Archive Storage API リファレンスのショートカット >>
Archive Storage マニュアルのショートカット >>

ご使用にあたって

Q. Archive Storageは、どんな目的のために使いますか?

NAVERクラウドプラットフォームArchive Storageは、頻繁に使用していないが、長期間の保存が必要なデータのために安価なストレージスペースを提供するサービスです。
次のような用途に使用することができます。

  • 医療情報、製造情報管理、金融取引の詳細など、コンプライアンス遵守のために、長期間のデータ保存が必要な場合や、テープタイプの分散バックアップの管理に対する負担が上昇する場合など、今後の分析のために膨大な量のデータを保存しなければならない時に使用することをお勧めします。
  • また、Object Storageと連携して、使用頻度の多いデータは、Object Storageに保存し、頻度が少なくて長期保存しなければならないデータは、Archive Storageに保存れば、TCOを節約することができます。

Q. Archive Storageを使用するには、どうすればよいですか?

Archive Storageは、NAVERクラウドプラットフォームのコンソールで申込んで使用することができます。

以下に案内された手順に従って、コンソールでArchive Storageを利用してみてください。

1. コンソールに接続してArchive Storageサービスを選択します。

2. Archive Storageの利用申込みをクリックして、サービスを申込みます。

3. コンソールに接続して、コンテナ(バケット)を作成します。

4. コンテナ(バケット)に必要なファイルをアップロード、ダウンロードして利用します。
APIでArchive Storageを利用するためには、ポータル>マイページ>認証キー管理からAPI認証キーを作成しなければなりません。
該当ページではAPI認証キー作成後、Archive Storage APIガイドを参考にしてAPIでArchive Storageを利用してみてください。

Q. Archive Storage使用するときにかかる料金を教えてください。

  • Archive Storageは有料サービスで、使った分だけ課金されます。
  • Archive Storage料金 = データの保存量料金+ APIリクエスト数による料金 + ネットワーク転送料金
    • データ保存量の料金: お客様のファイルが実際にArchive Storageに保存されたデータ量と保存時間に応じた料金
    • APIリクエスト数による料金 : Archive Storageを使用するためのリストの照会、アップロード、ダウンロードなどのAPIリクエストによる料金
    • ネットワーク転送料金: ファイルのダウンロードによる料金

Archive Storageを利用する

Step 1. 認証キーの準備

APIを通じてArchive Storageを利用しようとする場合は、API認証キーを準備する必要があります。

  • API認証キーは、 ポータル > マイページ >アカウント管理 > 認証キー管理 のメニューから作成できます。

1. API認証キーを作成するために新規のAPI認証キー作成をクリックしてください。

  • API認証キーは、アカウントごとに2つまで作成することができます。

Step 2. 利用の申込み

コンソールからArchive Storageを選択します。

1. 利用の申込みをクリックします。

2. 案内事項を確認して「確認」をクリックすると、サービス利用の申込みが完了します。

Step 3. バケットの生成

1. コンテナ(バケット)作成をクリックします。

2. 使用するバケット名を入力した後、保存を押すとすぐにバケットが作成されます。

  • 作成されたバケット名は変更できません。バケット名は、オブジェクトのドメインに活用されるため、慎重に選択してください。
  • バケット名はNAVERクラウドプラットフォームのリージョン内で唯一でなければなりません。

Step 4. ファイルのアップロードとダウンロード

ファイルをアップロードするバケットを指定して、該当バケットにファイルをアップロードします。

1. ファイルをアップロードするバケット名をクリックします。

2. ファイルをアップロードをクリックしてファイルをアップロードします。

  • コンソールを利用したアップロードの場合、最大ファイルのサイズは2GBであり、APIを使用すると、5TBまでサポートします。

3. ファイルを単独選択すると、ファイルの詳細情報を確認することができます。

  • ファイルを選択すると、ダウンロードボタンが有効になります。

付録. Archive Storage 関連のSub AccountポリシーのQ&A

Q. Sub Accountは何ですか?

NAVERクラウドプラットフォームで提供される無料の権限管理プラットフォームで、当アカウントのサブアカウントを作成することができる機能です。詳細については、Sub Account のユーザーガイドをご参考にしてください。

Q. Sub Accountで管理できる Archive Storage の作業権限はどのように区分されますか?

Archive StorageにアクセスすることができるすべてのSub Accountは、該当アカウントと同じレベルの権限が付与され、Archive Storageにアクセス可能なSub Account ルール(Role)とAccessのタイプ別に利用可能な領域は、以下のように区分されます。

ルール(Role) Accessタイプ
Console Access API Gateway Access Console Access + API Gateway Access
インフラマネージャー
(NCP_INFRA_MANAGER)
コンソールで Archive Storageの利用不可
(当アカウントと権限は同じ/APIの利用不可)
APIを通じて Archive Storageの利用不可
(当アカウントと権限は同じ/Consoleの利用不可)
Console 及びAPIを通じてArchive Storage
利用可能(当アカウントと権限は同じ)
Archive Storageマネージャー
(NCP_ARCHIVE_STORAGE_MANAGER)
コンソールで Archive Storageの利用不可
(当アカウントと権限は同じ/APIの利用不可)
APIを通じて Archive Storageの利用不可
(当アカウントと権限は同じ/Consoleの利用不可)
Console及びAPIを通じてArchive Storage
利用可能(当アカウントと権限は同じ)

上記の表に記載されたルール(Role)が付与されていないSub AccountはArchive Storageにアクセスすることはできません。

関連情報のショートカット

下のガイドで関連情報を確認することができます。

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...