
886 台湾 ランダム番号に変更 発信番号を固定する必要がある際はお客様サポートにお問い合わせ(追加料金が発生)

広告性SMSメッセージ転送の際の表記義務に関するご案内

違法スパム防止のための情報通信網法(第50条)の強化により広告性SMSメッセージの転送の際、受信者が受信拒否や受信同意の撤回を無料でできるように無料受信拒否方法を必ず記載する必要があります。
これを破った場合、情報通信網利用促進及び情報保護などに関する法律に依拠して3,000万ウォン以下の罰金が課されます。(韓国インターネット振興院へショートカット)

広告性情報の転送者は受信者が受信拒否または受信同意を撤回する場合、費用が発生しないように措置する必要があります。
広告性情報の内容に、受信拒否及び受信同意の撤回をする際に受信者が費用を負担しないという内容を盛り込んで明記しなければなりません。
従って"無料受信拒否 080-1234-5678"のように無料であることを案内する内容と受信拒否または受信同意撤回用の無料電話番号などを当該情報に記載する必要があります。

080 受信拒否サービスのお申込み

コンソールへアクセスして SMS > 080 Block Call Service メニューへ移動します。

ページ下段の 080 受信拒否番号のお申込み ボタンをクリックします。

サービスお申込みのためには 会社名 情報が必要で、当該内容は受信拒否ARSでご案内されるメッセージとして使われます。
会社名は20字を超えることはできません。
080 受信拒否サービスの利用料金はお申込み後完了処理された時点から発生します。

080 受信拒否サービスのお申込みをキャンセルする

サービスを申し込んで完了するまではPRCESSING状態に区別されます。
PROCESSING状態ではサービスの申し込みをキャンセルできます。
お申込みが完了される前のキャンセルについてはペナルティがなく、請求も発生しません。

受信拒否番号を照会/登録/削除する

サービスのお申込みが完了したら080番号が発行され、COMPLETE 状態に変更されます。 (利用料金発生の開始)
また、受信拒否番号を照会できるテーブルが表示され、080Callを通じて受信拒否登録された番号を検索/照会できます。
登録されている受信拒否番号は "広告用"メッセージ転送の際に自動でフィルタリングされます。

080 Call 以外でもウェブコンソールを通じて受動で受信拒否番号を追加/削除できます。
受信拒否番号は数字のみ入力できます。

080 受信拒否サービスを解除する

サービスはウェブコンソールを通じて簡単に解除できます。
解除の際は STOPPED状態に変更され、課金は即時終了されます。
STOPPED 状態から完全に削除されるまでは営業日基準で2~3日間所要され、この状態からは解除をキャンセルすることはできません。
解除すると以前登録された受信拒否番号は全て削除され、080サービスを再度申し込んでも維持されません。

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...