NAVERクラウドプラットフォームArchive Storageは、ストレージ管理及び使用に必要なOpenStack Swift APIを提供します。

バージョン: 2.15.1 (Pike)

呼出しドメイン(Endpoint)

HTTP/HTTPSプロトコルを全てサポートするが、データの保護のためにHTTPSの使用を推奨します。

リージョンごとのURL

リージョン 認証URL サービスURL
韓国 https://kr.archive.ncloudstorage.com:5000 https://kr.archive.ncloudstorage.com

認証

NAVERクラウドプラットフォームArchive Storageは、認証情報を通じて、トークンを生成し、発行されたトークンでサービスを利用することができます。
トークンの生成に必要なユーザ情報は、ポータルマイページ>アカウント管理>認証キーの管理で生成されたAPI認証キーを使用して、(Access Key IDはuser name、Secret Keyはuser password)
ユーザが属するproject IDとdomain ID情報は、Archive Storageコンソールで利用申請した後、[APIの利用情報の確認]ボタンを通じて確認することができます。

以下はOpenStack Swift APIを使用して、NAVERクラウドプラットフォームArchive Storageにアクセスする際に使用できるすべてのオペレーションを説明します。 例を含み、オペレーションの使い方に関する追加情報を確認するには、バケットオペレーション、オブジェクトオペレーションのページを参照してください。

アカウントのオペレーション

アカウントに属するコンテナ(バケット)リストの照会、メタデータの照会、メタデータの設定を照会するオペレーションを説明します。 アカウントは、固有のproject IDを使用して、Archive Storageコンソールで利用申請した後、[APIの利用情報の確認]ボタンを通じて確認することができます。

オペレーション 説明
GET アカウントに属するコンテナ(バケット)リストを照会します。
HEAD アカウントのメタデータを照会します。
POST アカウントにメタデータを設定及び変更します。

コンテナ(バケット)のオペレーション

コンテナ(バケット)を生成、削除、照会、制御するオペレーションを説明します。

オペレーション 説明
PUT コンテナ(バケット)を生成します。
GET コンテナ(バケット)に属するオブジェクトリストを照会します。
HEAD コンテナ(バケット)のメタデータを照会します。
POST コンテナ(バケット)にメタデータを設定及び変更します。
DELETE 空のコンテナ(バケット)を削除します。

オブジェクト オペレーション

オブジェクトを生成、削除、照会、制御するオペレーションを説明します。

オペレーション 説明
PUT オブジェクトをアップロードします。同じ名前のオブジェクトがある場合、上書きをします。
COPY 他の位置にあるオブジェクトをコピーします。
GET オブジェクトをダウンロードします。
HEAD オブジェクトのメタデータを照会します。
POST オブジェクトにメタデータを設定及び変更します。
DELETE オブジェクトを削除します。

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...